染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

気分がふさぐ もしかして冬季うつ?

冬になると気分が塞ぐことが多くなります。 私は寒がりの冷え性のため、どうしても冬は何をするにも腰が重く、家にこもりがちになります。 その上、雨の日や曇天など、太陽の光が差さない日が続くともう、いいことなんて起こらない!というような悲観的な気…

気になる髪のつむじ割れ

2か月ほど前、髪をカットしてから頭のつむじから後頭部にかけて髪に分け目ができることが多くなりました。 長さは5センチほどですが、地肌が見えるのが気になります。 脂漏性皮膚炎で頭皮が赤いものですから。 ドライヤーをかければなんとか直せますが(直…

「夫の墓には入りません」そう思う女性は多いかも

夫の死後、婚姻関係を解消する女性が増えていると、テレビでやっていました。 その理由は夫の親族。 まさしくこれをテーマにした小説を読みました。 「夫の墓には入りません」(垣谷美雨 中公文庫)。 ストーリー 44歳の夏葉子は突然、2歳年上の夫を脳溢血…

パリの顔もいろいろ

パリの女性、と聞いただけである一定のイメージがわきます。 流行りに流されず自分に似合う服だけを頑固に着続け、食べたいものを食べ、年をとっても女であることを忘れない、など。 パリに関するエッセイは、そうした面をクローズアップしたものが多いと感…

「メンタリスト」は突っ込みどころの多いドラマ

最近見始めた海外ドラマがあります。見たのは3話だけですが。 2008~2015年まで放送されていた、アメリカの刑事ドラマ「メンタリスト」です。 人間心理に精通しているメンタリストである主人公が、犯罪コンサルタントとして捜査に加わり事件を解決します。 …

引き寄せを忘れないために毎朝願いを書くことにした

引き寄せの法則の本を読んだあと、ちょっとイイことがあったりしたので、このまま続けて行きたいと思っています。 本を読んで影響されたときは「やろう!」と思うものの時間がたつと忘れてしまうんですよね。 結局、「引き寄せで願いを叶えた」と言えるほど…

ノートを使ってお金の不安をなくす

「お金の不安が消えるノート」(田口智隆 知的生き方文庫)という本を読みました。 お金に関する不安、ありますから。 作者はギャンブルや酒で500万の借金を抱えたものの、ノートを付けることで2年で借金を返済し、「経済的自由」を手に入れた人。 使ったお…

グレーヘアにすると老けるって本当?

もう毛染めを止めて自然な髪色で暮らしたい。 そう思う人の一番の懸念は「今よりずっと老けるのでは?」ではないでしょうか。 白髪染めを止めてもうすぐ3年になる私の考えを述べたいと思います。 想像したほどではない 私の髪はグレーはグレーでも白に近い色…

「食べれば食べるほど若くなる法」を読んだ

最近、肌のたるみやシワが気になります。 なんとかしたいけれど化粧品は使えない。 更年期になったころから肌が弱くなり、化粧水でもかゆくなったりブツブツができたりするのです。 そこで「食べれば食べるほど若くなる法」(菊池真由子 知的生きかた文庫)…

今年最初の「やまと尼寺精進日記」

NHKのEテレで月一回放送している「やまと尼寺精進日記」。 1月27日は「睦月おかゆづくしで春想う」でした。 新年 お正月、お寺に参拝に来る人たちに、温かいぜんざいやおでんをふるまうご住職、副住職さん、そしてお手伝いのまっちゃん。 まっちゃん手製の福…

スパッツ2枚重ねはいい感じだけど

長年の冷え性を改善しようとスパッツ2枚重ね(五分丈と十分丈)を始めました。 参考にしたのは「新 自分で治す「冷え性」」(田中美津 マガジンハウス社)です。 スパッツ2枚に靴下も2枚、腹巻をプラスしています。 2枚重ねを始めて変わったかな、と思うこ…

副業でやりたいことをする人たち

先日テレビを見ていたら、本職からは想像もつかないような副業をしている女性を紹介していました。 副業の例ふたつ 1人目の女性は平日は住職さん。 女性の住職さんというだけでも珍しいですね。 宗派では髪は剃らないでもいいそうで、長い髪をまとめていまし…

これも引き寄せ?最近あったイイこと

最近、引き寄せを意識するようにしています。 するとちょっとイイことが起こりました。 あ、最初に言っておきますが、めっちゃささいなことです。 息子が…… 息子が私に紅茶を買ってきてくれたのです。 普段そんなことしない子なのですよ。 いつもは数百円の…

メモには魔力があるらしい

「メモの魔力」(幻冬舎)という本を書いたのは前田裕二さんという方。 仮想ライブ空間「SHOWROOM」を立ち上げた人というより、女優の石原さとみと熱愛報道された人と言ったほうがわかりやすいでしょうか。 テレビに出演中もメモっている姿を見て、なにをそ…

夫がインフル!そのとき義母は

この前の三連休直前、夫がインフルエンザにかかってしまいました。 予防接種はしていましたが、去年の年末辺りから体調を崩しがちだったので、免疫力が低下していたのかも。 熱が38.5度まで上がって休みの間中ずっと寝ていることになりました。 ちょうど連休…

