読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

染めない生活

50代で毛染めを止めました。

腸はとっても大事

脂漏性皮膚炎を治すためにはビタミンB群を腸で合成する必要があると知りました。 腸を元気にしたいと思い、「9割の病気は腸で治せる!」(藤田紘一郎 中経の文庫)を読みました。 腸内細菌にビタミンB群を合成させようとするなら、腸内細菌の餌である食物繊…

佐伯さんの服が好きだったけど

佐伯さんというのは、村上春樹の「海辺のカフカ」(新潮文庫)に出てくる50歳過ぎの女性のことです。 この本を読んだとき、佐伯さんのような服を着たいと思いました。 佐伯さんは高松市にある小さな私立図書館の館長さんです。 痩せていて姿勢がよく、長い髪…

キンピラゴボウ1ヶ月

脂漏性皮膚炎のフケや皮向けを治すため、キンピラゴボウを毎日食べて1か月が過ぎました。 ゴボウには解毒作用があり、皮膚病の妙薬であるということを本で読んだからです。 どんな変化があったかを書きます。 ゴボウを食べる前の状態 額の生え際から少し髪…

血流改善のチキンスープが効かなかった理由④

「血流がすべて解決する」(堀江昭佳 サンマーク出版)を読んで、血流改善に取り組んでいます。 夕食断食を5日続けた後、骨付き鶏肉を使ったスープを2回ほど食べました。 血を増やすのに最適という塩味のスープはあっさりしていておいしいのですが、取り立…

足の冷えを治す方法

寒くなると冷え性の人は足が冷えて辛くなりますね。 足を冷やさない方法をいくつかご紹介します。 足首靴下 足首の周りには筋肉がほとんどありません。神経や血管は皮膚のすぐ下を通っているため、外からの刺激を受けやすいのです。 足首の神経が冷たい空気…

ノープー生活

1月23日号の「アエラ」が「ノー・シャンプー生活は頭皮や髪に効くのか」、という記事を載せています。 ノー・シャンプー、略してノープーはハリウッドセレブが実践していることで、日本でも実践者が増えているそうです。 毎日シャンプーで頭を洗うなんて世界…

染めない生活9か月目

毛染めを止めて、そろそろ9か月がたとうとしています。 今の髪の状態を記します。 つむじからの分け目 毛染めを止めるまで一番大きな悩みだったのが、つむじから後頭部にかけてできる分け目でした。 毛染めを止めて髪のコシが戻って、これで大丈夫と思って…

生姜は乾燥させる必要があるらしい

先日、たった1日で生姜紅茶に挫折しかけていることを書きました。 いちいち生姜をすりおろして紅茶に入れるのが面倒なので、ここを簡単にすれば続けられるのではと考えました。 すりおろした生姜を冷凍すればいいのでは? 冷凍したすりおろし生姜を紅茶に入…

体にいい食べ方とは

腸内環境を整えるため、「この「食べ方」で腸はみるみる元気になる!」(長沼敬憲 知的生き方文庫)を読んでみました。 今でもときどき頭がかゆくなることがあって、ビタミン主製剤のチョコラを飲むと治まります。 ビタミンB2、B6が足りていないようなのです…

脂漏性皮膚炎対策のチョコラをやめたらどうなったか

最近チョコラを飲んでいません。 3か月半ほど続けてかゆみは治まりました。 しかしフケやかさつき、頭皮の赤みには変化がなかったため、一旦やめました。 私は冷え性で血流が悪いためチョコラの効果が十分表れないのではないかと思い、まず血流改善を行うこ…

かかとから着地しない人

先日、ウォーキングをしているとき、前を一人の女性が歩いていました。 グレーとピンクのウインドブレーカーを着て帽子をかぶっています。 後姿だけですが、おそらく50代か60代ではないかと思います。 細身の体で姿勢もよく、上品な感じの人です。 なのに、…

たった1日で生姜紅茶に挫折しかけている話

「「体を温める」と病気は必ず治る」(石原結實 三笠書房)を読んで、キンピラゴボウを毎日食べたところ、額のかさつきに多少の効果がありました。 すっかり気をよくして、もっとできそうなことをやってみる気になりました。 本では「誰にでも聞くベストな食…

