染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

50代からの健康

スクワット1か月半

できるだけ体を動かそうと思い、今まで続けていたウォーキングに加えてスクワットを1日20回×2しています。午前中と、夜になると忘れやすいので夕方に。 スクワットを始めてまだ1か月半ですが、感じた変化を書きます。 体重が減った 減ったと言っても1㎏だ…

腸のためには食物繊維

1月14日放映の「NHKスペシャル」は「万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった」という内容でした。 腸には免疫細胞が大集結 腸にはウイルスや病原菌などの外敵をやっつけてくれる免疫細胞が、全体の約7割も集結しています。 ところが、この頼もしい免疫細胞が暴…

頻尿を治すには

最近、親戚の70代の女性が頻尿に悩まされているという話を聞きました。 1時間ほどでトイレに行きたくなるため、楽しみにしていたバス旅行もご無沙汰だとか。 せっかくの老後の楽しみを諦めなくてはいけないなんて残念です。 私も他人事ではありません。 先日…

寒さに負けない工夫

寒さが厳し衣毎日ですが、できれば日中一人で家にいる間は暖房は使いたくないと考える人もいます(私もその一人)。 寒さに対処するべく、いろんな人が日ごろ気を付けていることについて朝日新聞に載っていたので紹介します。 お日様を取り入れる 晴れた日は…

「死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい」ってホント?

現在ウォーキングはしているけれど、どうしても歩けない時もあります。 特に雨の日などは傘をさして歩こうと思っても、つい億劫になってしまいがち。 それに、歩くだけでは筋肉はつかないというのを聞いたことがあります。 そんなとき本屋で見つけたのが「死…

冷え性対策

寒くなってきて、冷え性の人には辛い季節がやってきました。 冷え性外来をしている渡邉医師が「冷えを撃退」という連載記事を朝日新聞に書いていましたのでご紹介します。 冷え性とは 普通の人は寒さを感じないような温度の中でも手足や下半身などの体の一部…

ただ今ウォーキング強化中

最近、ウォーキング量を増やしています。 というより、単に外出回数を1日1回から2回に増やしただけですが。 最初万歩計をつけて歩いてみると、2回の外出で合計1万歩を超えることがわかりました。 でも歩数にはこだわらないので、今は万歩計はつけていま…

座りっぱなしは危険!

先日読んだ「あらゆる病気は歩くだけで治る!」(青柳幸利 SB新書)に、とても気になる一節がありました。 家の中だけの生活を余儀なくされたとしても、座らないライフスタイルをめざしてみてください。座っている時間が10時間以上になると、がんが増えるこ…

ただ歩くだけではだめ 歩く「質」が大事

スポーツもせず、家にこもりがちの私が唯一している運動はウォーキングです。 とは言え、真夏は暑さのためにサボっていましたから、秋になってようやく再開しはじめたばかりです。 週に3日くらいですが、これでも頑張っているほうだと思い込んでいました。 …

「1日1回体を温めるともっと健康になる!」

暑かった夏が去って秋になると、涼しさと一緒になってやってくるのが「冷え」。 私の場合、ほぼ、涼しい=冷えるという状態です。 まだ寒くないからと薄着でいると、太ももや下腹の当たり、膝から下がひんやりしてきます。 暑い夏の間は考えたくもなかった血…

最近感じる手のこわばり

最近、朝起きた時、手がこわばります。 うまく握ってグーができず、無理に握ろうとすると痛みます。 力も入れにくく、炊きあがったご飯をしゃもじでかき混ぜるのに苦労するくらい。 でも30分ほどたつと、普通に動かせるようになります。 こわばりがひどいの…

眼にいいと思ってやっていたことがよくなかった

朝、洗顔のついでに水をためた手のひらの中で眼をぱちぱちさせるのが日課でした。 右目をぱちぱち、左目をぱちぱち。もう一度同じことを左右で繰り返します。 いつ頃から始めたのか、誰かに聞いたのか読んだのか、まったく覚えていないのですが、もう何年と…

「視力を失わない生き方」

中学一年で初めてのメガネを買って以来、メガネ(一時期はコンタクトも)とは縁が切れないまま生きてきました。 ここ何年も胸の片隅に不安があって、それは50もすぎているのに、いまだに近視の度が進んでいるという事実です。 本屋で「視力を失わない生き方…

アンチエイジングという言葉はよくないのか

少し前、アメリカの女性誌「allure(アルーア)」の編集長が「アンチエイジングという言葉はもう使わない」と宣言したことがニュースになってしました。 ミッシェル・リー編集長は、 アンチエイジングという言葉によって、「加齢とはたたかわなくてはならな…

いつになく暑さがこたえるのは更年期のせい?

