染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

口ぐせで人生を変える

悪い口ぐせを改め、よい口ぐせを習慣化することで人生を好転させることができると、「自分を変える魔法の「口ぐせ」」(佐藤富雄 かんき出版)には書かれています。 口ぐせ一つで? にわかには信じがたい話ですが、科学的な裏付けがあるそうです。 古い脳と…

「やまと尼寺精進日記」 尼寺のお花見

Eテレ「やまと尼寺精進日記」が月一の放映になったようです。 4月30日は「卯月たけのこ お花見ピクニック」でした。 お寺ではキノコを自家栽培したり、食べられる食材を山から採ってきたり、里からいただいた野菜などで生活しているようです。 考えように…

毛染めを止めた80代母のその後

40年以上毛染めを続けた80代の母が「もう染めるのは止めた」と言って6か月。 今はどんな状況なのか、先日会ったとき聞いてみました。 今の髪の状態 薄毛になっている母は、外出時にはウイッグをつけます。 すっぽりかぶるタイプではなく、一部分だけの載せ…

コンプレックスはビジネスになるらしい

4月26日の毎日放送「ちちんぷいぷい」で、コンプレックスはビジネスになるという特集をしていました。 例として挙げられていたのは、ぽっちゃり女性を対象にした雑誌。表紙は渡辺直美さんでした。 部数は覚えていないのですが、雑誌の売れない今の時代に「上…

久しぶりに「髪は増える!」を読み返した

30歳になる前から白髪が出て以来、ずっと毛染めを20数年続けてきました。 40代で髪のボリュームが減り、50代に入ってからつむじからの分け目に悩まされ、脂漏性皮膚炎になったことをきっかけに52歳で毛染めを止めました。 現在のところ、薄毛の悩みはありま…

噛むことの大切さ

4月22日の朝日新聞に、千葉市で行われた「朝日 健康・医療フォーラム2017」での専門家の意見が載せられていました。 運動の大切さや認知症の予防などについて語られていた中で気になったのは、「噛む」ことの大切さについてです。 噛むことは全身の健康と…

歩くことの効能

歩くことが体にいいことは広く知られています。 ふくらはぎや太ももの筋肉はポンプ作用によって血液を心臓に送り戻し、体中の血流をよくします。 だから第二の心臓と呼ばれるのですね。 歩くことの効果は他にもあります。 いろんな願望や欲望が沸いてくる 歩…

5か月ぶりの美容院

久々に美容院に行ってきました。 前回行ったのは、もう5か月前。嫌というほど伸びています。 今回は初めてのお店に行きました。 今まで7年ほど通った美容院は、毛染めを止めたことで美容師さんとの雰囲気が悪くなったのが理由で、通いづらくなりました。 …

読書はなぜ必要なのか

大学生の読書時間0分が5割になったそうです。 本を読まない人が増えているんですね。 電車の中でも本や新聞を読んでいる人を見かけなくなりました。みんなスマホをいじっています。まあスマホで活字を読んでいる人もいるのかもしれません。 私自身は子ども…