染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

染めない生活40日目


スポンサーリンク

美容院で最後にヘアマニキュアをしてもらってから40日が経ちました。

この間に一度、カラートリートメントを頭のてっぺん当たりに使用しました。

毛染めを止めて40日、髪はどうなったでしょうか。

髪のコシが戻る

昔の髪は太くて硬いくせ毛で、手のひらで頭を押さえても、手のひらと頭蓋骨の間に薄いクッションでも挟んでいるかのような厚みのある髪でした。

それが40代を過ぎ、50代になると、コシのない、頭皮にペッタリと張り付くような髪になっていました。

それが改善してきたように思います。

湯シャン後、ドライヤーで乾かすと、髪の地肌の間に空気の層ができ、ふわっとした厚みができるようになりました。少しだけの厚みではありますが。

つむじから後ろにかけての分け目ができるあたりは、まだ十分な厚みはできていません。

 

でも、このまま「染めない生活」を続けていれば、そのうちこの部分も改善するのでは、という希望が持てるようになりました。

 

髪の状態が改善したのは、やはり毛染めを止めたことだと思います。

正直、はっきりわかる変化が40日で感じられるとは予想していませんでした。

おそらく4,5か月はかかるだろうと覚悟していたので、これは嬉しい驚きでした。

白髪の状態

薄毛が改善する可能性があるとわかると、気になるのが白髪です。

染めないと決心し、伸びきるまでが大変だろうという予想はついていたのですが、実際に根元の白髪がのびるにつれて、予想以上に汚く見えることがわかって困っています。

 

カラートリートメントを使いながら白髪を伸ばす方法もありますが、皮膚炎のこともあって、あまり使いたくありません。

ということは、伸びてくる白髪を隠すしかないのです。

白髪を隠す方法として帽子、ヘアバンド、ウィッグなどがあります。

ヘアバンドを試してみたのですが、ショートヘアであることと、普段からおしゃれなほうではないために、どうしても「運動会の鉢巻」風になってしまうのです。

それに1㎝以上伸びた白髪を隠すには、かなり幅広のヘアバンドが必要であることもわかりました。

ということで、日頃はお手軽な帽子に頼っています。

脂漏性皮膚炎

かゆみはマシになっています。

が、薬を使っていないだけで、毎日頭はかゆいのです。特に耳の後ろから首筋の上あたり。

頭皮の赤みはそのままです。

額の生え際から少し髪の中に入った当たりの皮膚が、細かく剥がれてフケになっています。そこも治ったと思ったら、またフケがでます。

先が見えない状態です。