読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

染めない生活

50代で毛染めを止めました。

ネットの情報は玉石混交

育毛

何か知りたいことができたとき、ネットで情報収集しようとする人は多いと思います。

私もその一人でした。

毎日のようにパソコンに張り付いて、「50代女性の薄毛の原因」「対処法」などを探しまくっていました。

しかし、ネットの情報の中には信用できないものも混じっています。

ライティングの仕事

私は以前、クラウドソーシングの会社に登録して、ライティングの仕事をしていたことがあります。家事の合間にする、お小遣い稼ぎです。

ライティングの仕事には、育毛剤の体験記や、女性の薄毛についての案件が時々ありました。

こうした記事はアフィリエイトサイトで使用されるものだということは知っていましたので、女性用の薄毛や育毛剤には需要があるんだなと感じていました。

 

私自身も育毛剤の使用経験ありますし、薄毛についても調べことがありますので、何度か書いたことがあります。

 

そんなとき、偶然あるサイトで、自分の文章を目にすることがありました。

体験記に付け加えられていた言葉は

私が書いた案件は50代女性の薄毛についての記事だったと思います。

育毛剤を使って朝晩マッサージしたことを書きました。

サイトに載せられていた体験記には「育毛剤を使って、朝晩1時間のマッサージをしています」となっていました。そして「私がおすすめの育毛剤はこちら」と育毛剤を売り込む形になっていました。

 

クラウドソーシングで描いた文章の著作権はクライエント側に譲渡されますので、文章をどんなふうに変えようが、発注者の自由です。

それに文句を言いたいわけではなくて、わざわざ「1時間」を付け加えた意味が分からないのです。

1時間も頭皮マッサージなどできるものではありませんし、頭皮が傷んで逆効果になるのではないでしょうか。

このサイトを作った人は育毛剤を使ったことがないのかもしれません。

これを見て「頭皮マッサージは長時間やったほうが効果が高い」と間違った思い込みを持ってしまう人が、絶対にいないとは言い切れません。

正直に書いたのに、なんだか人をだましたかのような、悪い後味を感じることになってしまいました。

情報を得るときは複数のルートで

ネットで情報を得るときは複数のサイトを見比べると言い、などと言われますが、アフィリエイトサイトはどれを見ても同じような情報しか乗っていないことも多いのです。

サイトを作っている人が記事を外注するせいかもしれません。

 

何かの情報を得るときは、ネットだけでなく、テレビ、書籍、新聞など、複数のルートから集めたほうが安心できるようです。