染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

CMとオーバーラップしそうだった「メン・イン・ブラック」

6/14に7年ぶりの新作「メン・イン・ブラック:インターナショナル」が公開されるそうです。 だからというわけでもないのですが、アマゾンプライムビデオで見ました。 私が見たのは一作目、1997年制作です。 22年前の映画にしてはかなり古いような、でも一部は…

紫外線が気になる季節

紫外線が気になるようになってきました。 日本では6~8月が、1日のうちでは正午ごろが紫外線が最も強くなるそうです。 紫外線から肌を守る方法が新聞に載っていましたので要約します。 紫外線の種類 紫外線は波長の長い順にABCの3種類があって、地表に届く…

85歳元気の秘訣

先日、母に会ってきました。 母は今年86歳になりますが足も丈夫で出歩くのが好き。 映画やコンサートなども行きます。 相変わらず出歩いているのかと思えば、ちょっと物足りなそうな顔をしていました。 原因は友達の一人が外出中に転んで足を怪我し、外出で…

蒼井優のお父さんがおもしろすぎる

南海キャンディーズの山ちゃんと女優の蒼井優さんとの結婚をテレビで知ったときは、思わず「うそ!」と言ってしまいました。 組み合わせがあまりにも意外だったからですが、会見を見るかぎりでは二人はとても自然で仲良く暮らしていくんだろうなと思いました…

シニアでもないのにシニア向け筋トレがきつい

運動の大切さはわかっているつもりでも、いざ実行するとなるとハードルが高いです。 新聞を読んでいたら、シニア向きの筋トレの記事がありました。 シニア向きとあって、内容はそれほどきつくなさそう。 シニア筋トレのメニュー ・腕立て伏せ 10回×2セット …

女探偵ものを読んで方言について思った

女探偵ものを読みました。 「探偵は女手ひとつ」(深町秋生 光文社文庫)です。 元刑事の探偵、椎名留美が主人公の短編集。 彼女は小学生の娘を持つシングルマザーでもあります。 田舎の探偵 女探偵というと、都会の闇の中で犯人を追いかけるハードボイルド…

南禅寺で心穏やかに

先週、夫が仕事を休んだ日があったので、京都の南禅寺に行ってきました。 臨済宗南禅寺派大本山のお寺です。 さぞかし人が多いだろうと覚悟していったのですが、平日のせいか夏のような暑い日(京都は30℃!)だったせいか、意外と人出は多くなかったです。 …

こんなのを読むと化粧品が買いたくなる

本屋の店頭で目に留まり、ふと買ってしまった雑誌。 「LDK ザ・ビューティー」。 「世界でただ一つ、コスメを本音で評価する雑誌です」なんですって。 モニターに化粧品を実際に使わせて、その使用結果を載せています。 特集はエイジングケア 7月号の特集は…

「食堂かたつむり」

「食堂かたつむり」(小川糸 ポプラ文庫)という小説を読みました。 久々にお話の世界に浸る楽しみを味わえました。 全てを失い、そのショックから自分の声までも失った女性が、ふるさとに帰り、小さな食堂を始め、少しづつ再生していく話です。 初っ端から…

やっぱり歩かないとだめらしい

歩くことは健康にいい。 知ってますって、そんなこと。 でも、日ごろあまり歩いてないせいか、歩くことに関する記事を見かけると、つい読んでしまいます。 「アエラ」’19.5.27号に「走るより1日8000歩」という特集がありました。 それによると、ちょっとキツ…

サプリメントの効果はどのくらい?

先日義母の家に行ったとき、テレビを見ていました。 画面には元気な高齢者が出てきて、90歳くらいの年齢で畑仕事をしたり、スタスタ歩きまわっているのです。 そして、「いつもこれを食べています」と自宅で漬けたにんにくをポリポリ。 にんにくはこんなに体…

今年のベランダ菜園

毎年この時期になると始めるべランダ菜園。 いつものことですが、苗を買いに行くときは面倒くさくて、もうやりたくないと思ってしまう私。 苗を買って鉢に植え替えるところまでは夫主導で、それ以降は私が世話をします。 いざ始めると、成長ぶりを見るのが結…

セイコー陸上に行ってきた

5月19日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われた、「セイコーゴールデングランプリ陸上2019大阪」を見てきました。 陸上の大会を見に行くのは、2017年の日本選手権(このときも長居でした)以来。 あのときは男子100mでサニブラウンが優勝しました。…

コージー・ミステリーでまったり

最近、気分がぱっとしなかったのですが、面白い本を読んでいる間は元気が出ます。 「ヴィラ・マグノリアの殺人」(若竹七海 光文社文庫)はコージー・ミステリーだそう。 コージーという英語は、居心地の良いとかくつろいだとか、親しみやすいとかの意味があ…

夏前にしておくといい汗トレーニング

これから本格的な夏を迎えるにあたって、汗をかくトレーニングをしておくといいそうです。 汗をかくのは体温調節のためですが、普段あまり汗をかかないでいると汗腺機能が衰えてしまいます。 するとどうなるかというと、「悪い汗」をかいてしまうのですね。 …