運のいい人になるには

今まで自分のことを、運がいいと思ったことはありません。 大きな病気もなく逆境に苦しむこともなく、まあまあ平穏に暮らしてこれたので、そういう意味では運はいいのかもしれません。 でも、「ラッキー!」と言いたくなるようなことは何もなかったように思…

不要のシャンプー、小さくなった石鹸の使い道

買ったもののどうも自分に合わないシャンプーや、試供品をもらったけれど使う気になれないシャンプーがありませんか? お風呂場に置いておいても、棚に入れても邪魔になります。 私は湯シャンにしたので、以前に使っていたシャンプーがそのまま残っています…

日本の暮らしをもっと知る

この年になっても、未だに日本の暮らしについてちゃんと知っているとは言えません。 若い頃は小説でも映画でも音楽でも、海外の物ばかりに興味を持っていました。 日本のものなんてなんだかダサいと思っていたのです。 子どもを産んでからは昔は好きだった海…

キンピラゴボウは湿疹に効くみたい

「「体を温める」と病気は必ず治す」(石原結實 三笠書房)を読みました。 食生活、入浴法、運動など体を温めることの大切さや方法を書いた本です。 体温が35℃というのは一番がん細胞が増殖する温度であるそうですよ。体温を上げることは大事ですね。 症状…

めまいは治せるらしい

昨年暮れごろから、ときどきめまいを起こしています。 夜寝ていて、寝返りを打った拍子に脳みそが揺れたような感じになります。 このときは数秒で治まるので、たいしたことはないようです。 困るのはウォーキングしているときにもふらっとすることです。 歩…

今年やってみたいと思うこと

今年一年、どんなことを目標にしてすごすかを書いておこうと思います。 ブログに書こうが手帳に書こうが、そのうち忘れてしまうのが例年のことですが、まあ一応。 1.血流を改善する。 「血流がすべてを改善する」をもとに4か月がんばってみるつもりです。 2…

初詣で思ったこと

あけましておめでとうございます。 初詣には行かれましたか? うちの家族は例年通り、夫が子どものときから行っているお寺にお参りさせてもらいました。 手を合わせてお願いすることは、いつも同じ、家族の健康ですね。 今年は子どもの就職(そろそろ就職を…

ものごとを続けるコツ

私は何をしても長続きしません。 やってみたいことがあっても、「どうせ続かないだろうし」と始める前から諦める傾向まで出てきました。 「一生続ける技術」(青木仁志 アチーブメント出版)によると、「こうなりたい」「やってみたい」と思うことはまず始め…

「血流がすべて解決する」③

血流を改善するために「血流がすべてを解決する」(堀江昭佳 サンマーク出版)を実践しています。 胃腸を元気にして、血が作れるようにするという夕食断食をやってみました。 その次には血を増やすためのステップがあります。 血を増やすためにするべきこと …

80代の母と義母を比べたら

私の母と夫の母はどちらも80代。義母の方が少し上です。 二人とも、幸いまだ元気でいますが、見た目の若さには違いがあります。 私にとって身近な二人のこれまでの美容や健康に対する姿勢を比べることで、どんなふうに年をとっていくべきかの参考にしたいと…

夕食断食をやってみた②

「血流がすべて解決する」(堀江昭佳 サンマーク出版)に書かれていた夕食断食をやってみました。 私はよほどのことがない限り1日3食を守る人間ですので、夕食を食べないと聞いただけで、できるかどうかドキドキでした。 本では1週間することを勧めています…

白髪に白もいいかも

白髪になってから、着る服はできるだけ濃い色の無地を選んでいます。 薄色は白髪一緒だとぼやけてしまいそう。 今まで好きで着ていたベージュや明るめのグレーは出番がなくなりました。 柄物も、特に細かい柄はまだ白一色になっていない髪と合わせると、うる…

本を読んだら一つは実践する

情報が欲しくて本を読んでも、読みっぱなしではすぐに忘れてしまいます。 それでなくても、何を読んだのかさえ忘れてしまうほど記憶力が怪しくなってきているのです。 せっかく時間をかけて読んだ内容を無駄にしないために、最近読んだ本の中で「なるほど」…

