染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

「自分を変える習慣力」

自分のために良い習慣をつけたいけれど、続かない。

これまで「〇〇しよう」と決心したことをずっと続けれていれば、今ごろはどんな人間になれていただろう、と思うこともあるくらい。

「自分を変える習慣力」(三浦将 クロスメディア・パブリッシング)を読んでみました。

 

習慣の大切さ

 

経営学者のピーター・ドラッガーはこう言っているそうです。

成果をあげるには、性格、強み、弱み、価値観、信条はいかようであってもよい。なされるべきことをなすだけでよい。成果をあげることは、習慣である。したがって、他の習慣と同じように見につけることのできるものである。そして身につけなければならないものである。

 

成果を上げるために必要なのは天賦の才能ではなく、一つ一つの良い習慣を身につけることなのです。

 

まず気をつけるべきこと

 

習慣を身につけるときに気を付けなくてはいけないことは、頑張ったり、無理をし過ぎてはいけないということ。

なぜなら、意志の力は消耗するからです。

ちょっと力を抜いて、リラックスして臨むくらいがいいのです。

そして、いくつも同時に手を出すのではなく、一つのことに集中します。

 

最初は成果をあげることではなく「定着させる」ことに絞り込む。

まず3週間続け、3か月続けばほぼ習慣となります。

 

本当にやりたいことは何か

 

早起きや運動など、なんとなくよさそうだからとか、人がやっているからという理由で初めても、続かないことがあります。

自分が心からやりたいと思うことではないから続かないのです。

 

本当にやりたいこと(目的)を探るためのステップがあります。

これは実際に紙に書いてみると効果的です。

 

Step1. 取り組んでみたい習慣を一つ挙げてください。【A】

Step2. Aを習慣したいのは、何のためですか。【B】

Step3. Bが達成できたら、さらに何をしたいですか。【C】

Step4. Cが達成できたら、さらに何をしたいですか。【D】

Step5. Dが達成できたら、さらに何をしたいですか。

 

こうして「さらに」を繰り返すことで、人生レベルで達成したことにたどり着きます。

 

繰り返し読む

 

この本の作者は、同じ本を最高で7回読むそうです。

かなり役に立つと思った本は3~4回。

 

「本は1回読んだだけでは、筆者が本当に伝えたいことの半分も理解できない」と書いています。

そして同じ本を何度も繰り返して読むことで本質に迫ることができる実例として、灘中学で国語の時間に中勘助の「銀の匙」を3年間読ませたことを挙げています。

 

私は次から次へと新しい本を読んでいくのが好きなのですが、確かに内容をしっかり理解しているとは言い切れません。

しかも簡単に忘れてしまいます。

何度も繰り返して読むことも、身につけたい習慣の1つです。

 

 

 

広告を非表示にする

モテるために必要なのは説得力

若い頃は「異性にモテる」のは美男美女だと単純に思っていましたが、年齢を重ねるにつれて外見はそれほど大きな問題ではないということが分かるようになってきました。

 

ではモテる要素とは何かと問われると、はっきりとした答えは出てきません。

気遣いができる? 会話がおもしろい? 稼ぐ力がある?

そうではなく、説得力なのだそうです。

 

建築家

 

建築家はモテる、と言っているのは生物学者の福岡伸一氏。

世界的建築家のフランク・フレデリック・ライトは華やかな女性遍歴があったそうだし、黒川記章の奥様は大女優(若尾文子さんです)だし、ということのようです。

 

そこで隈研吾さん(新国立競技場を設計した方ですね)に会ったときに聞いてみたそうですよ、「どうして建築家はモテるんですか?」と。

 

隈氏は謙遜することなく、半ば肯定しながらこう言いました。

それは、いつも人を説得しているからです、と。

 

