染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

日々考えること

生まれ変わったら何になりたい?

生まれ変わったらやりたい仕事は?というアンケートの答えが、朝日新聞に載っていました。 388人から回答があったそうです。 1位 俳優、芸能人、モデルなどスポットライトを浴びる仕事 ・・・30人 2位 教師・・・23人 3位 医師・・・17人 上記以外にはキャビ…

なんとな~く日が流れる こんな日常はマズイ

新しい年が明けたと思ったら、もうこんなに日がたってしまいました。 何をしたという記憶もないままに、今年の残りも4か月を切りました。 本当に、年を取るにつれて日の過ぎるのが早く感じられます。 江戸時代には 江戸時代の庶民は、除夜の鐘を聞きながら、…

将来への不安を感じるのは想像力のせい

老後のことを思うとき、せいぜい老後資金を貯めないと、くらいのことしか思いつきません。 うんと年を取った時、自分がどんなふうになるかなんて想像できませんしね。 ちゃんと計画立てて生きていても、思いもよらぬ形でうまくいかなくなることもあるようで…

毎日出かける引きこもり

新聞のお悩み相談欄で、40代の引きこもりの息子についての相談を読みました(相談者は母親)。 毎日出かけているのに引きこもり 不思議に思ったのは、この息子さんは平日は朝7時から夕方5時まではどこかへ出かけているそうなのです。 仕事はしていないよう…

義母の自慢話は娯楽?

1人暮らしの義母のところへ行くと、昔話ばかり繰り返します。 ずっと家にこもっていて(歩けるけれど、足腰弱っているため一人では出歩きません)、人にも会わないので、どうしても思い出の中に生きることになってしまうのでしょう。 最近は、義母の実家が…

年取ると親に似てくるって本当だった

若い頃は似ていなくても、年を取るとともに親に似てくると言いますね。 私自身は子どものときから母親には全く似ていなくて、人にも似ていると言われたことは一度もありません。 顔も体質も性格も、どちらかというと父親似だと思います。 私の子ども達が小さ…

一生、食器を集めることはなさそうな気がする

器好きの女性って多い気がします。 丁寧な暮らし、おしゃれな暮らしには、もれなくおしゃれな食器がつきものですものね。 先日の「世界は欲しいモノにあふれてる」(NHK 木曜夜10時45分~)ではフィンランドで食器を探す、オンラインショップの日本人の社長…

いまだに慣れないエレベーターのボタン

日々年を取っているわけですが、それを実感することが毎日あるわけではありません。 まあ鏡を見れば明らかですが、幸か不幸か眼が悪いので、老化がそれほどはっきり見えなかったりします。 でも一つだけ、すぐに慣れるだろうとタカをくくっていたのに、いま…

竹田城跡をチラ見

三朝温泉からの帰り、竹田城跡を見て帰ろうということになりました。 頭の中には、どこかで見た雲海に浮かぶ竹田城跡の写真が浮かびます。 見たい!行こう!ということで向かいました。 通行止め 車で行けるところまで行ったあと歩いて15分ほどで行けるルー…

あまり食べない者がバイキングを楽しむには

涼しい高原を離れ、泊まったのは三朝温泉の三朝館という旅館。 ごく普通の旅館で、温泉に入った後、夕食へ。 夕食と翌日の朝食はバイキングでした。 食の楽しみ 食べることの楽しみは、何と言っても「おいしいもの」を食べることですね。 超一流の食材や料理…

高原で泊まりたかった

先日家族で一泊旅行に行ってきました。 行き先は鳥取の三朝温泉。 行き先は夫が決めて息子が意見を言い、私と娘はついて行くだけ。 最初に大山に寄りました。 ヒルゼン高原センター 最初は蒜山のヒルゼン高原センターに行ってみました。 遊園地があったりジ…

人気店なのになぜか買い物できない

安くて人気のお店はいろいろありますが、なぜか買いにくいという店があります。 店の陳列の仕方が馴染めないというか、探しにくいというか。 買う気があって店に行っているのに、買わずに帰ることがほとんどなのです。 GU ターゲットが10代後半から30代前半…

考えてみれば自分の旅行鞄がない

この夏、家族で一泊旅行に行くことになって、はたと気が付きました。 自分の旅行鞄がない。 夏の一泊なので荷物は多くありません。ホテルに泊まるのでパジャマやタオルもいらないし、移動は車です。 子ども二人はリュックで行くようです。 夫は出張などに使…

話をさえぎるクセは加齢のせい?個人の性格?

