読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

染めない生活

50代で毛染めを止めました。

母から娘に伝えるもの

50代からの暮らし

ジブリ映画「魔女の宅急便」には原作(角野栄子作)があります。

1~6巻まであり、13歳の少女だったキキは、結婚して双子のお母さんになります。

少女から母親になるまで描かれているところ、「赤毛のアン」シリーズを思い出しますね。

 

この物語を読んだのは娘が小学生の頃でしたが、最近読み返してみたら、主人公キキのお母さん、コキリさんに関心を持ちました。

 

コキリさんとは

 

コキリさんは魔女、ダンナさんのオキノさんは民俗学者で妖精や魔女について研究している普通の人間で、二人の間の一人娘がキキです。

コキリさんは箒で空を飛べて、薬草を育ててくしゃみの薬を作ることができます。

自分の持っている力を娘に伝えようとしますが、キキが興味を持ったのは箒で飛ぶことだけ。

しかし13歳で一人立ちしたキキは、やがて母親の作っていたくしゃみの薬を自分でも作ろうと思い、家に帰ったときに教えてもらうのです。

 

くしゃみの薬

くしゃみの薬作りは、春分の満月の真夜中からはじめることや、月の光で種を清めてもらう「種のおきよめ」など、魔法というより昔ながらのおまじないのようです。

 

どのくらいの薬草を畑に残すか、できたくしゃみの薬をどのくらい人に渡すか、そのときにちょうどいいと思うだけでいい、とコキリさんは娘のキキに教えます。

困るキキに、なんとかなる、畑もきっとぴったりのものが見つかる、と言います。

ただ何もしないでいいということではなく、本人がちゃんと感じ取る心を持っていることが大事なのだと教えるのです。

「それには、いきいきと、充実した毎日を送っていないとね。そうやって魔女の計算っていうのができていくのよ」

 

娘に伝えるもの

コキリさんは娘が薬つくりに関心がなくても無理強いせず、その気になるまで待っていました。

そして、その気になったときにちゃんと教えています。

 

自分を振り返ると、娘に何も伝えていないことに思い至りました。

そもそも伝えるべきものを持っていないとも言えます。

料理始め家事のあれこれでも、趣味などの好きなことでも、これをしたらどうと勧められるものがない。

 

そう感じて、自分の母を見てみると、これまた母から何も受け継いでいないように思います。

母の働き方を見て真似したいと思ったこともありましたが実現できず。

母は着物や書道が好きな人でしたが、私はどちらも興味なし。

もったいない。

人が何十年も生きて、それなりに学んだことや経験したことを子どもに伝えない・受け継がないなんて、もったいないですよね。

今ごろこんなことに気が付くなんて。

まだ間に合うでしょうか。

 

簡単にムカつかなくなった理由

50代からの健康

最近ムッとすることが立て続けにありました。

・回転寿司で食べたものの中に、ご飯がお皿にくっつくほど干からびているものがあった。

・別の日、から揚げ定食を食べたところ、付け合わせの千切りキャベツが傷んで変な味がした。

 

安いものばかり食べるからだ、という意見もあると思いますが(唐揚げ定食は500円でした)、安い食べ物は悪いものが多いということが言いたいわけではありません。

 

私は昔から結構怒りっぽいところがあります。

ただ、腹が立ってもお店に苦情を言ったりはしません。

そのため怒りをうまく消化できず、悪い気分を引きずってしまう傾向があります。

上記のことが起こったとき、普段の私なら当然怒っていたでしょうし、一緒にいた家族に不満をぶちまけていたと思います。

でも実際には、がっかりはしたものの、さして腹は立たたなかったのです。

どちらのお店ももう二度と行くことはないでしょうが、「店の人にひとこと言ってやりたい」なんてことは考えもしませんでした。

自分でも本当に不思議です。

ウォーキングのせい?

理由をあれこれ考えてみました。

私がすぐ腹を立てることを知っている夫にも聞いてみましたが、まったく見当つかなったらしく、「なにか憑いてるとか?」などと珍妙な返事しかしてくれません。

思い当たることと言えば、平日はほぼ毎日続けているウォーキングくらい。

身体を動かすと気分も平穏になるということ?