建築家の仕事について何も知らなかったのですが、コラムによると建築家は、

・依頼主のわがままと無理難題を説得

・施工業者や現場からの文句や要求を説得

・周辺住民のクレームを説得

・コンペとなれば審査員を説得かつスポンサーを説得

と、あらゆる局面で説得しまくらないといけないそうな。

 

なんだか、すごくストレスが溜まりそう。

 

そして福岡氏の結論は、こうした仕事してるゆえ、「異性を説得することなどお茶の子さいさいなのだ」ということのようです。

 

外交官

 

「説得」ということであれば、もっと大きな相手を説得している人たちもいます。

それは外交官。

 

小泉首相の訪朝の秘密交渉を担当した田中均氏は「外交とは相手を説得する作業」だと言います。

 

「相手がどういう状況に置かれ、どういう利益を追求しようとしているのか、どうすればウィンウィン関係を作れるのか緻密に計算をしなくてはいけない」のが外交力である、と。

 

はー大変な仕事ですね。

日々、こうした仕事をしている人にとれば、そりゃ異性の説得なんて簡単なことかもしれません。

なるほど、外交官がモテるのは格好のよさや収入の多さにあるだけではなく、その説得力にもあったのですね。

 

こちらの言い分が通らないとすぐに諦め、あるいは怒ってちゃぶ台返しでもしたくなる単細胞の私は永遠にモテることはなさそう。

相手を説得するなんて、私の最も苦手とすることです。

そもそも根気が続かないのです。

 

しかしモテるかどうかは置いておいても、説得や交渉がうまいというのは大事なことです。

日本もますます外交手腕が問われる時代ですから、一般人であってもそうしたスキルを磨くべきなのかもしれません。

 

 

広告を非表示にする

「老けない人は何を食べているのか」を読んだ

年をとっても若々しくありたい、と思っています。

そのためには毎日の食事が大事であることはわかります。

でも何を食べればいいのか、という点については、あちこちで仕入れた細切れの知識があるだけで、ちゃんとわかっているとは言い難い状態です。

 

そこで「老けない人は何を食べているのか」(森由香子 青春出版社)を読んでみました。

肌、見た目、体、血管、老ける習慣老けない習慣、の5つの章にわけてアンチエイジング効果のある食べ方が書かれています。

 

AGEs

 

中でも気を付けようと思ったのはAGEsについてです。

一度の食事で糖質をとりすぎると、体内のたんぱく質と結びついてAGEsという物質ができます。

このAGEsは老化を始め糖尿病の合併症や動脈硬化、肌のトラブル、骨粗しょう症アルツハイマー病などの病気の発症に関係しているのです。

 

AGEsを作らせないようにするには、血糖値を急激に上げないことです。

そのためには、甘いものなど糖質を多く含む食品を空腹時や日常的にとりすぎないようにします。

 

そのほかに気をつけることとして、

①食事はゆっくり食べること。

②食事からの糖質は適量にする(腹八分目)。

③食べる順番に気を付ける。野菜などを食べ、肉・魚、最後にご飯などの炭水化物。

④食後1時間までに軽く運動し、とった糖質をエネルギーとして消費する。

 

サーチュイン遺伝子

 

自立した生活が送れる状態での寿命を「健康寿命」と言います。

この健康寿命を延ばす遺伝子が「サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子あるいは若返り遺伝子とも呼ばれる)」です。

 

サーチュイン遺伝子が活性化すると活性酸素を除去し、肌のシミやしわを防止し、脂肪を燃焼させ、動脈硬化や糖尿病、認知症などの様々な疾病を予防します。

サーチュイン遺伝子はいつでも働いてくれるわけではなく、ある条件に合ったときだけ活性化します。

その条件とは「空腹」です。

 

アメリカのウィスコンシン大学アカゲザルを20年間保育して研究をしています。

一方のサルには十分な食事を与え、もう一方のサルには約7割、腹七分目の食事を与えて観察しました。

結果は、腹七分目の食事のサルは毛もフサフサで、若々しい体を保っていたということです。

金沢医科大学の古家教授の報告によると、通常の食事から25%のカロリー制限をした食事を3週間続けることで、サーチュイン遺伝子が活性化することが裏付けられたとされています。

