染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

自分の想像力でも扱いにくいことがある

願いをかなえたければ、願いがかなった場面をありありと思い描く。

そうすれば自律神経系が働いて、願いが実現するのだそうです。

 

こう書けば簡単ですが、実際に行うとなるとそう簡単にはいきません。

リアルに思い描こうにも材料が不足していることもあるし、雑念が浮かんで集中できないこともあります。

しかも、自分の想像力なのに扱いにくかったりもします。

 

汽車に我が子を乗せる所を見た

 

作家・劇作家の本谷有希子さんは、家の近所の公園の中を走る、小さな蒸気機関車を始めて見た時、我が子を汽車に乗せて手を振る自分の姿がありありと浮かんだそうです。

 

その当時20代で、つきあっていた人とは結婚しないだろうと思っていた、つまり結婚も出産も予定はまったくなかったにもかかわらず。

 

そして実際にその後、娘を連れてその公園に行って汽車に乗せたのだそうです。

すごいですねえ。

 

でもおもしろいのが、「ああ願いがなかってよかった」ではなく、「自分の執念に敗北したと思わずにはいられなかった」と書いていることです。

 

毎度必ず、これを手に入れるのだという確信に近い欲望が腹底に芽生え、そうなれば実現させるだろう、という自分への諦めのような気持が、対になって生まれるのである。

 

自分の執念のすさまじさを誰よりも理解しているのだそうで、引っ張られてついて行っているような感じがあるのでしょうか。

 

想像力を使って願いをかなえることは、簡単で楽しいことばかりではないのかもしれません。

思いがかなう裏には、執念とか集中とか執着とか、もっと粘りのあるものが関係していて、うっかり目指すべきものを間違えるととんでもない結果になってしまうことも考えられます。

 

そう言えば

 

わが身を振り返ると、まるで現実であるかのように場面が想像できたことが一度だけありました。

かなりしょぼい話なのですが、子どもが幼稚園に行っていたときの役員決めの話です。

 

その年、候補者がすごく少ないクラスで、どう考えても自分が当たる可能性大でした。

やりたくないけど、逃げる方法もないし。

 

夜な夜なそのことを考えているうち、前日の夜、役員決めのその場で手を上げている自分の姿が見えたのです。

実際のことではないかと思うほどにリアルな映像でした。

何か頭の中かどこかのスイッチが入ったように感じました。

 

で、結果はというと、想像した通り、手を上げ(立候補)ました。

いえ、あれは単に逃げられないから諦めて立候補しただけ(と思う)。

別にリアルな想像をしたためそうなったわけではありません(と思う)。

役員になりたいという気持ちは全くと言っていいほどありませんでしたし。

 

が、それ以来、リアルに想像することに多少の不安を感じるようにもなったのは事実です。

自分の想像力だからといって、いつもいいことを想像できるとは限りませんし、暴走する可能性もないとは言えないですしね。

 

想像力を使うときは、何を想像するのかについて意識的であったほうがいいようです。

 

 

 

 

ただ歩くだけではだめ 歩く「質」が大事

スポーツもせず、家にこもりがちの私が唯一している運動はウォーキングです。

とは言え、真夏は暑さのためにサボっていましたから、秋になってようやく再開しはじめたばかりです。

週に3日くらいですが、これでも頑張っているほうだと思い込んでいました。

ところが「あらゆる病気は歩くだけで治る!」(青柳幸利 SB新書)を読むと、ただ歩くだけではだめだということが分かったのです。

 

ただ歩けばいいわけではない

 

本に77歳の老舗旅館の女将さんの例が載っています。

女将さんは仕事柄、毎日1万歩を超える生活をしてきました。

それなのに骨粗しょう症になってしまったというのです。

理由はふたつ。

・着物を着て小股ですり足で歩く歩き方では、骨への刺激が弱かったため。

・旅館内で過ごす時間が多かったので、日光を浴びることが少なかったため(骨は日光を適度に浴びることでより丈夫になる)。

ただ歩くだけでは健康になれないということになります。

 