すべては血が足りないことが問題だった?①

チョコラやビタミンCを飲んでも効果が中途半端だったため、血流の悪さが原因ではないかと、ウォーキングを始めました。 が、効果はあるような、ないような。 このままフケやかさつきとともに生きていかなくてはいけないのかと、半ばあきらめ気分になっていた…

姿勢を崩さないためにさらしを使う

いつも正しい姿勢でいたいと思っていますが、気が緩むと崩れてしまいます。 姿勢が崩れるのは、立っているときより座った時の方が多いです。 特にパソコンを使っているときは、顔を突き出し、お腹を折り曲げ、ねこ背というすごい姿になります。 はっと気が付…

腸内環境をよくするために

ビタミンB2やB6は自分の腸内で作られるということを知って、これは真剣に腸に向き合わねば、と思いました。 脂漏性皮膚炎の原因の一つに、ビタミンB2、B6不足があります。 脂漏性皮膚炎を治そうと思うなら、しっかりと自分の腸でビタミンB2、B6を作れるよう…

正しい姿勢になるには

脂漏性皮膚炎を治すには正しい姿勢になることが不可欠、と知りました。 昔から猫背が当たり前になっている私は、正しい姿勢と言われてもどうすればいいのか、もう一つよくわかりません。 参考にしようと、「ねこ背が治って心も体も強くなる(小池義孝 王様文…

負担のない毛染め方法があるはず

毛染めを止めて8ヶ月が経ちました。 いまだに後ろの髪は染めていた部分が残っています。 染めた髪を切ってしまえるまでに長くかかりすぎる、というのが正直な感想です。 こんなに時間がかかるのなら、1年に1回か2回の毛染めで、そこそこおしゃれに見せる…

尼寺のスローライフ

12月11日Eテレで放映された「やまと尼寺 精進日記 霜月は忙しい」を見ました。 奈良県桜井市にある、1200年歴史を持つ音羽山観音寺。 もとは修験道の霊場だったこのお寺、1キロ上るのに1時間かかるほど険しい山にあるそうです。 ここでは住職、副住職、お手…

脂漏性皮膚炎とお腹・首の谷折り線

脂漏性皮膚炎によるフケや額のかさつきは治っていません。 ちょっとマシになったと喜んでいたら、次の日には生え際の頭皮がウロコのようになっていてがっかりしたり。 お腹と首の谷折り線 山本綾子先生という、アトピーが専門の皮膚科の医師が書いたものを読…

10着のワードローブ

大学生の娘は、バイトで稼いだお金の大半を服につぎ込んでいます。 当然クローゼットは服であふれ、何がどこにあるかわからない状態です。 本人もこのままではマズイと思ったのか、「フランス人は10着しか服を持たない」(ジェニファー・L・スコット 神崎朗…

むやみにビタミン剤を飲むなと言われても

二十数年主婦をし、家族の食事担当をしているわけですが、自分の作る料理で充分栄養が摂れているという自信はまったくありません。 今のように、自分自身が脂漏性皮膚炎になったりすると、食事内容を改善しなくてはと思うのですが、なかなか難しいと感じます…

毎日歩いたら何か変わった?

血流の悪さを改善して脂漏性皮膚炎のフケやかさつきを治すため、毎日(平日のみ)ウォーキングするようになって3週間たちました。 変化はあるような、ないような。 フケやかさつきの程度は日によって変化します。 フケなどほとんどなくて、このまま治ってい…

育児終了後の時間の使い方

子どもが大きくなって、これからどんなふうに過ごせばいいのか考えます。 生きがいだと感じられることができれば一番いいのでしょうが、簡単には見つかりません。 12月7日の朝日新聞の夕刊に、20年以上にわたってアフガニスタンに支援を続けてきた、西垣敬…

何を食べたらいいか、わからない

中年を迎え、毎日の食事には気を付けたいところです。 小さなころから食卓には普通に肉が登場していた世代ですので、タンパク質は魚と豆で摂る、というような食事では寂しく感じてしまいます。 テレビのグルメ番組に出てくるような立派な料理ではなく、普通…

快適に歩くために

歩くと脂漏性皮膚炎のかゆみが治まるとわかってからは、歩くことが健康にいいということを素直に信じるようになりました。 これまでは、いくら歩くことが健康(髪)にいいと頭でわかっていても、この言葉に触れると「はいはい。例のヤツね」と流していたので…

セルフカットもいいけれど、やっぱり美容院

4か月近く美容院に行っていませんでした。 ずっと家でセルフカット。 すきばさみを右手に持ち、左手で髪を少しつまんで指の近くにはさみを入れます。 前髪やサイドはこれで大丈夫ですが、困るのが襟足。 切りすぎが怖いので恐る恐る切りましたが、くせ毛な…

フケやかさつきが治まらないのは血流が悪いせい?

