染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

夢判断は当たるのか?当たって欲しい

ちょっと変わった夢を見たとき、それがどんな意味を持つのか気になることがありますね。 そして、金運がよくなるとか、大きなお金が入ってくることを表す夢だったりしたら、思わず嬉しくなったりします。 そんな夢を見たのは夫です。 金色の龍が空に登ってい…

「老後の資金がありません」

いろいろと身につまされる小説を読みました。 「老後の資金がありません」(垣谷美雨 中公文庫)です。 主人公の50代主婦の篤子は夫とともに真面目に働き、1200万円ほど貯金していました。 それが娘の結婚式に500万、舅の葬儀と墓に400万使い、残りは300万…

不便さが節約につながると思っていたけれど

我が家では、基本的に買い物はネットを使いません。 なんと前近代的な、という感じですね。 どうしても近くの店にない時はネットで買ったりしますが、このときもコンビニ支払や代引きにしてクレジットカードは使いません。 意識的にネットで買うと面倒かつ手…

ほうれい線にはイマイチだったけど歯茎には効いたベロ回し

40代後半ころだったでしょうか、ほうれい線が気になった時期があります。 鼻から口の側にかけて二本の線がくっきり。 妙に焦って使い慣れない化粧品をあれこれ購入しました。 そのころはまだ肌断食してなかったのですが、使っている化粧品は安いものばかり。…

バスマットを新しくして快適

家族が普通の時間に帰宅した場合、最後にお風呂に入るのは私です。 ウチでバスマットとして使っているのは、二つ折りにしたバスタオル。 洗うのも乾かすのも簡単でいいのですが、私がお風呂から上がるときには乾いた部分がないほどに濡れています。 不思議と…

いくつになっても気の持ちようが大事

80代後半になる義母は家の中を歩くのもヨタヨタになっています。 ゴミ捨て(一度ころんだ)や洗濯(干したり取り込むときに足元が不安)など、自分でできないことも増えてきています。 独り暮らしですしデイサービスなどには通っていないため、体を動かそう…

おいしそうな短編集「キャベツ炒めに捧ぐ」

女三人で商店街でお惣菜屋を営む短編集を読みました。 「キャベツ炒めに捧ぐ」(井上荒野 ハルキ文庫)。 オーナーの江子、無愛想な麻津子、新入りの郁子は揃って60すぎ。 それぞれに過去や屈託を抱えながら、お惣菜屋「ここ家」で毎日お惣菜を作っては売っ…

肌の変化は砂糖を止めたせい?

砂糖を止めて1か月半ほどたちました。 止めたものは、お菓子全般(おかきなども)、甘いパン(食パンは週に2回朝食に食べます)、料理に砂糖を使うこと。 最近はこれに加えて市販のドレッシングも止めています。 オリーブオイルと醤油をかけて食べています…

抜き書きのメリット

「ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法」(福田和也 PHP研究所)によると、評論家である作者は1か月に百冊の本を読み、三百枚の原稿を書いているそうです。 本は2001年出版なので、現在どうなっているかは不明です。 いやもう羨ましい。 私は本を読むのが好…