染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

料理研究家の暮らしのヒント

料理研究家ワタナベマキさんの、家しごとを楽しむ「毎日、こまめに、少しずつ」(知的生きかた文庫)を読みました。 おうちが仕事場のため、料理だけでなくほかの家事についてもすっきり暮らす工夫をされています。 ストックづくりのコツや、出汁をとるかと…

やっぱり保湿は大事らしい

毎年夏になると繰り返す首の強烈なかゆみ。 暑くなるのが早かった今年はかゆくなるのも早く、もうかゆくてかゆくてたまらない。 冷やしたりタオルでこすったり市販のかゆみ止めを塗ったり、なんとか誤魔化そうとしてきましたが、今年の猛暑には太刀打ちでき…

食欲がなくても面倒でも

連日の暑さで食欲も衰えがち。 それに暑い台所に長時間立ちたくありません。 手作りがいいのはわかっているけれど、こういうときは簡単にできて、かつ食べやすいものがありがたいです。 最近食べて、「いける」と思った3点をご紹介します。 永谷園「冷やし塩…

サザンの曲のように明るく生きたい

最近、ちょっとおかしいのかなと思います。 こんなことがありました。 近所のスーパーで買い物しているときのこと、店内にサザンの「涙の海で抱かれたい」が流れたのです。 かなり昔の曲ですが、夏や海のイメージがぴったりの、桑田らしい明るいメロディです…

自由に子どもをデザインできるなら

息子が子どものころ、愚痴とも本音ともつかないことを言っておりました。 「俺は、親から悪いところばかり受け継いでる」と。 私に対して言っていたので、母親からの遺伝だと言いたかったようです。 息子の言い分 1.目が悪い 私は超近眼で息子もメガネ・コン…

毛染めをやめたおかげで消えた4つの悩み

毛染めを止めて2年3か月ほどです。 染めることをやめたおかげで消えた悩みがいくつかあります。 薄毛になるのではという不安から解放された 白髪が出るのが早かった私は、30歳になる前から20年あまりにわたって白髪を染めてきました。 そのため50歳を過ぎた…

これもいちおうスポーツ観戦?

わざわざ放映時間を調べてまで見ようとは思わないけれど、テレビをつけてやっていたら見てしまうという番組があります。 それが「吉本陸上競技会」。 今年はもう終わってしまいましたが、かろうじて最後のマラソンだけ見ました。 マラソンにはいつものように…

家の中で何を着るか問題

「フランス人は10着しか服を持たない3」では、繰り返し、家の中でも素敵な装いをしましょうと書かれています。 1日中トレーニングウェアでいるのはやめましょうと。 マダム・シックの服装 作者がパリに留学したときに知り合ったマダム・シックは、シルクの…

やっぱり実のなる木が欲しい~

我が家のささやか過ぎるベランダ菜園は、中玉のスイートトマトが順番に赤くなってきています。 二つほどもいで小さく切り、バジルとクリームチーズと一緒につまようじにさし、オリーブオイル、黒こしょうをふりかけておつまみにしたりしています。 とってす…

それでも生きて行こうと思わされる「さきちゃんたちの夜」

久しぶりに吉本ばななの本を読みました。 「さきちゃんたちの夜」(新潮文庫)です。 同じ「さきちゃん」という名前だけど、違った年齢や境遇でそれぞれの人生を生きている女性を描いた5つの短編集です。 この前に読んだ「自分を愛すると夢は叶う」の印象が…

脂漏性皮膚炎に効くかもしれないけど糖質制限できる自信がない

脂漏性皮膚炎を改善しようと砂糖を止めて4か月が過ぎました。 かゆみは治まっていると言えると思います。 頭のフケ、赤み、額のカサつきは変化なしです。 効き目が中途半端なのは、砂糖を止めるだけでは足りないからではないかと思い始めています。 「甘い…

親子ケンカも刺激のうち、たぶん

足が弱ってきた独り暮らしの義母。 先日、ようすを見に行った夫が義母とケンカになったそうです。 原因はお風呂 夫いわく、義母が数日お風呂に入っていないようだったので(お風呂は夫が洗っているのでお湯はすぐにためられる)、自分がいる間に入ったらと勧…

宇宙からのサインを受けとめたい

何を隠そう、私はまったく「勘」の働かない人間です。 直感とか虫の知らせとか、「何となく感じる」ものと縁がありません。 しかし、こうした体質?も自分の気持ちひとつで変えることができるかもしれないと思うようになりました。 「あなたの願いが次々叶う…

男性がすすめる美肌になる方法

美肌になれる方法、ときくと興味あります。 簡単にできることならやってみたい。とりあえず聞いてみたい。 ただし男性が言ってることですが。 浅田次郎のエッセイ「ま、いっか」(集英社文庫)を読んでいたら、こうすれば美しい肌にすることができる方法につ…

一つ一つ片付けていく

津村記久子の「ポースケ」(中央公論社)を読みました。 タイトルはてっきり登場人物のあだ名か何かかと思ったら、ノルウェーの復活祭のことだとか。 内容は、気楽な響きのあるタイトルとはちょっと雰囲気が違いました。 「ポストライムの舟」から5年後の物…