チョコラを飲むようになって、脂漏性皮膚炎のかゆみは治まったもの、フケやかさつきは続いています。 ビタミンCを飲み始めて、鼻周りの皮剥けは治まったのですが、額のかさつき、生え際から少し髪の中に入ったところのフケ(魚のうろこのような細かい皮剥け…

修理しながら大切に使うのは素敵なことだけど

生き方や暮らしぶりについてのブログを、ときどき見るのが楽しみです。 中山あいこさんのブログ「生活のメモ」もその一つです。 本も出版されたようで、「家事がラクになるシンプルな暮らし」(エクスナッジ)を買いました。 無駄なく、丁寧な暮らしぶりがす…

尿漏れパットの試供品

毛染めを止めて白髪頭になったものの、普段は、 「いくらか老けて見えることは仕方ないし嬉しいことではないが、特にマイナス面はない」 と考えています。 しかし、先日ちょっとショックなことがありました。 薬局で配っていた試供品 スーパーの薬局で買い物…

冷え対策に冷えとり

しっかりとした髪の毛を育てるには、36.5℃以上の体温があることが望ましいそうです。 35度台という低体温になると、免疫力も下がり病気にかかりやすくなります。 私は36度台ではありますが、若いころから寒がりの冷え症ですし、もう少し体温が高くしたいと思…

白髪のメリット・デメリット

現在の私の髪は複数の色の混じった状態になっています。 ・白髪 ・へマニキュアで染めていた黒っぽい部分 ・ヘアマニキュアが色落ちして薄い茶色になった部分 ・まだ黒髪が生えていてゴマ塩になっている部分 完全白髪になるまで、まだ半年ほどかかりそうです…

脂漏性皮膚炎のフケ・かさつきにビタミンCを試してみる

脂漏性皮膚炎のフケやかさつきに、何かいいものはないかと探していました。 そんなとき、ビタミンCのことが目に留まりました。 私が知っているビタミンCの効能は、シミを薄くしニキビ予防にもなる、ということくらいです。 ところが、もっといろんな働きがあ…

80代の母が毛染めを止めた理由

私の母は84歳になります。 40歳くらいからずっと白髪染め(白髪染め、ヘアマニキュア、ヘナと変わりはしましたが)をしてきて、40年あまり髪を染めてきました。 その母が、「もう毛染めは止める」と言い出しました。 さすがに年を取って毛染めがしんどくなっ…

ストレスは髪によくないことを実感

毛染めを止めて、そろそろ半年。 伸びてきた髪は、色こそ白いものの手触りはつるつるしていて、傷んでいない健康な髪であることがわかります。 当初悩みの種だった、つむじからの分け目についても、ほぼ解消されたはずでした。 ところが。 分け目、また現れ…

毛染めを止めることは人には勧めないつもりだったのに

先日、買い物に行ったスーパーで知り合いの主婦に会いました。 40代後半の人です。 久しぶりに会ったので、私のほうから毛染めを止めたことを話題にしました。 人に話す時は、かぶれるので毛染めを止めたと言うようにしています(そのほうが簡単なので)。 …

「心の地図」で目的地を見つける

子どもが成長して育児がひと段落して以来、心の中から何かが消えたような感じです。 何かとは、この先どうしたい、どうなりたいという、目標というほどはっきりしない、夢のようなもの。 思えば子どものころは夢はたくさんありました。 もしかしたら外国に住…

脂漏性皮膚炎のフケやカサカサを治すためにやってみたこと

脂漏性皮膚炎のかゆみはチョコラを飲むことで治まりましたが、フケや頭皮の赤みは変化なしです。 皮膚炎は顔にも出ていて、額の両端、まゆ毛、鼻の頭や小鼻なども細かく皮がむけることがあります。 額のカサカサはひどいときには、細かいサンドペーパーのよ…