染めない生活

50代で毛染めを止めました。

染めない生活3ヶ月目

毛染めを止めて3ヶ月が経ちました。

カラートリートメントは何度か使いました。

脂漏性皮膚炎への影響が怖いので10日以上あけて使っているため、ほとんど色はついていません。気休めにもなっていない状態です。

脂漏性皮膚炎

かゆみはまだあります。

というより、毎日のように頭がかゆいです。特に午前中。

皮膚科でもらった薬はほとんど使っていませんが、だからといって治ったわけでは全然ありません。

自宅にいることが多いので、かゆいときはポリポリ掻いています(我慢できません)。

 

ウォーキングしているときはかゆくないのです。

ということは、生活の中で体を動かすことが少ないのでしょう。

自宅でできることをとスクワットをしていますが、毎日は続けられず、回数も35回です。

騙し騙しでも、なんとか続いたらいいのですが。

白髪の状態

雪をいただいた富士山状態です。

はっきり言って、見た目が悪すぎます。

自宅の洗面所の鏡で見るのと、外出先の鏡で見るのとではかなり違い、外出先で鏡に映った自分を見てショックを受けることがしばしばあります。

覚悟の上で染めないことを止めたのに、白髪の多さのために心が折れそうです。

 

改めて周りの人を見てみると、本当に白髪の女性って少ないですね。

60代、70代とお見受けする人でも染めています。

私は目立つことが嫌いな性格なのに、こんな珍妙な頭になってしまって、このまま染めない生活を続けられるのだろうかと心細く思います。

知人に会った時のこと

買い物のとき知人に会いました。私と同年配ですが、白髪はチラホラしかなく、今まで髪を染めたことのない人です。

私は帽子をかぶっていたのですが、襟足当たりの髪を示して「染めるのをやめたの」というと、しげしげと覗き込まれてしまいました。

これからは、いろんな人にいろんな反応を示されるでしょうから、慣れていかないといけませんね。

気になる薄い部分

悩みの種だった、つむじからできる分け目ですが、髪が自然に別れることは少なくなりました。でも、完全になくなったわけではありません。

ただ分かれても、以前のように地肌が見えることはなくなりました。

おそらく髪の根元が立ち上がるようになったせいだと思います。

頭頂部あたりのボリュームは、まだ回復はしていません。

 

美容院でカットしてきて気が付いたのですが、襟足の上あたり、短く切ってもらったところが、まるで短髪のオジサンのように見えるではありませんか。

これは予想外でした。

白髪なのですっきりショートがいいと思い込んでいたのですが、髪型を考え直したほうがいいかもしれません。