染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

テレビ、映画、マンガ

Amazonプライムで映画・ドラマ三昧?

息子がアマゾンプライムに入っているので、最近は映画や昔のドラマを見ることが増えました。 と言っても、息子や娘が見ているのを一緒になってみる程度ですが。 映画やドラマ三昧というと楽しそうですが、そうでもなかったりします。 見過ぎると疲れる 当た…

いま見ても結構おもしろい「トリック」

19年前のドラマ、「トリック」を見ました。 テレビ朝日で放映されていたドラマで、第2シリーズ、第3シリーズ、劇場版、スペシャルと数多くの作品が作られています。 私が見たのは第1作で、2000年の放映です。 仲間由紀恵のマジシャンと阿部寛の大学助教授が…

「メンタリスト」は突っ込みどころの多いドラマ

最近見始めた海外ドラマがあります。見たのは3話だけですが。 2008~2015年まで放送されていた、アメリカの刑事ドラマ「メンタリスト」です。 人間心理に精通しているメンタリストである主人公が、犯罪コンサルタントとして捜査に加わり事件を解決します。 …

よくわからんけどおもしろかったような

アマゾンプライムで映画を見ている息子に付き合って一緒に映画を二本見ました。 1つは「インターステラー」、もう一本は「メメント」。 どちらも「インセプション」のクリストファー・ノーラン監督作品です。 「インター・ステラー」も「メメント」もどちら…

樹木希林は興味深い人だった

9/21の「ぴったんこカンカン」では、樹木希林の追悼特番を放映していました。 これまでに出演した時の名場面を振り返るというもの。 豪邸 安住アナは、コンクリート打ちっぱなしの希林邸の外観を、「府中刑務所みたい」と言っていました。 中に入れば、濃い…

才能に恵まれたからこその苦しみ「セッション」

「セッション」という映画を見ました。2014年のアメリカ映画です。 大きな動きのない映画ですが、非常におもしろかったです。 ストーリー 偉大なドラマーになることを夢見てシェイファー音楽院に進学したニーマンは、フレッチャー教授に声をかけられ、スタジ…

米倉涼子より渡辺えりに目がいく

先週、「ぴったんこカンカン」を見ていたら、安住アナウンサーと女優の米倉涼子がスペインに行っていました。 途中から見たので、なぜにスペインなのかわからないのですが、米倉涼子がそこそこスペイン語をしゃべっていたので、スペイン好きなのかも。 突然…

またしてもホラー映画を見た「シャイニング」

ホラーは好きではないと言いつつ、また見てしまいました。 スタンリー・キューブリック監督の「シャイニング」。 1980年に制作されています。 以前に見たことがあるので、それほど怖がることもなく落ち着いてみることができました。 ストーリー 小説家志望の…

このアニメを見ると子育て期を思い出す

先日、平日なのにたまたま家にいた息子と娘(二人とも大学生です)。 邪魔だなと思いつつ、3人でだらだら過ごして適当に昼食を食べ、コーヒーでも飲もうとしたとき、息子がアマゾンプライムで「ワンピース」のアニメを見始めました。 久しぶりに見た 久しぶ…

勝新ってかっこいい

「勝新ってかっこいいよな」と息子が言うのです。 かつしん? 俳優の勝新太郎のことです。往年の映画スターですね。 最初聞いたときは平成生まれの息子が勝新を知っているとは思わず、何の話なのかわかりませんでした。 50代の私でも、名前と中村玉緒と結婚…

ホラーを見るつもりはなかったのに

映画でも小説でもホラーは苦手です。 絶対に見ない!何が何でも、一生見るつもりはない!とまでは言いませんが、自ら進んでみる気はありません。 だって怖いもん。 わざわざ怖い思いしたいのがよくわからない。 ところが娘が「IT/イット それが見えたら、終…

欲しいモノに情熱かけるっていいかも

不用品を処分する断捨離、あるいは必要最低限のモノで暮らすミニマリストの人々からすると、とんでもないと言われるかもしれませんが。 「世界はほしいモノにあふれてる」という番組を見ました(NHK 木曜夜10時45分~11時10分)。 バイヤーさんたちが世界の…

キアラ・セトルのすばらしい歌声

「グレイテスト・ショーマン」を見ました。 ヒュー・ジャックマン主演のミュージカル映画です。 「ラ・ラ・ランド」の曲を手掛けたコンビが楽曲を担当しています。 19世紀の興行師P.T.バーナムが自身のサーカスを成功させるまでを描いています。 ストーリ…

これもいちおうスポーツ観戦?

