染めない生活

50代で毛染めを止めました。

試着室でのショック


スポンサーリンク

白髪が伸びてくるにつけ、もっと身なりに構わないといけないのではないかと感じるようになりました。

でも、私はおしゃれではありません。

普段はジーンズや綿パンツをはくことが多く、足元はスニーカーなど歩きやすいカジュアルシューズです。

人と会うときはもう少しマシにはしますが、基本はパンツにかかとの低い靴。

いつも似たような服装をしています。

 

おしゃれな人を見ると、いいなとは思うものの、自分もそうなりたいとは思いませんでした。

お勤めはしていませんし、子どもも大きくなって保護者会や懇談など、学校関係の外出はなくなりました。

友人と会うことも、それほど頻繁にはありません。

ミニマリストを目指しているわけではありませんが、洗濯機で丸洗いできるパンツを黒、ベージュ、白の各色を揃えておけば、1年中着られるかな、なんて考えていました。

試着室の鏡で見た自分の後姿

先日、近所のスーパーで綿のパンツを試着したときのことです。

そこの試着室の鏡は三面鏡のようになっていて、ほぼ真後ろに近い後姿も見ることができます。

ジーンズをはいた自分の後姿を見た私はショックを受けました。

なんじゃ、こりゃ!!

お尻は垂れ、短い足には肉がついています。

いやもちろん、自分のスタイルがいいなんて一度も思ったことはありません。

足が短いこと、下半身に重心が偏っていることなど、ちゃんと知っているつもりでした。

でも、真後ろから見た自分の後姿は、たぶんこの程度、という予想をはるかに超えたみっともなさだったのです。

今まで、あれほどはいてきたパンツが全く似合っていなかったのです。

 

楽で動きやすいという理由から、結婚以来20年余り、ずっとパンツ姿で生活してきました。

こんなにも似合わない後姿を世間様にさらしてきたとは。

これからどうしよう

これはちょっと考える必要があります。

いくらおしゃれでない、服には興味ないと言ってもものには限度があります。

ただでさえ黒、茶、白の入り混じった、珍妙な頭になっているのです。

さらにこの先、加齢に伴って今以上に体形が崩れていくでしょう。

やばい。まずい。どうしよう。

そういえば夫が言っていた

かなり以前から、夫に「スカートはいたら?」と何度も言われていたことを思い出しました。

服くらい好きなものを着せてよ、とばかりに無視し続けてきましたが、私の後姿を日常的に見ていれば、ひとこと言いたくなっても無理はなかったということです。

 

ここは夫の言うことを聞き、スカートをたまには履いてみようかと考えています。

足を出す勇気はないので、長いものにします。

多少はマシになるでしょうか?