少し前のことですが、友人二人と会いました。 同年齢で会うのは1年ぶりということもあって、積もる話に花が咲いたのですが、気になることが。 話をさえぎられる 話しているうちに、友人Aが頻繁に人の話をさえぎることに気が付きました。 私の話も、もう一人…

最近悩みのにおい

好きではないにおいが漂ってくると、悩ましいですよね。 鼻にフタはできないので、逃げようがありません。 最近困っているにおいがあります。 芳香剤? 悩みのタネは、ご近所から流れてくる芳香剤らしきにおいです。 柑橘系のようなにおいで、少々きつめ。 …

今さらながら体重が減ると足も細くなることに気付く

その昔、10代の頃の私の一番のコンプレックスは、 足が太い ことでした。 太ももが太いなら、スカート履けば隠れます。ところが私の場合、太いのはふくらはぎ。 まるで子持ちシシャモのように膨らんでいました。 ピタッとしたパンツなど穿こうとしても、まず…

絶対に買わないだろうけど欲しいもの

一生買うことはないだろうけれど、一度は手元に置きたいと思うものがあります。 それはドールハウス。 小さなものが好きなので、精巧に作られたミニチュアのものを見ると引き寄せられてしまいます。 そして童心に帰ります。 お人形遊びの好きだった幼い頃に…

この先やってみたいこと

この先、老後になったらやってみたいと考えていることがあります。いつから老後なのかという疑問もありますが、とりあえず夫の定年後ということで。 今のところ思い浮かんでいるのは次の3つ。 家庭菜園 1つめはベランダでしている家庭菜園。 もし夫が定年後…

消臭効果バツグンの洗濯洗剤

独り暮らしの義母の洗濯を代わりにしているのですが、悩みのタネは時ににおう尿臭。 洗剤を入れ、ワイドハイターEXを入れ、しっかり日に干して乾かしても取れません。 調べた結果、「アタック消臭ストロング」という洗剤が効果ありとわかったので、早速使っ…

多肉植物が成長したらなんだか不気味な姿に

何年か前、本屋で見かけて買った本があります。 「ひみつの植物」(藤田雅矢 WAVE出版)です。 ひみつの植物 posted with ヨメレバ 藤田 雅矢 WAVE出版 2005-04-01 Amazon Kindle 楽天ブックス ガラス細工のようなハオルシア、石ころのようなリトープスなど…

好きなミステリー作家5人

中学時代からミステリーが好きになり、今に至るまで読み続けてきました。 一冊読んで好きになるとその作家ばかり読む傾向があるので、読む範囲は広くない方だと思います。 好きな作品、となるとなかなか絞れないので、作家を何人かあげてみたいと思います。 …

世の中いろんな人がいる

世の中にはいろんな人がいるなあと思います。 頭の中ではわかっているつもりですが、いざ、自分とは全く違う人を見ると、ただただ驚いたり感心したり。 世間の狭い私が「世の中にはいろんな人がいる」ことを知る機会の1つが、NHKの「ドキュメント72時間…

ガチャガチャは子どもだけのものではないらしい

ガチャガチャ、というものがありますね。 お金を入れてハンドルを回すと、カプセルに入ったおもちゃやフィギュアが出てくるという。 私がよく行くスーパーにも置いてあります。 と言っても、そばを通るときに目の端でとらえるだけでよく見たことはありません…

サザンの曲のように明るく生きたい

最近、ちょっとおかしいのかなと思います。 こんなことがありました。 近所のスーパーで買い物しているときのこと、店内にサザンの「涙の海で抱かれたい」が流れたのです。 かなり昔の曲ですが、夏や海のイメージがぴったりの、桑田らしい明るいメロディです…

自由に子どもをデザインできるなら

息子が子どものころ、愚痴とも本音ともつかないことを言っておりました。 「俺は、親から悪いところばかり受け継いでる」と。 私に対して言っていたので、母親からの遺伝だと言いたかったようです。 息子の言い分 1.目が悪い 私は超近眼で息子もメガネ・コン…

やっぱり実のなる木が欲しい~

我が家のささやか過ぎるベランダ菜園は、中玉のスイートトマトが順番に赤くなってきています。 二つほどもいで小さく切り、バジルとクリームチーズと一緒につまようじにさし、オリーブオイル、黒こしょうをふりかけておつまみにしたりしています。 とってす…

親子ケンカも刺激のうち、たぶん

足が弱ってきた独り暮らしの義母。 先日、ようすを見に行った夫が義母とケンカになったそうです。 原因はお風呂 夫いわく、義母が数日お風呂に入っていないようだったので(お風呂は夫が洗っているのでお湯はすぐにためられる)、自分がいる間に入ったらと勧…

男性がすすめる美肌になる方法

美肌になれる方法、ときくと興味あります。 簡単にできることならやってみたい。とりあえず聞いてみたい。 ただし男性が言ってることですが。 浅田次郎のエッセイ「ま、いっか」(集英社文庫)を読んでいたら、こうすれば美しい肌にすることができる方法につ…

ちょっと楽しそうなイケメン評論家

世の中に職業はいろいろあれど、自分の能力や向き不向きを考えたときに、「いいなあ」と羨ましくなるような仕事は意外と少なかったりします。 その中でも、これは楽しいかもと思ったものがあります。それは、 イケメン評論家 これが報酬の入る仕事として成立…

急に頭に飛び込んできた曲「日曜日よりの使者」

普段ほとんど音楽は聴きません。家族がテレビで音楽番組を見ていたら一緒に見るくらい。ちゃんと聴いていないせいか、全く覚えられません。 耳に残るのはCМに使われている曲くらいでしょうか。 突然頭に飛び込んできた曲 そんな音楽に縁のない生活で、突然…