読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

染めない生活

50代で毛染めを止めました。

毛染めをやめると節約になる

髪は毎日伸びますので、いつも白髪のない、キレイな髪でいようと思ったら手間と同時に費用もかけなくてはいけません。

伸びてきた白髪が目立つと、だらしない印象を与えてしまうため、こまめに染めることが必要になります。

 

毛染めをやめると、かかる費用も時間も節約できます。

毛染めにかかる費用

自宅で染められる市販の白髪染め液は600~900円くらいでしょうか。

部分染めか全体染めかにもよりますが、一回の毛染めに一箱使うとして600円で計算すると1年で7,200円。5年で36,000円です。

 

美容院で染めてもらうとさらに高くなります。

カットとカラーで6,000~10,000円くらいが相場のようです。

確かに高いですが、むらなくキレイに染めてもらえますし、洗面台やお風呂場が汚れる心配もありません。ただ座っているだけでいいのです。

6,000円として毎月通えば1年で72,000円、5年で360,000円です。

 

髪を傷めないカラートリートメントは1本1,500~3,000円程度ですが、すぐに色落ちするため週に一度は使う必要があります。

1ヶ月に1本、1,500円のを使い切ると仮定すると1年で18,000円、5年で90,000円かかります。

 

実際には1種類だけでなく、カラートリートメントと美容院というように併用している人もいるかと思います。

いずれにしても長く続ければ続けるほど結構な金額になるのは間違いありません。

 

私が毛染めを止める前は、美容院で1か月半に1度カットとヘアマニキュアで9720円、その合間に自宅で使うカラートリートメント1本3240円(部分的にしか使わなかったので数か月は持ちました)という費用がかかっていました。

自分で染めていた期間もありましたが、20年以上続けていたので……、かかった総額は計算したくないですね。

毛染めにかかったお金はもったいない?

毛染めにお金がかかったことは事実ですが、否定的にはとらえていません。

私は30歳前という若いときから白髪が出たので、もし白髪染めがなかったら、すごくコンプレックスになっていただろうと思うのです。

子どもが小さいときなど、「お母さんがお祖母さんみたいでかわいそう」なんて考えたでしょうし。

実際には染めることを面倒に感じることはあっても、普段は白髪のことなど考えずに済んだのですから、白髪染めの恩恵を受けたと言えるでしょう。

 

ただもう、毛染めは無理だと感じています。

これからは本来かかるはずだった毛染め代を、何か楽しいことやおいしいもの、旅行なんかに使いたいですね。