エディー・ジョーンズに学ぶ

ラグビーワールドカップで日本に歴史的勝利をもたらしたヘッドコーチ、エディー・ジョーンズ。 彼がいかに日本代表チームを作り上げたかが書かれた本「ハードワーク」(講談社α文庫)を読みました。 帯に書かれているのは「成功したいなら、「日本人らしさ」…

こんな番組を見るなんて年取ったもんだ

最近、夫が楽しみに見ているテレビ番組を一緒にチラ見しています。 BS-TBSで毎週月曜9時から放映されている「吉田類の酒場放浪記」。 イラストレーターや俳人をしている吉田類というオジサンが、いろんな酒場で飲み食いするだけの番組です。 絵ズラはよくな…

農業高校がいい感じ「銀の匙」

肉や魚、野菜など食べるものはすべて店で買う。 生まれてからずっとそんな生活で、それが当たり前だと思ってきました。 しかし、当然ながら、店に出荷する肉や野菜を飼育・栽培している人がいるわけです。 「銀の匙」を読むと、そうした仕事に就くべく勉強す…

快眠のためにできること

毎日の生活で、つい寝不足になることは珍しくありません(W杯とか)。 睡眠不足が積み重なり、眠りの借金を抱えた状態のことを「睡眠負債」と言います。 睡眠負債が続くと、集中力の低下や肥満、うつ病、認知症、生活習慣病などのリスク上昇につながると言…

W杯が終わった……

負けてしまいましたね、ベルギー戦。 2点先取したときは、いけるんじゃないかと思ったけど。 もしかしたら、初のベスト8進出かと思ったけど。 次のブラジル戦も午前3時か、きついなーなんて早々に心配したけど。 残念でした。がんばっていただけに残念。 こ…

ちょっと楽しそうなイケメン評論家

世の中に職業はいろいろあれど、自分の能力や向き不向きを考えたときに、「いいなあ」と羨ましくなるような仕事は意外と少なかったりします。 その中でも、これは楽しいかもと思ったものがあります。それは、 イケメン評論家 これが報酬の入る仕事として成立…

急に頭に飛び込んできた曲「日曜日よりの使者」

普段ほとんど音楽は聴きません。家族がテレビで音楽番組を見ていたら一緒に見るくらい。ちゃんと聴いていないせいか、全く覚えられません。 耳に残るのはCМに使われている曲くらいでしょうか。 突然頭に飛び込んできた曲 そんな音楽に縁のない生活で、突然…

ビニール床にはメラミンスポンジが効いた

我が家の洗面所のビニール床。 掃除が苦手の私はいつも掃除機、ときどき雑巾で水拭きするだけでした。 こまかな凹凸に汚れが入り込み、水拭きではこすってもなかなか落ちない事態に。 夏場になって家族がみんな裸足になると、どうしても汚れがひどくなります…

「やまと尼寺精進日記」丁寧な暮らしのお手本

Eテレで月1回放映されている「やまと尼寺精進日記」。 奈良県桜井市にある音羽山観音寺でのご住職、副住職さん、お手伝いのまっちゃんの女性3人の暮らしを紹介している番組です。 6/24の「水無月楽し忙し梅雨近し」では梅雨前にしておかなくてはいけない仕…

自分を愛すればすべてうまくいく

ちょっと気恥ずかしくなるタイトルの本を読みました。 「自分を愛すると夢は叶う」(吉本ばなな 奥平亜美衣 マキノ出版)。 吉本ばななはよく知られた小説家、奥平亜美衣は引き寄せの法則についてのブログを書いたり本を出版している人です。 内容は二人の対…

これで首のかゆみが治まった

夏になると首(喉のあたり)がかゆくなります。 かくのはよくないとわかっていますが、かゆみが強く、ついかきむしってしまいます。 秋冬にはまったくかゆくなりませんので、たぶん汗にかぶれているとか、そんな感じでしょうか。 皮膚科でもらった薬(ステロ…

W杯見ながら食べたもの

やってくれましたね、コロンビア戦。 引き分けで勝ち点1を採れれば上出来だと思っていたのに、勝ち点3の勝利とは。 すごい。すごすぎる。 前日に大阪で起きた震度6弱の地震のせいで、本震がこれから来るんじゃないかという不安の中で試合を見ました。 おか…

アイスランドはすごい!35万人しかいないのに

開催中のサッカーワールドカップで強豪アルゼンチンと引き分けたアイスランド。 何に驚いたかってアイスランドの人口って35万人だそうです。 関西で35万人というと、奈良市(35万人)とか和歌山市(35万人)と同じくらいですよ。 それだけの人口の中から育っ…

殺し屋と少女の純愛映画

一度見てみたいと思っていた映画「レオン」を見ました。 リュック・ベッソン監督作品、1944年フランス・アメリカ合作作品。 ニューヨークの街が舞台なのに、室内に入るといきなりフランス映画っぽくなる映画でした。 ストーリー ジャン・レノ演じる殺し屋レ…

脂漏性皮膚炎に完治はない?

脂漏性皮膚炎と診断されてから2年が経過しました。 かゆみのコントロールはなんとかできているように思いますが、どうにもできていないのがフケと頭皮の赤み。 頭皮の赤みは痛くもかゆくもありませんから、自分さえ気にしなければ大丈夫と言えます。 でもフ…