その時、以前に読んだ本を思しました。

鍵はセロトニン

セロトニン欠乏脳」(有田秀穂 生活人新書)という本です。

セロトニンは脳を活性化し、学習効果を上げる脳内神経伝達物質です。

セロトニンはさまざまな機能に関係しています。

脳をすっきりと覚醒させるほか、痛みを抑制したり背筋をしゃきっとさせたり、パニックを抑えて平常心を形成する働きもあります。

セロトニンが欠乏すると自律神経失調症になったり、うつ傾向やキレやすい状態になるそうです。

セロトニン神経の鍛え方

各種のリズム運動で鍛えることができます。ジョギング、ウォーキング、ガムを噛む、呼吸法、太鼓をたたく、念仏を唱えるなど、リズムを刻むものなら何でもいいのです。

このリズム運動を15~30分行います。

太陽の光で活性化されるので、朝日を浴びてのウィーキングやジョギングは二重にセロトニンを活性化します。

朝の寝起きがよくなったり、意欲がわく、姿勢がよくなり、雑念が消え、痛みをコントロールできるなどの効果があります。

 

ほぼ毎日歩くことを習慣にして3か月半ほどになります。

ガムも噛んでいますが、こちらはまだ1か月。

でもどちらもセロトニン神経を鍛えるリズム運動です。

私が干からびたお寿司や変な味のサラダに腹を立てなかったのは、もしかしたらセロトニン神経が鍛えられたせいかもしれません。

怒らずに済むと、確かに変に疲れることがありません。

結局、自分にとって得だと言えそうです。

黄金原聡子の決め台詞「ちゃんとして~」

50代からの暮らし

NHK「LIFE!~人生に捧げるコント」という番組があります。

去年、「逃げ恥」で知った星野源が出ていると聞いて初めて番組名を知りました。

知ってからも見たことはなかったのですが、一度だけたまたま途中から見たことがあります。

そのときやっていたのが、コント「ムロ待ち」でした。

ムロ待ち 

ムロツヨシの出待ちをしている女性ファンが写真やサインをお願いしていると、「ストップ、ストーップ!」と言いながら風のごとく現れる黄金原聡子(こがねはらさとこ)。

彼女は熱烈なムロファンであり、「ムロさんを見守ってきた女、ううん、育てた女」と自己紹介します。

そして黄金原は女性ファンを「にわか」と決めつけ、彼女らの行動をムロツヨシを困らせる自己中なものだと非難するのです。

そこで口にされるのが決め台詞(かどうかわからないけど)の「ちゃんとして~」。

黄金原が女性ファンを追い散らしたあと、彼女とムロツヨシの会話が始まります。

最初は「ムロさん、この間の〇〇(舞台?)最高でした」と大絶賛。

ところがそのうち、熱烈なファンのはずなのになぜか言いたい放題。

ちょっと太ったとか、ブサイクとか(ブサまでしか言わなかったけど)、演技がやかましいとか。

最後は、黄金原が最初に非難していた女性ファンと同じ行動をとり、ムロツヨシに逃げられる、という形で終わります。

 

このコントは最初と最後だけが決められていて、真ん中はアドリブだそうです。

黄金原に翻弄されるムロツヨシの戸惑いぶりも面白さの一つです。

小金原聡子 

黄金原聡子を演じているのは「シソンヌじろう」という人です。

始めて知ったのですが、2014年のキング・オブ・コントで優勝しているそうです。

ムロツヨシより大柄なのですぐに女装だとわかりそうなものですが、男性にしては声が高いせいか、最初は「女?男?大柄な女?」と思ってしまいました。

いかにも現実にいそうなんですよ、ああいう女の人。

地味な色合いのカーデガンにスカート、髪は後ろで一つにまとめて、女装らしからぬ薄化粧。

真面目で熱心だけど、思い込みが激しく人の言うことを聞かない。

他人がするのはダメだけど、自分は許されると思っている。

遠慮がちなようでいて実は厚かましい。

うん。その辺に普通にいそうです。

 

「LIFE!」はただいまお休み中で、次回は6月に特集番組として放映されるようです。

「ムロ待ち」は見たいです。

最近見た中で(といってもあんまりテレビ見ていないのですが)、一番おもしろかったです。

「ちゃんとして~」が口癖になりそう。

口内炎にならないために

50代からの健康

大学生の息子は口内炎ができやすい体質です。

別に口の中を噛んだわけでもないのにできるようです。

最近も、口の中に四つも五つも作って苦しんでいました。頬の内側や唇だけでなく、舌や喉の奥にもできるそうなのです。

できてしまったら、

チョコラBBプラスを朝晩、一錠づつ飲む

・口内洗浄液で口をすすぐ(うちはガムのデンタルリンスを使っています)

ケナログを塗る

3つの方法をとります。ただ、こうした方法をとってもすぐには治りません。

口内炎はできてしまったら、痛みに耐えて徐々に治るのを待つしかないのが辛いところです。

できることなら作らないのが一番です。

口内炎ができやすい理由①

息子は若いにもかかわらず肩こり症です。

大学に行くときのリュックが家出でもするのかと思うほど重かったり、スマホを使ったり、今はスポーツなど体を動かすこともありませんし、肩がこる原因はいろいろあるようです。

普段から肩がこっていて、特に疲れがたまったりすると口内炎ができるのかもしれません。

ただ我が家は息子だけでなく私も含め、全員肩こり症です。

そして同じものを食べているのに、息子ほどひどい口内炎を作ることはありません。

唾液の量

私が疑っているのは、唾液の量が少ないのではないかということです。

息子は毎日のように500mlのジュースやお茶を買うのです。

昼食のときは学食なのでお茶は飲めます。真夏でもないのにそんなに喉が渇くものでしょうか。

唾液が少なくて口の中が乾いているのでは?