娘の独立以来どうもぱっとしない

娘はこの春から就職して一人暮らしを始めました。 最初は心配でたまりませんでしたが、10連休に2回も会いに行き(「別に来てもいいよ」と言われたので)、元気で一人暮らしを楽しんでいるようすを見ることができました。 なんだか気分が ほっと安心したのは…

連休でわかった今後の課題

このゴールでウィーク中、息子の夕食が要らなくて夫婦二人の夕飯になったことが何度かありました。 そのときの食事事情から、この先夫婦二人の生活になったときの課題が見えてきました。 それは、「食事に手を抜きすぎてはいけない」というものです。 楽な方…

毛染めを止めるならコレに気をつけて

先日コンビニで買い物した時、50代くらいの女性の店員さんから、 「とても素敵なグレイヘアですね」 と言ってもらいました。 そんな風に言われることはあまりないので嬉しく、「ありがとうございます」と答えました。 毛染めを止めたかったのかも 店員さんは…

車酔いを瞬時に治す方法

娘が就職して以来、住んでいる場所まで何度か車で行くことがありました。 片道2時間半~3時間半という道のり。 もともと車に強くない上に、渋滞を避けらないルートということもあって、ほぼ毎回車酔いで苦しんでいました。 ところが今回、簡単に車酔いを治す…

二つめの曜変天目茶碗を見た

この10連休中に、奈良国立博物館で開催されていた藤田美術館展に行ってきました。 曜変天目茶碗を見るのが目的です。 星が集まったような 以前に見た、龍光院の天目茶碗は暗い宇宙に小さな青い星がぽつん、ぽつんと浮かんでいるといった様子でした。 somenai…

たかが食事 だけどこんな悩みもあるとは

新聞の人生相談欄にこんな相談が寄せられていました。 「婿の食事マナーが気になる」 相談者は会社経営の50代女性。 娘の伴侶が入社し、手伝っているそうです。 孫も増えて、食事は10人以上で食べているとか。 問題は婿の食事のしかた 婿の食べ方の問題は、 …

身内だからって甘えてばかりいると

久さしぶりに友人に会いました。 彼女には妹がいて、とても仲のいい姉妹でした。 お互い結婚して子どもができてからも、同じ県内に住んでいるので時々会っていました。 子どもが大きくなってからはランチしたり映画や美術展に行ったり。 羨ましいなと思って…

読みそびれている本三冊

昔から本を読むのが好きなのに、なぜか読みそびれている本が何冊かあります。 何かの拍子で思いだし、まだ読んでいないなあ、でもとためらってしまうような本。 ウンベルト・エーコ「薔薇の名前」 薔薇の名前(上) posted with ヨメレバ ウンベルト・エーコ…

子どもの巣立ちは寂しいけれどいい面もある

この4月から働き始めた娘。 今はまだ研修が多く、本格的に仕事するのはこれからです。 久しぶりに会ったところ、のんびりとしたマイペースタイプの娘ですが、どことなくシャキッとしていて驚きました。 やっぱり会社に入るとそれなりの緊張感があるのでしょ…

10連休と言っても普段と同じかな

世間にはこの10連休をどうやって過ごそうかと計画が目白押しの方もいらっしゃるのでしょうが、ウチは特に旅行などの計画はありません。 まあ普通の週末と似た感じ。 でもいくつか予定はあります。 義母宅の掃除 掃除機をかけて庭木の剪定、草むしり。 もちろ…

敏感肌でも化粧品を使いたい

更年期に入ったころから化粧水を使っただけで赤くなったりかゆくなったりするようになりました。 もともとアレルギー体質で、若い頃も化粧水でかゆくなったことはありますが、それほどひどいものではなく、全体的に軽めですがスキンケアもメイクもしてきまし…

外食はおいしくてナンボのはず

先日、夫と二人で昼食にうどんを食べました。 ショッピングモールのフードコートによく入っているうどん屋さんです。 「おいしかった」の共有 食べ終わって食器を返すとき、店員さんがそばに立っていましたので「ごちそうさまでした」と言って食器を返しまし…

好きなことだけして生きるコツ

好きなことをして生きていけたらいいなとは誰しも思うのではないでしょうか。 でもすぐに、才能とか適性とか努力とか運とか、できない理由をどっさり思い浮かべてしまいます。 「「好きなこと」だけして生きていく。」(心屋仁之助 PHP文庫)を読みました。 …

電子マネーにしてみたけれど

普段の支払いはほとんど現金です。 クレジットカードもあまり使いません。 例外は交通系のICカード(イコカ)だけ。 もう切符を買うことはなくなりましたが、電車に乗る以外では使用していません。 思い切り世の中のキャッシュレス化の流れに逆らっています…

週1のこんにゃくを3か月続けた結果は

週一でこんにゃく1枚を食べ始めて3か月。 12枚のこんにゃくを食べたことになります。 今までの人生で食べた総量よりも多いんじゃないのかな。 こんにゃくはセラミドの原料グリコシルセラミドを含むために乾燥肌に効果があると本で読んで食べ始めました。 …