 

腹七分目にして、小腹がすいてもおやつを食べることなく、空腹感を味わうことで、サーチュイン遺伝子をオンにすることができるということです。

 

 

やはり年とっても健康でいるのは簡単ではありませんね。

毎日のんびりと、好きなものを好きなだけ食べているような生活ではだめだということのようです。

 

 

 

広告を非表示にする

ロキソニンSテープはよく効く

先日、突然右の手首が痛くなりました。

朝起きると、あら?なんか手首がうまく動かない。それに痛い。

なんなんだ、いったい……。

 

手首というのはいろんな動きをするものらしく、何ができて何ができないかを簡単に言うことが難しいです。

主にできなかったことはこんなことです。

・手を洗った後、水気を取るために振ることができない。

・少し重さのあるもの(1000mlの牛乳パックとか)を片手で持ち上げることができない。

・ふきんを絞れない。

・食器を洗う、拭くと痛い。

 

「いたたた」と言いながら、家事は手を抜きつつなんとかなりました。

私は右利きで、どんなことでも右手でやる癖がついています。

こういうときのために、普段からもっと左手を使えるようにしておいたほうがいい、と反省。

 

原因は?

 

原因には心当たりはありません。特に手を使ったということもないのです。

強いて言えば、前日に普段より長くパソコンの前に座っていたことくらい。

と言っても、1時間程度長かっただけなんですよ。

でも手を動かさず、クリックやスクロールのために指先だけ動かすというのは、手にとってはよくないことなのかもしれません。

 

調べてみたら、やはりパソコンによる指や手首の頻繁な曲げ伸ばしは、腱(けん)や腱鞘(腱が骨から離れないように押さえるサヤ)がこすれて炎症を起こすそうです。

パソコン作業が原因で起こる腱鞘炎を「マウスクリック腱鞘炎」とか「パソコン腱鞘炎」と呼ぶこともあるとか。

私の手首の痛みもパソコンが原因かもしれません。

 

ロキソニンSテープ

 

痛みをとるために使ったのはロキソニンSテープです。

以前、夫が腕を痛めてかかった整形外科でロキソニンテープをもらい、それがとてもよく効くと言っていました。

テレビコマーシャルで市販されると知って、早速購入しておいたのです。

 

最初の日は手首の真ん中から内側にかけて、次の日は外側に貼りました。

二回で嘘のように痛みは取れました。

本当に効きすぎて怖いくらい。

用法・用量には

・1日あたり4枚を超えて使用しないでください。

・連続して2週間以上使用しないでください。

とあるくらいなので、注意が必要です。

でも治ってよかったです。

 

 

本当に無理のできない年(無理した意識もないのですが)になったなあと思います。

手首が痛くなる前、右手の指のしびれにも悩んでいたのです。

気が付いたら治っていたのですが、それまでに4か月余りかかりました。

しびれが治ったと思ったら、次はこれ。

本当にいろいろ起こります泣。

 

 

広告を非表示にする

まんがでわかる「7つの習慣」

フランクリン・コヴィーによって書かれた「7つの習慣」という本は、全世界で2000万部も売れたという成功哲学の本です。

 

本屋で見るたび読んでみたい気持ちにはなっていましたが、本の分厚さと2000円ほどの値段に負けて手が出ませんでした。

この厚さだと、読み進めるにつれて最初の方は忘れてしまうのではないかとか、一度読んだだけでは頭に入らないかもとか、もしかして最後まで読み通せないのでは、などと考えてしまうのです。

 

そこで、マンガ版を買うことにしました(「まんがでわかる7つの習慣」フランクリン・コヴィー・ジャパン監修 宝島社)。

少々物足りませんが、内容はこれでわかるはず。

 