また、よく言われる「1日1万歩」も根拠のない数字だそうです。

歩けば歩くほど健康になると思い込んで歩きすぎると、免疫力が低下して病気にもなりかねません。

 

中之条研究

 

作者は群馬県中之条町に住む65歳以上の住民5000人をモニターに、1日24時間365日の生活データを17年にわたって収集・分析してきました。

その研究の結果、健康を保つには「1日の歩数」と「中強度の活動量」を組み合わせて考えることが必要であることが分かりました。

 

必要な歩数

 

1日の歩数は8000歩。

そしてその中に中強度と呼ばれる運動強度(速歩き)を20分取り入れる。

この生活をしている人は、高血圧症や糖尿病、脂質異常症の発症率が下がります。

 

7000歩・速歩き15分

この生活をしている人は、がん、動脈硬化骨粗しょう症、骨折の発症率が下がります。

 

5000歩・速歩き7.5分の人は要支援・要介護、認知症、心疾患、脳卒中の発症率が下がります。

 

4000歩・速歩き5分の人はうつ病を予防できます。

 

2000歩・速歩き0分の人は、寝たきりを予防できます。

 

65歳以上の人を対象にした研究結果ですが、50代の私でも参考になります。

 

24時間を通して見る

 

大事なのは、ウォーキングや運動をしている時間だけではなく、24時間を通してみなくてはいけないということです。

1時間、がんばって歩いたりジムで汗を流したりしても、残りの23時間をだらだら過ごしていたのではよくないのです。

 

何かにつけて「ウォーキングしているから」と言い訳にしている私には耳が痛いです。

 

歩数は週のトータルで

 

毎日コンスタントに8000歩歩くのはなかなか難しいので、週の平均で1日8000歩を超えればいいそうです。

まずは歩数を増やすことを目標にし、8000歩をクリアできれば中強度を意識します。

 

私の生活は、買い物で4000歩あまり、45分のウォーキングで5700歩程度。

家の中ではそれほど動きませんので、まったく足りていません。

まずは8000歩を目指すことにします。

 

 

美容院はたまにはかえた方がいい?

美容院はずっと同じところに通っていますか?

それとも時々かえるほうですか?

 

私は7年通っていた美容院に通うのを止め、別の店に行くようになりました。

毛染めを止めるにあたっていい顔をされなかったことが引っかかって、通い続ける気がしなくなったことが一番大きな理由です。

 

最近、母に会って話したとき、やはり時々美容院はかえた方がいいんじゃないかと思いました。

 

母がムカついた理由

 

母はもう同じ美容院に30年?ほど通っています。

そして担当の美容師さんもずっと同じ人です。

60歳代の女性ですので、80代の母より年下です。

母はもう、この店で(というより担当者に)髪を切ってもらうのが嫌になってきたらしいのです。

 

母は1年近く前に染めることを止めました。

薄毛の悩みもあるし、髪もところどころまだ黒くて(娘の私よりも黒い髪が多いのですよ)、それがマダラに見えるから嫌なのだそうです。

でもそれを訴えてどうしたらいいかと聞くと、

「毛染めを止めることは自分で決めたのだから仕方ない。それが嫌なら染めるのを止めなければいい」

と結構強い口調で言われたそうです。

 

で、ムカついたのですね。

こっちが客なのに、お金払っているのに、年下のくせに、なにその言い方、というわけです。

 

別の店に行けば?というと、年取ってから美容院をかえるのはしんどいと言うのです。

どの店がいいのかわからないし、あまりにもおしゃれな店構えだと気遅れするし、新しい美容師さんと気ごころ合うかわからないし、と愚痴。

 

まあそうですよね。私も店をかえるときはしばらくかかりました。

できればいつもの店で、知っている人にお願いすれば緊張もせず、いらない心配もしないで済みます。

 

でもそれが、馴れ合いにつながるのかもしれません。

店と客ではなく、友達同士のような関係を望む人ならいいかもしれませんが、私は母と同じで美容師さんの言葉使いや態度は見過ごせないタイプです。

「お金を払っているのは自分」という意識が抜けないのでしょうね。

 

