読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

染めない生活

50代で毛染めを止めました。

ゴマは育毛に効果がある?

育毛

ゴマは栄養豊富な食品です。

カルシウム、マグネシウム、鉄、リン、亜鉛たんぱく質ナイアシン食物繊維、ビタミンA、B1、B2、B6、E、葉酸、リグナンを含みます。

髪の成長を促すビタミンB2、新しい細胞を作る亜鉛、頭皮の血行を良くするビタミンEなどを含むことから、育毛効果があるとされています。

髪が気になり出したとき、私もゴマを食べました。

テレビで見たゴマ農家の女性たち

私がゴマを食べようと思ったのは、テレビ番組でゴマ農家の女性を見たことがきっかけです。

ゴマ農家(たしか鹿児島県でした)の女性たちは、毎日たくさんのゴマを食べています。料理にたっぷりとかけ、お菓子もゴマを使ったものを食べているそうです。

彼女たちは中高年であるにもかかわらず、全国の女性の平均よりもずっと骨密度が高いという実験結果が出ていました。ゴマは骨密度を高める効果もあるんですね。

 

私は番組の内容よりも、ゴマ農家の女性たちがみんなフサフサした髪をしていることの方に気を取られていました。

もちろんテレビに映った人は一部でしょうから、ゴマ農家の人がみんな髪が豊富だとわかったわけではないのですが、私の中では、

「ゴマ農家=髪が豊富=ゴマを食べると髪が増える」

という図式ができたのです。

最初は黒ゴマクリーム、そして擦りゴマ

まずは黒ゴマクリームを勝手、毎朝トーストに塗って食べました。ちょっとピーナッツバターのような味です。

毎朝せっせと食べましたが、そのうち飽きてきました。

次は黒擦りゴマを買ってきました。これだと、いちいち擦らなくてもすぐに使えます。

納豆にかけたり、冷奴にかけたり、牛乳に擦りゴマとはちみつをいれて飲んだりもしました。

そこで気が付いたことは、私はゴマがそれほど好きではないということです。

それでも1年ほどは続けたでしょうか。

結果はというと、髪にはまったく変化は感じられませんでした。

食べる量が少なすぎたのかもしれません。大さじ1杯も食べていなかったように思います。

テレビで見た、ゴマ農家の人のようには食べられなかったので効果も表れなかったのかもしれません。

食事はトータルに考える

考えてみれば、ゴマを食べて髪が増えれば苦労はしませんね。もしそうなら、世の中の薄毛の人はもっと減っているはずです。

育毛はそう簡単ではないということです。

そもそも人間は一つの食べ物だけから栄養を摂るわけではありません。

ゴマも大事だけど、ほかのものもバランスよく食べることを大切にしないといけませんね。