口の中に傷ができて細菌が繁殖すると口内炎になります。

ただ、唾液によって最近が洗い流されると口内炎になる前に治るのです。唾液が減ると口内炎になりやすくなるとか。

ベロ回し体操

唾液も出るし、ほうれい線や小顔になる効果もある体操があります。

ベロ回し体操です。

口を閉じて舌先で歯や頬の内側をなぞるように回します。右回り50回、左回り50回。

これは、世界最高齢でエベレストに登頂した三浦雄一郎さんのお父さんが実践されていたと聞いたことがあります。

 

実は私も続けています。もう7~8年?

私は残念ながらほうれい線にはそれほど効果はなかったのですが、歯医者さんに行ったとき歯茎の状態を褒められました。

たぶん、このベロ回し体操をしていたせいだと思います。

 

息子にもこの体操をことを教えたのですが、まあ親の言うことなんか聞いてませんからねえ。

実践することはないだろうと思います。

せめてガムでも噛ませようかな。

毛染めをやめてよかったか

毛染めを止める

毛染めを止めて1年近くたちました(11ヶ月)。

顔の周りは白く、ほかは白に近いグレーといった色合いです。

毛染めを止めて3~4か月の頃までは、ときどきカラートリートメントを使っていました。頭頂部だけが白く、まるで雪のつもった富士山みたいだったからです。

それ以降はカラートリートメントなど色のつくものは一切使っていません。

毛染めを止めてよかったかどうか、ちょっと考えてみたいと思います。

毛染めを止めてよかった点

私は白髪が出るのが早かったため、毛染めを20数年続けました。

50歳くらいで太くて多かった髪が細くコシがなくなり、そのうちウィッグをつけなくてはいけなくなるのでは、と不安に駆られるような状態になりました。

毛染めは頭皮に悪いと知りながらそれでも毛染めを止められないでいるのはしんどいです。

鏡を見ては気になる部分を確認し、そのたびに暗い気持ちになるのはストレスになります。

今ではそうしたことから解放されました。

コシは戻りましたし、太さや量は変わった実感はありませんが、このまま毛が少なくなっていくのではという不安はもう感じていません。

外出前もブラシで梳かすだけです。

つむじ周りの分け目を隠そうとしてドライヤーでセットする、ということもなくなりました。

髪を洗ったりブラシで梳かしたりするたび、抜け毛の量に一喜一憂することもなくなりました。

抜け毛はあって当たり前、抜けることで生え変わっていくからです。

でも、自分の髪の状態に不安を感じているときは、そんな風には考えられないものです。

薄毛という観点から見ると、間違いなく毛染めを止めてよかったと言えます。

迷いがあるのは

髪の悩み(薄毛)が解決された今、髪のことを考えることは普段はあまりないのです。

それどころか白くなった髪を見て、キレイになってきたなあ、なんて思うこともあるくらいです。

でも外出した時は別です。

おしゃれという点から言うと、やはり50代でのほぼ白髪の頭はやはり早すぎる感じがします。

50代は私のようにほぼ白髪の人もいれば、ちらほらの人もいて、個人差が大きい年代ではないでしょうか。

ですから余計に白髪が目立つのかもしれません。

たぶんもう染めない

迷いがあるとはいえ、もう以前のような毛染めは嫌です。

要は自分がこのままでいいと思えることが大事なんだと思います。

それには堂々と白髪のままでいられる自信を持つことが必要なのではないかと。

やりたいことをやる、というのが大事ですね。

おしゃれももちろん。私はこれがなおざりになりがちなので気を付けたいと思います。

それと私の場合、毛染めを止めて得たもの、失ったものをブログに書いたりすると、自分の気持ちが整理できてすっきりします。

ガムを噛む日々

50代からの健康

最近、毎日のようにガムを噛んでいます。

顔の左だけほうれい線が深いことに慄き、なんとかしたいと思った挙句、ガムに行き着きました。

ガムや飴など、口に中に長くとどまるお菓子はあまり好きではなかったのですが、ほうれい線には勝てません。

キシリトール

どうせガムを噛むならキシリトール入りのものにしようと思いました。

虫歯予防効果があると聞いたような気がしたからです。

調べてみるとキシリトールには虫歯予防効果はあるものの、虫歯を治す効果はないようです。

そして虫歯予防を目的にガムを噛むなら、キシリトールの比率が90%以上でないと効果は期待できないそうです。

手元にある「明治 キシリッシュ レインボウアソート」を見てみると「キシリトール45.8g」となっています。全体が117gですので効果はないかな?

