読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

染めない生活

50代で毛染めを止めました。

オジサン化を防ぐには 白髪のおしゃれ

毛染めを止めたので、髪が黒、茶、白のまじりあった頭になっています。

こうなると、今までのような服装をしていると、みっともないを通り越して、みすぼらしくなってしまうことに気が付きました。

おしゃれでないために

 私は若いころからおしゃれなほうではありませんでした。

服を買うために店に入ること自体が好きでなく、店員さんとのやり取りに緊張したり、本当は欲しくもないのに購入したりで、服を買うことは面倒だと感じてきました。

 

普段はいつも似たような服装をしています。

ジーンズや綿のパンツにスニーカーなどのカジュアルな格好です。

似合うからというより、楽で動きやすいからです。

 

別にそれでいいわと思ってきましたが、白髪になると、それでは済まないようです。

醸し出されるオジサン臭

 前や横の髪はほとんど白くなっているのですが、襟足あたりは黒い毛も残っていてゴマ塩になっています。

これがどうしようもなくオジサンの雰囲気を醸し出してしまうのです。

 

毛染めを止めて白髪になることで、一挙におばあさんに見えるのではとの危惧は持っていましたが、まさかオジサン風になるとは予想外でした。

年齢だけでなく、性別まで飛び越えるとは。

髪を伸ばそうかとも思いましたが、長くするには何か月もかかります。

すぐにできることはないか。

まず手を付けたのはスカートをはくことでした(安直)。

しかし、毎日スカートをはくわけではないですし(いつ買ったかわからないほど古いものが2枚あるだけなので)、他にも手を打った方がよさそうです。

口紅を変えてみる

そこで思いついたのが口紅でした。

私は毎朝顔を水洗いした後、ワセリンを少しつけ、外出するときはパウダーでワセリンのてかりを抑え、口紅をつけるだけです。

口紅はちふれの154番を使っていました。

唇の色となじみやすく、唇だけが妙に目立つこともないので、気に入って何年も愛用してきました。

しかし、この色が少し物足りないのかもしれない。

そう思って新しい口紅を買いました。

同じくちふれの517番です。ちふれの口紅は300円程度なので気軽に買えます。

少し顔が明るく感じられます。

洗面所を探していると、買ったことも忘れていた口紅が一本、出てきました。

ちふれの549番です。濃い色なので、顔がはっきりします。このくらいの色を使ったほうがいいかもしれませんが、古いものなのでちょっと油っぽい臭いがします

 

スカートをはいて、明るめの口紅をつけました。

これで脱オジサンできるでしょうか?