わざわざ放映時間を調べてまで見ようとは思わないけれど、テレビをつけてやっていたら見てしまうという番組があります。 それが「吉本陸上競技会」。 今年はもう終わってしまいましたが、かろうじて最後のマラソンだけ見ました。 マラソンにはいつものように…

こんな番組を見るなんて年取ったもんだ

最近、夫が楽しみに見ているテレビ番組を一緒にチラ見しています。 BS-TBSで毎週月曜9時から放映されている「吉田類の酒場放浪記」。 イラストレーターや俳人をしている吉田類というオジサンが、いろんな酒場で飲み食いするだけの番組です。 絵ズラはよくな…

農業高校がいい感じ「銀の匙」

肉や魚、野菜など食べるものはすべて店で買う。 生まれてからずっとそんな生活で、それが当たり前だと思ってきました。 しかし、当然ながら、店に出荷する肉や野菜を飼育・栽培している人がいるわけです。 「銀の匙」を読むと、そうした仕事に就くべく勉強す…

殺し屋と少女の純愛映画

一度見てみたいと思っていた映画「レオン」を見ました。 リュック・ベッソン監督作品、1944年フランス・アメリカ合作作品。 ニューヨークの街が舞台なのに、室内に入るといきなりフランス映画っぽくなる映画でした。 ストーリー ジャン・レノ演じる殺し屋レ…

知らない俳優がいっぱい

映画好きの娘が「スクリーン」という雑誌を買ってきました。 懐かしい! 私も高校生の頃、よく買っていました。今でもあるんですね~。 「読者が選んだ年間ベストテン SCREEN映画大賞2018」という特集がありました。 リストアップされた名前を見て、ショック…

少女マンガが教えてくれる「私の居場所」

1/28付け朝日新聞の書評欄で、少女マンガを研究しているトミヤマユキコ氏が少女マンガを紹介していました。 トミヤマさんは、人生が何もかも行き詰まっていた20代後半に少女マンガを読んで、「あなたはこの世界にいてよい人である」というメッセージに救われ…

「マイ・インターン」確かにクラシックは不滅かも

「マイ・インターン」という映画を見ました。 主演のアン・ハサウェイは小さな顔に抜群のプロポーションで、まるでマネキン人形のような美しさ。 そして昔、「ゴッドファーザーⅡ」や「アンタッチャブル」でアル・カポネをやっていたロバート・デ・ニーロがと…

大人になってハマったマンガ

小学校から中学校まで少女マンガにどっぷりはまっていましたが、高校からは離れてしまいました。 マンガをまた読むようになったのは、自分の子どもが読む年齢になってからです。 大人になってから夢中になって読んだマンガがいくつかあります。 ドラマがきっ…

くっきーの顔マネが衝撃的

始めて「くっきー」という芸人を見たのは、くりーむしちゅーの有田がやっている「全力!脱力タイムズ」という番組でした。 なかなかインパクトのある顔だったのです。 白塗りの顔マネ 顔全体を白塗りにして、黒い線でシワやら表情線を描き込んだ顔マネ?が非…

私の好きなジブリアニメ ベスト5

子どもが小さなころからジブリアニメに親しんできました。 今でも時折見ます。 私の独断と偏見で決めたランキングがこちらです。 1位 千と千尋の神隠し ジブリ作品のヒロインはしっかり者の美少女が多いのですが、千尋は最初はろくに挨拶もできないような頼…

「レイチェルのパリの小さなキッチン」のレイチェル自身が魅力的

NHKのEテレで放映されている「レイチェルのパリの小さなキッチン」。 まるでフランス映画を見ているようにおしゃれで毎回楽しみにしています。 極小のキッチンには物がごちゃごちゃ置かれていますが、その生活感あふれるさまがまたよくて、じっくり観察した…

「レイチェルのパリの小さなキッチン」は可愛くておしゃれ

NHKのEテレで放送されていた「レイチェルのパリの小さなキッチン」が、また始まりました。 イギリス人でパリに暮らす料理人、レイチェル・クーが自分の暮らすアパルトマンの小さなキッチンで、数々のフランス料理を紹介する番組です。 2席のみの小さなレス…

40年ぶりの「ポーの一族」

萩尾望都の「ポーの一族」を友人に借りて読んだのは中学のときだったでしょうか。 バンパネラの物語に夢中になった記憶があります。 買い物のついでに本屋に立ち寄ったら、最新刊の「ポーの一族 春の夢」が目に入りました。 そう言えば、久しぶりに「ポーの…

「愛してたって、秘密はある」きれいな字はいいもの

ずっと前から思っていることに、「字が上手になりたい」というものがあります。 昔に比べて実際に手で字を書くことは激減しましたが、それでも住民票をもらうために住所氏名を書くようなときでさえ、もっと字が上手ければなあと思います。 若い頃は友人の結…

黄金原聡子、いいなずけになる

NHK「LIFE!」が8月14日に放映されました。 娘が録画していましたが、私は「ムロマチ」しか見ていません。黄金原のファンなんです。 海辺でバーベキュー 今回のムロマチは「ムロ軍団の休日」と題して、ムロツヨシ、阿佐ヶ谷姉妹、「ラバーガール」の大水洋介…

50代で見た「ローマの休日」の感想とは

昔懐かしい映画「ローマの休日」を見てきました。 20代の頃に見て以来、久しぶりです。 オードリー・ヘップバーンと、グレゴリー・ペックの恋愛映画です。 お金をふんだんにかけたハリウッドの超大作を見慣れた目には、こじんまりとした作りの映像がかえって…

樹木希林がなんかいい

三井のリハウスのCMに出ている樹木希林さん。 死んだ後に幽霊となって家族の前に現れ、その姿は孫娘だけが見ることができる、というCMです。 可愛いワンピースを着ているのに、単なる「可愛いおばあちゃん」ではないです。 年齢や経験など、いろんなものに裏…