虫歯予防のことはさておき、ほうれい線だけ考えることにします。

今までに食べたガム

これまでに噛んできたガムを偏見に基づいて評価しました。

 

・ロッテ キシリトールホワイト ルビーフルーツミント

・ 〃  キシリトールガム 7種アソートボトル

フルーツの味やミントの強さ、噛んでいるときの弾力、すべてにおいてほどよい感じ。

私の中ではガム=ロッテです。

言い換えると、少々個性に欠けるかもしれません。

長年ガムを噛むことのなかった私が、ほうれい線対策に買った最初のガムがロッテだったので、生まれたてのアヒルが動くものを親と勘違いするがごとく、ガム=ロッテという思い込みができてしまったのかもしれません。

 

・明治 キシリッシュ レインボウアソート 

フルーツの味がちょっと濃すぎます。

そして噛んでいるうちにゴムを噛んでいるような気になります。少し弾力がありすぎるのかも。

ほうれい線対策なら弾力のある方がよさそうなものですが、少し噛み心地がよろしくないのですね。顎の強い人にはちょうどいいかもしれません。

 

・モンテリーズジャパン クロレッツ ピンクブレープミント

噛みはじめが硬いのですが、ガムの形が潰れてしまうと噛みやすくなります。

ミントの味が強烈なので、苦手な人は要注意です。ガムの味がなくなっているのにミントの清涼感だけ口に残ります。

ガムの噛みかた

今は左奥歯で計20分、右奥歯で10分噛んでいます。

鏡を見たところ、まだ左のほうがほうれい線が深いように思ったので、左を多くしています。

そのうち両ほほに一個づつ入れて両方の奥歯で同時にガムを噛む技を身に着けたいと思います。

何度かやってみたのですが、無意識に2個のガムを一つにまとめて噛んでしまうのです。

いつの日か、ほうれい線が薄くなる日が来ることを期待して。

サッカー観戦で何を食べる?

50代からの暮らし

先日、吹田スタジアムにガンバVSレッズの試合を見に行きました。

正直そこまでスポーツは好きではないです。

が、夫が行きたがってチケットを取ってくれたのと、吹田スタジアムを一度見たかったので行ってきました。

5時からの試合だったので、スーパーで買ったおにぎりを試合前に齧っての観戦。

見ているうちにお腹が空いてきて、目は試合を見ながらもずっと食べ物のことを考えていました。

手で持って食べられるものがいい

サッカーは野球と違って目を離すことができません。

私はサッカーに詳しくないので、何の前触れもなく突然点が入るように感じます。シュートを見逃さないために目を離せないのですね。

ですので、次に何を食べようかとうつむいて中身を見てしまうお弁当より、手で持って食べられるものの方が向いています(というようなことを試合中に考えていました〉。

もちろん食べるなら試合前やハーフタイムに食べてしまい、試合中は集中してみるのが一番だと思いますよ。

でも私のようにいまいち熱意にかける人間は、つい食べながら見たくなるものなんです。

手持無沙汰というか、口寂しいというか。

バンバン点が入れば忙しくて食べている暇ないでしょうけど、サッカーってあんまり点入らないですもんね。

 

パンなら、サンドイッチは中身がこぼれても気が付かないかもしれないので、ハンバーガーかな。ホットドッグとか。

ごはんものならおにぎり。今はブームが去った感のあるおにぎらずもいいかもしれません。

スタグル

観戦中に食べるものを調べていると、スタグルなる言葉に出会いました。

スタジアムグルメのことだそうです。

各地のスタジアムはそれぞれ特色ある食べ物を売っていて、そうしたものを食べるのもサッカー観戦の楽しみなんですね。

そういえば、津村記久子朝日新聞に連載している小説で、主人公家族が応援しているチームが滋賀で試合したとき、鮒ずしを買うシーンがありました。

 

吹田スタジアムは粉もんのたこ焼き、お好み焼き(大阪というと必ずあげられますねえ)に始まり、カレーやカツサンド、ローストビーフ丼、ピザ等々、反対にないものは何なのかわからないほどバラエティ豊かな食が売られているようです。

ようです、なんて行ったのではないのかと言われそうですが、まったく見ていないので何も言えないわけです。

しかしこうして書いているだけでお腹いっぱいになりそう。

私、選択肢が多すぎると気持ちが萎えるタイプなんです。

また吹田スタジアムに行くことがあっても食べ物は買わない(買えない)だろうなあ。

 

何を持って行って食べるのがいいでしょうねえ。