「7つの習慣」の前に意識すること

 

他人や組織、環境など自分の外側(アウトサイド)が変わらないと結果も出ないと考えるのが「アウトサイド・イン」です。

そうではなく自分の内面を変えることで結果を引き寄せようとする姿勢を「インサイド・アウト」といい、7つの習慣の前提として重要視されるものです。

 

第1の習慣「主体的である」

 

人に批判されて気分を害すること自体は仕方がないが、その反応を繰り返してはいけない。反応を自覚すれば、刺激に対する行動は自分で選択できる。

また、自分で変えられない物事にやきもきしても始まらない。

人は「行動」を選択する自由はあるが、「結果」は選択できない。望む結果が得られなかったら、次の行動を修正するしかない。

 

第2の習慣「終わりを思い描くことから始める」

 

まず自分の人生の目的をはっきりと意識する。

中心に置くべきものは「原則」である。公正さ、誠実、勇気などの原則は普遍的で価値を失うことがない。

そうすることで自分らしい人生の目的も見えてくる。

 

第3の習慣「最優先事項を優先する」

 

人間活動には4つの領域がある。

Ⅰ.緊急で重要なこと

Ⅱ.緊急ではないが重要なこと

Ⅲ.緊急だが重要ではないこと

Ⅳ.緊急でも重要でもないこと

人生を充実させるためには第Ⅱ領域に集中することが大事

 

第4の習慣「Win-Winを考える」

 

Win-Win(自分も相手も勝つ)の達成を支える5つの柱

①人格 基礎となる自分の人格が充実している

②関係 お互いの信頼関係が強く結ばれている

③合意 双方の合意がなされ、実行協定が成立している

④システム 関係を継続する仕組みが円滑に機能している

⑤プロセス 結果に至るための望ましい家庭をたどっている

 

第5の習慣「まず理解に徹し、そして理解される」

 

人の話を「聞く」ことが、コミュニケーションの中で最も重要なスキルである。

相手の目線で聞き、心の底から誠意を持って相手を理解しようとすること。

 

第6の習慣「シナジーを創り出す」

 

シナジーとは個別のものを合わせて個々の和より大きな成果を得ること。

どんな相手に対しても違いを尊重すること。

 

第7の習慣「刃を研ぐ」

 

肉体、精神、知性、社会・情緒の4つの側面でバランスよく刃を研ぐ。

 

 

まんが版なのですぐに読めたのですが、自分への浸透度はイマイチ。

やはりすぐ読める本はすぐに忘れてしまうのかも。

じっくりと時間をかけることが必要な本もあるようです。

 

 

 

広告を非表示にする

何かを始めるのに遅いということはない

寿命が延びた現代にあって年齢と関係なくやりたいことをする人が増えています。

 

まずは先ごろ第158回芥川賞を受賞した若竹千佐子さん(63)。

受賞作の「おらおらでひとりいぐも」は文藝賞を受賞したデビュー作です。

夫を見送った74歳の女性が主人公です。

 

若竹さんが書いたり止めたりしていた小説と向き合いなおしたのが55歳。

テーマをつかむのに、私には63年という時間が必要だった。小説の神さまは待っていてくれた。何かを始めるのに、遅いということはない。実感です。

と言っています。

 

ソルフェージュ

 

作家の林望氏は50歳になってから「ソルフェージュ」(楽譜を見てすらすら歌えるようにする訓練)を始めたとか。

それまで声楽を勉強していたけれど、若い声楽家たちと演奏活動をするようになると楽譜が読みにくいことに気が付いてレッスンを開始しました。

熱心に学ぶことを1年2年と続けるうちにかなり上達してきて、教える先生もびっくりしたそうです。

 

そこで思ったのは、人間の能力というのは努力によって必ず開発できる、何事も諦めてはいけない、ということだったそうです。

 

トロンボーン

 