私は美容師さんの友人がいませんので、美容師側の正直な気持ちがわかりません。

自分で勝手に染めるのを止めておいて、マダラに見えると文句言われたって知るかいな、というところなのかも。

でも、客が払う料金には髪についてのアドバイスなんかも含まれるのでは、と思うのですが、厚かましい考えなんでしょうか。

 

母は今度から、その担当者の女性が休みの日に同じ美容院に行くようです。

別の人に切ってもらうつもりのよう。

ささやかな抵抗ですね。

 

 

私の好きなジブリアニメ ベスト5

子どもが小さなころからジブリアニメに親しんできました。

今でも時折見ます。

私の独断と偏見で決めたランキングがこちらです。

 

1位 千と千尋の神隠し

 

ジブリ作品のヒロインはしっかり者の美少女が多いのですが、千尋は最初はろくに挨拶もできないような頼りない少女です。

湯婆婆に怒られ、リンにも注意されます。

でも、一生懸命やるべきことをして、クサレ神同然だった川の神さまをきれいにしたり、銭婆のもとに謝りに行ったり、ハクの元の名前を思い出したりと活躍します。

 見終わった後、長い夢から覚めたような気持になって、余韻で頭がいっぱいになる作品です。

 

ところで、現実の世界で千尋はハクと再会できたのでしょうか。

できたとしたら、ハクはその時、どんな姿だったのでしょうね。

 

2位 紅の豚

 

これはもう、ポルコの恰好よさにつきます。

豚なんですよ、豚の戦闘機乗りなのに恰好いいのです。

サングラスにボルサリーノ、トレンチコート着たりして。

男の格好よさに顔や体型は関係ないということがよくわかりますね。

ジブリには恰好いい大人の男が主人公なのはあまりないので、その点で貴重です。

 

その後のポルコがどうなったのかははっきり語られていません。

人間に戻った(らしい)ポルコがジーナと結ばれたのかどうかについては私は懐疑的です。

ポルコは死ぬまで飛行艇乗りのままでしょうし、そんなポルコにジーナは半ば諦めの心境になってしまうというか、そんな展開になりそう。

 

3位 ハウルの動く城

 

見かけはガラクタを寄せ集めたような、到底お城とは呼べない建物が、中は居心地のいい家だというのがおもしろいですね。

ハウルが魔法で城の中を増築?するシーンが好きです。

ぎゅいーんと空間が広がってトイレができたり、部屋が増えたり、ソフィが元住んでいた帽子屋に繋がったり。

 

私は原作「魔法使いハウルと火の悪魔」も読みましたが、わかりにくくて、もひとつおもしろくなかったのです。

それをこんなにおもしろい映画に料理してしまえる宮崎監督の手腕に感心しました。

 

それにしても、ソフィの鼻は年取るとなんであんなに大きくなるんだか。

 

4位 となりのトトロ

 

ストーリーやキャラクターもいいですが、なにより昔の日本の風景がすばらしいので。

もう、こんな田園風景は失われてしまったのではないかと思うと、何とも言えない寂しい気持ちになります。

 

テレビで外国からの留学生(エジプトの人だったかな?)が、トトロを見てこんなに緑が豊富な国に行ってみたいと思ったと語っているのを見たことがあります。

アニメを見て、自分の国の自然の美しさに改めて気づかされた作品です。

 

5位 風立ちぬ

 

若くして死んでしまう菜穂子が不憫で可哀想過ぎて、見るのが辛くなります。

その点で言うと、好きな作品というのとは少し違います。

もともとミステリーが好きですし、作品の中で若かろうが子どもであろうが人が死ぬことを嫌だと思ったことはないんですよ。

なのにこの作品だけは別で、見るたびに「若い人が死んでしまう作品は辛い」と思ってしまうのです。

年取ったせいなのか、自分に娘がいるからかなとも思いましたが、きっと作品の力なのでしょう。

 

 

以上、独断と偏見で選んだ5作品でした。

 

 