今年は暑い!と喚きたくなるくらい暑い毎日です(関西在住です)。 もうぐったりして、やる気もなにも起きません。 しかし、もともと寒がりで冷え性の私は、冷房で冷えない限りは夏の暑さはそれほど嫌いではなかったのです。 ただ暑いだけじゃない気がする …

暑い時期にどうウォーキングするか

暑くなり始めてからウォーキングをさぼっています。 日焼けが気になるし、もしかして熱中症で倒れたらどうしようという不安も。 早朝や夜に歩けばいいのですが、なかなか出掛けにくいです。 歩かない日が続くと体重はジリジリ増えているし、体調もイマイチな…

頭皮はまだ回復していない

先日美容院に行ってカットをしてもらいました。 前回行ったとき、頭が皮膚炎であることを言い、シャンプーのときは刺激の少ないもので強くこすらないようにお願いしました。 おかげで後になってもかゆみも乾燥も感じることはありませんでした。 なので、ちょ…

肌のかゆみはとにかく冷やす

毎年夏になると首のかゆみに悩まされています。 梅雨の頃に始まり、暑い間中ずっと続きます。 できるだけかくのを我慢しようとしますが、我慢しきれずかきむしってしまい、皮膚は赤くざらついて、まるで火傷でもしたかのようになります。 毎年皮膚科に行って…

スキンケアをやめてみれば

私は普段スキンケアをしません。 シャンプーを止めて湯シャンにするのとほぼ同時にスキンケアも止めたので、もう3年近くになります。 外出の際はおしろいや日焼け止め、口紅など使います。 そうしたものを付けた日は石けんで顔を洗いますが、何もつけなかっ…

「肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい」

夫は寝ているときによく咳をします。風邪をひいているわけでもなさそうなのに。 食べているときにむせることも多くなりました。 私自身も、食べているものがのどにつかえて戻すことも飲み下すこともできずに苦しむ、ということを二、三度経験しました。 不安…

坐骨神経痛をやわらげる

半月ぐらい前から、長く座っていると太ももの裏が痛むようになりました。 2時間もすると、じっとしていられなくなってお尻をもぞもぞ動かしてしまいます。いったん立って歩き回れば、また座れます。 日常生活に支障は出ていませんが、歩いているときも太も…

噛むことの大切さ

4月22日の朝日新聞に、千葉市で行われた「朝日 健康・医療フォーラム2017」での専門家の意見が載せられていました。 運動の大切さや認知症の予防などについて語られていた中で気になったのは、「噛む」ことの大切さについてです。 噛むことは全身の健康と…

歩くことの効能

歩くことが体にいいことは広く知られています。 ふくらはぎや太ももの筋肉はポンプ作用によって血液を心臓に送り戻し、体中の血流をよくします。 だから第二の心臓と呼ばれるのですね。 歩くことの効果は他にもあります。 いろんな願望や欲望が沸いてくる 歩…

呼吸で健康改善する

呼吸というと瞑想を連想します。 ヨガにも呼吸法はありますし、集中力を高めたり心を落ち着かせたりする手段というイメージです。 でも呼吸に気を付けることでさまざまな健康状態を改善できるそうです。 季節性のこりを改善 花粉症などでくしゃみや咳を繰り…

やっぱり湯シャンがいい

最近はずっと湯シャンです。 前回シャンプーしたのは、脂漏性皮膚炎に椿油が効くかどうかを試した後にシャンプーで洗い流したときが最後なので、もう5か月ほど前です。 髪の調子もよく、満足していました。 湯シャンを二日に一回にした ずっと毎晩洗っていた…

水かぶり8ヶ月で何か変わったか

副腎皮質ホルモンの分泌を増加させるという水かぶり。 私は去年の7月から始め、8か月続いています。 お風呂を上がる前にシャワーで水を体にかけるだけというお手軽さのため、続いている様です。 夏から始めれば真冬でも大丈夫。 確かに冷たく、長い時間か…

ビタミンCで塩素除去

脂漏性皮膚炎のかゆみを抑えようと、ビタミンC(アスコルビン酸)の粉末を買ったことがあります。 美容や風邪防止として有名ですが、私の脂漏性皮膚炎には特に変化や効果がなかったため飲むのを止めました。 放置したままなのももったいないので他に使い道は…

簡単にムカつかなくなった理由

最近ムッとすることが立て続けにありました。 ・回転寿司で食べたものの中に、ご飯がお皿にくっつくほど干からびているものがあった。 ・別の日、から揚げ定食を食べたところ、付け合わせの千切りキャベツが傷んで変な味がした。 安いものばかり食べるからだ…

口内炎にならないために

大学生の息子は口内炎ができやすい体質です。 別に口の中を噛んだわけでもないのにできるようです。 最近も、口の中に四つも五つも作って苦しんでいました。頬の内側や唇だけでなく、舌や喉の奥にもできるそうなのです。 できてしまったら、 ・チョコラBBプ…

ガムを噛む日々

最近、毎日のようにガムを噛んでいます。 顔の左だけほうれい線が深いことに慄き、なんとかしたいと思った挙句、ガムに行き着きました。 ガムや飴など、口に中に長くとどまるお菓子はあまり好きではなかったのですが、ほうれい線には勝てません。 キシリトー…