ジャズ評論家の寺島靖国氏は、60歳を過ぎてトロンボーンを始めました。

アメリカ製のマーチンを27万円で新調し、学校に通い出したのです。

先生には1000歩の5歩だと言われながらも、2年半毎日練習して「恋人よわれに帰れ」と「イッツ・オールライト・ウィズ・ミー」が吹けるようになったとか。

「楽器は熟年のものである」と言っています。

 

5年に一つ新しいこと

 

ドイツ文学者の池内紀氏は定年まで5年を残して東大教授を退きました。

そしてその後、5年に1つは新しいことを始めることを信条にしているそうです。

山、絵画、ギター、将棋、歌舞伎など。

 

起業

 

何年も前に新聞の投稿で見た、56歳の主婦。

山菜を使った料理が得意なこの人は、総菜製造の加工場を始めたそうです。

保健所のヒアリングを受け、自宅を建て増しして工場を作り、週に3日だけ稼働する。

他の日は山で山菜採りをしたり、菜園で野菜作りをしたり。

まだまだ長い老後を見据え、2年後に定年を迎える夫をパートナーにしたいとも考えているよう。

 

 

こうしてみると、やりたいことに年齢など関係ないのだということがわかります。

やりたいことが見つかった時、行動に起こせるかどうかがすべて。

人生100年と言われる時代、年を取ったら何もできないと縮こまっている場合ではないですね。

 

 

広告を非表示にする

少女マンガが教えてくれる「私の居場所」

1/28付け朝日新聞の書評欄で、少女マンガを研究しているトミヤマユキコ氏が少女マンガを紹介していました。

 

トミヤマさんは、人生が何もかも行き詰まっていた20代後半に少女マンガを読んで、「あなたはこの世界にいてよい人である」というメッセージに救われ、研究者になってしまった人です。

少女マンガは、女子の居場所をめぐる物語群として読むことができ、それは時代とともにアップデートされているとか。

 

トミヤマさんお気に入りの三作品はこちら。

 

池辺葵プリンセスメゾン」①~④(小学館

 

 年収270万円ほどの居酒屋店員「沼ちゃん」が、女一人でマンションを購入する話です。

 

 

 

おざわゆき「傘寿まり子」①~⑤(講談社
 

80歳のおばあちゃん小説家「まり子」が、自分に対する家族の無関心を悟り、家出して人生をやり直すことに決める話。

 

 

 

関根美有「白エリと青エリ」(タバブックス)

 

高校生エリが、家にいる大人たちを通して居場所探しをします。

 

 

読んでみた

 

「傘寿まり子」の一巻を読んでみました。

 

まり子は自分と亡き夫が建てた家に、息子夫婦と孫家族と同居しています。

息子は給料が減り、孫は出来ちゃった婚

家が狭すぎるため(というより人が多くて)、まり子のいない間に家族が家の建て替えを計画していることを知ります。

 

長く生き過ぎたと思ったまり子はリュックひとつで家を出て、ネットカフェで寝泊まりしたり、猫を拾ったり。

 

これ、結構ありそうですね。

のんびりと老後を楽しむつもりだったのに、子どもや孫との同居で居場所がなくなるなんて、充分あり得る展開だからこそ身につまされます。

そんなことになったら、どうしよう?

家を若い人に譲って、新たに自分だけの家を借りるなりできるだけのお金や体力があればいいけれど。

もしそうしようとしても、マンガにもあったように、大家さんが年寄りに貸すのを嫌がるかもしれません。

まり子は年金も小説を書くという仕事も持っていて健康でもあるのに居場所がない。

マンガは明るいタッチですが、ちょっと考えさせられました。

 

なんとなく、お金と健康があれば老後は安泰みたいに思っていましたが、甘いのかも。

まり子はこれからどうするのでしょう。

ちゃんと自分の居場所を見つけることができるのでしょうか。

 

 

広告を非表示にする