「1日1回体を温めるともっと健康になる!」

暑かった夏が去って秋になると、涼しさと一緒になってやってくるのが「冷え」。

私の場合、ほぼ、涼しい=冷えるという状態です。

まだ寒くないからと薄着でいると、太ももや下腹の当たり、膝から下がひんやりしてきます。

 暑い夏の間は考えたくもなかった血流改善の季節ということです。

 

ということで「1日1回体を温めるともっと健康になる!」(石原結實 知的生き方文庫)を読んでみました。

 

健康でいたいなら温かくする

 

人類は3000万年前、アフリカで誕生したと言われています。

体毛が少ないことからも南方で誕生したことを物語っています。

そのため、暖かい場所にいることが健康につながります。

気温の差が大きくなると、自律神経の働きを狂わせ、体調を崩しがちになります。

この、寒暖の差に対処するためには、体温をいつも高めに保っておくことが必要です。

 

1.身体の一番の産熱器官は筋肉なので、筋肉運動を行う。

2.お風呂、温泉、サウナ、岩盤浴など体を温めるものに入る。

3.腹巻をつける。

4.食事は色の濃いものを腹八分目に食べる。

 

湿度の高い時の対処法

 

湿度が高い時は空気中が水分過多の状態なので、体内に余分な水分を吸収してしまい、「水毒(体の中に水が余分にたまっているために症状が起こる)」になります。

痛みの病気や神経痛、リウマチ、アレルギーなどが悪化します。

 

そんなときは水分を体の外に出すようにします。

紅茶や生姜紅茶を飲んで尿を出す、運動をする、お風呂、温泉、サウナ、岩盤浴などで汗をかく、などです。

 

日光浴の効果

 

最近は日光浴をすると皮膚がんになるからと避ける人が多いですが、データによると、肉やバターに含まれる動物性脂肪を摂り過ぎている人が、過度な日光にさらされると皮膚がんになりやすいことが分かっています。

動物性脂肪を摂り過ぎないようにしていれば日光の害は心配いらないようです。

日光浴の効果としては、 

ビタミンDの合成を促す。カルシウムの吸収が高まり骨を強くする。

・免疫を司るランゲルハンス細胞を刺激して白血球の働きが増し、免疫力が上がる。

・血管が拡張し、血流もよくなって血栓の防止や血圧を下げる働きがある。

・副交感神経を働かせて体に休息を与える作用がある。

 

「心を温める」ことも免疫力を上げる

 

心を温めるというのは心の状態をよくするということです。

日ごろからよく笑う生活をしていると、病気の予防・改善につながります。

 

そして「歌うこと」も心の状態をよくします。

歌うことで吐く息が増え、老廃物や有害物が体外に出て行き、血液がきれいになります。

横隔膜が上下することで、内臓の働きをよくします。

さらには体温も上がります。

 

 

毛染めを止めてからの髪の変化

20数年染め続けてきた髪はすっかり細くなり、つむじからの分け目に悩むようになりました。

脂漏性皮膚炎になったことをきっかけに毛染めを止めて1年半を過ぎました。

毛染めを止めてからの髪の変化をまとめてみました。

 

※毛染めを止めた当時すでに湯シャンでしたので、髪の変化は毛染めを止めただけのものではありません。

 

40日

 

最初の変化は40日ほどで感じました。

湯シャン後ドライヤーで乾かすと、つむじ周りがふわっとしているように思えたのです。

つむじから後ろにかけて分け目ができるのが悩みだったのですが、その辺りの髪はまだコシのないままです。

でも、このままいくと髪が回復するのではという明るい気持ちを持てました。

 

2か月

 

それまで表面の髪をかきわけると、中の髪がペタッと地肌に張り付くような感じで生えていました。

2か月たったくらいから内側の髪が少しふっくらしてきました。根元が立ってきたようです。

そして、つむじからの分け目が目立たなくなってきました。

帽子をかぶって外出しても、帽子で押さえつけられた髪はブラシで梳かすと元に戻るようになりました。

 

3か月

 

つむじからできる分け目がなくなりつつありますが、完全になくなったわけではありません。

ただ髪が分かれても、以前のように地肌が見えることはなくなりました。

おそらく髪の根元が立ち上がるようになったせいだと思います。

頭頂部あたりのボリュームは、まだ回復はしていません。

それよりも白髪が目立つようになってきて、それに心が折れそうになりました。

短くカットするとオジサンぽくなるし、ヘアスタイルにも悩みました。

 