そうか、妄想って大事なんだ

引き寄せの法則には興味がありますが、読んだ本は一冊だけ。 「「引き寄せ」の教科書」(奥平亜美衣 Clover出版)です。 ある作家が好きになると何冊も読むのですが、引き寄せに関してはこれ一冊で充分だと思ってきました。 でも最近もう一冊読みました。 「…

自己肯定感は自分で高めることができる

私はどちらかというと自分に自信のない方です。 周りが引くほど自信満々な人間になりたいわけではありませんが、どんな場合でも堂々としていられるような人になりたいとは思います。 そこで「「自己肯定感」が低いあなたがすぐ変わる方法」(大嶋信頼 PHP研…

よくわからんけどおもしろかったような

アマゾンプライムで映画を見ている息子に付き合って一緒に映画を二本見ました。 1つは「インターステラー」、もう一本は「メメント」。 どちらも「インセプション」のクリストファー・ノーラン監督作品です。 「インター・ステラー」も「メメント」もどちら…

肌断食に逆もどり

スキンケアをしない肌断食をして4年。 脂漏性皮膚炎のため額がカサつくのを抑えようと、最近また化粧水を使い始めました。 最初はよかったのですが、いくらもたたないうちにかゆみ、吹き出物が出始めました。 種類を変えて続けようとしたのですがかゆみはな…

ペッパー君とらくがき

ペッパー君っていますね。ロボットの。 テレビで彼を見るたびに、よくわからないモヤモヤを感じていたのです。 うーん、何だろう、この気持ち。 先日、店頭で初めてナマのペッパー君を見て、そのモヤモヤの正体がわかりました。 らくがきしたい。 あの顔に、…

ブログを読んで老後の参考にする

自分の老後について、具体的な展望は持っていません。 健康であればとか、普通に暮らしていけるお金があれば、くらいは思っていますが。 最近、あるブログを見つけました。 ブログ主は60歳で起業した女性。 年金だけでは苦しいので、少しでも足しにするため…

疲れた心には禅の言葉

あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 以前「シンプルに生きる」(ドミニック・ホーロー)を読みましたが、そこにはあちこちに禅の考え方が見えました。 禅っていったい何なんだろう。 わかりやすい本はないかと「道元「禅」…

絹の五本指ソックスって気持ちいいのかな

長年の冷え性を何とかしたいと、「体を温める、わたしの習慣」(リンネル特別編集 宝島社)を読んでみました。 表紙は女優の吉田羊さん。冷えとりを実践してもう7年になるのだそうです。 靴下の重ねばき 吉田羊さんの他、冷えとりや体を温める習慣を持って…

義母宅を掃除して思ったこと

独り暮らしをしている90歳近い義母は、もう家事はできません。 ヘルパーさんは頼んでいないため、掃除や庭の草むしり、剪定は夫と私が1か月に1回する程度。 きれいとは言い難いですが、これ以上は無理なので考えないようにしています。 大掃除、のはずが 普…

パリのエッセイを読んでも真似できない

最近、パリについて書かれたエッセイを読みました。 パリの女性の暮らしぶりが書かれているのかと思いきや、セレブな人たちの話だったようで。 一応最後まで読んだはずなのですが内容が残っていません。 あまりにも自分とかけ離れた人達のことは、興味の持ち…

キッチンの天井の油汚れにはセスキが効く

キッチンの天井、換気扇近くに油汚れがあります。 天井は白なので、茶色の油汚れはなかなか見苦しい。 何年か前、劇落ちくんで汚れをこすって見たところ、油染みが広がってしまいました(泣)。 それ以来、見て見ぬふりをして放置してきましたが、換気扇と同…

シュワッキマセリーって外国語だと思っていた

先日近所のスーパーで買い物中、店内にはクリスマスソングが流れていました。 「もろびとこぞりて」を聞くともなしに聞いていたら一緒にいた夫が、「主は来ませりって連呼してるな」と呟きました。 ああそうね、と頷きかけて、はて、と引っかかりました。 主…

こんな仕事があったらおもしろい

津村記久子のお仕事小説、「この世にたやすい仕事はない」(新潮文庫)を読みました。 主人公の「私」は前職をストレスで止め、職安で紹介された仕事につくのですが、これがまた一風変わった仕事ばかりなのです。 ヘンな仕事いろいろ 最初の仕事は「みはりの…

冷え性改善に取り組みたい

私は若いころからの冷え性です。 子どもが小さかった頃、冷え性が治ったのではと思ったこともありましたが、今から思うと単にじっとする時間が少なかっただけのよう。動いていれば体は冷えません。 好きなだけ本を読める今では、冬になると足が冷えて辛いで…

高須院長の言葉に納得したりがっくりきたり

イエス!高須クリニック!の高須院長が美容について語ったことをネットで探しては読んでいます。 なんで高須院長かというと、最近パートナーの西原理恵子の本を読んだから。 somenai.hatenablog.com 老けない顔のつくり方 院長が、老けない顔にするために何…