4~8か月

 

髪の状態は一進一退で、特に大きな変化はなしです。

 

9か月

 

つむじからの分け目はできたりできなかったり、状態が一定しませんでした。

ところが毛染めを止めて8か月が過ぎたころから、分け目ができなくなりました。

髪の状態も日によってべたついたり、帽子をかぶるとペッタンコになったり、「完全に回復した」とは言い切れません。

しかし、毛染めを止めて9か月で、最低でも薄毛になるのではという不安からは解放されたと言えそうです。

 

11か月

 

薄毛の進行は止まりましたが、髪が太くなったり多くなったりはしていません。

変化は、

・つむじからの分け目ができなくなったこと

・帽子をかぶるとペッタンコになっていた髪が少しマシになったこと

・外出前に鏡の前でセットするのに苦労することはなくなったこと

くらいです。

20数年ぶりに素の髪に戻ったわけですが、すっかり元通りにはなっていません。

私はくせ毛だったのですが、今はそれほど強くくせが出ていません。

おそらく充分に回復していないのだと思います。

しみじみ、髪が回復するのは時間がかかると感じています。

 

1年半

 

現在のところ、髪の質や量に不安はありません。

若いころに比べるとボリュームは減りましたが、加齢のためもあるでしょうから、まあこんなものかなという感じです。

1年を過ぎるころから目立った変化はなくなりました。

この先、明らかな変化があるのかどうかわかりませんが、今のところ毛染め(シャンプーも)を止めた結果としては満足しています。

 

 

「レイチェルのパリの小さなキッチン」のレイチェル自身が魅力的

NHKEテレで放映されている「レイチェルのパリの小さなキッチン」。

まるでフランス映画を見ているようにおしゃれです。

極小のキッチンには物がごちゃごちゃ置かれていますが、その生活感あふれるさまがまたよくて、じっくり観察したくなってきます。

お料理がおいしそうなのはもちろんですが、レイチェル自身も素敵です。

 

こんな服を着ている

 

いつもパッと目を引く服を着ているレイチェル。

彼女の着ている服は、

・紺地に白の水玉のワンピース、赤のベルト

ターコイズブルーのVネックのニット

・エメラルドグリーンのワンピースに、濃いピンクのカーデガン

・エメラルドグリーンのワンピースに、ブルーと白のプリントのエプロン

などなど、明るい色が好きなようです。

 

ベージュのトレンチコートや、茶色のジャケット、ベージュのワンピースに黒のカーデガン姿も出てきますが、落ち着いた色よりもはっきりした色、鮮やかな色の方が似合います。

明るい色を顔の近くに持ってきた方が映りがいいですね。

 

そしてよく見るのが、カーデガンの裾を胸の下で結ぶ着方。

レイチェルはちょっとふっくらさんなのですが、確かにこの着方だとスカート部分が長くなってスラリとして見えます。

料理の仕事をする前にはファッション関係の仕事をしていたそうなので、自分をよく見せる着方や色目をよく知っているのでしょう。

 

よく動く表情も魅力

 

下した前髪、赤い口紅も印象的。

料理を作りながら説明をしている時も表情豊かです。

料理が完成して一口食べてみた時、「おいしい!」とうっとりしているのを見ると、思わず笑ってしまいます。

食べることが大好きなんですね。

こういう人にとっては、料理の仕事はまさに天職でしょう。羨ましいです。

 

何かを作っている人は魅力的

 

何かを作っている最中の人って何かいいですね。

集中した表情や手つきに思わず見入ってしまいます。

レイチェルも話しているときは笑顔ですが、料理に集中しているときの表情は真剣です。

そして、ボールで何かをかき混ぜているときのたくましい腕を見ていると、仕事として料理している人なんだなと思うのです。

 

可愛いキッチンや、おしゃれなファッションに目が行きがちですが、プロならではの仕事ぶりにも気が付けたらいいなと思います。