染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

髪がペッタンコになるわけ


スポンサーリンク

これといって思い当たる節はないのに、朝起きると髪がペッタンコになっていることがあります。

髪にボリュームがなく、根元が立ち上がらない感じ。

こういうときはたいてい、つむじから分け目ができています。

鏡で後頭部を確認してがっくり。

こんな思いを何度したことか。

毛染めを止めてもペッタンコ

毛染めを止めて日が経つにつれ、急にペッタンコになることは減りました。

毛染めを止めた、いい影響が出たのだと喜んでいました。

しかし、まったくなくなったわけではなく、今でも起こります。

つむじ周りの髪が寝たようになって普段よりは地肌が見えるため、気になります。

ペッタンコの原因を探る

いつもつけている記録ノートを見ながら、原因となりそうなことを考えてみました。

今回ペッタンコになったときは数日間そのままでしたので、食事内容は関係なさそう。

特に外食が多かったとか、脂っこいものを食べたとかいうことはありません。

 

ペッタンコ前も後も、毎晩一本の缶チューハイを飲んでいたため、飲酒も除外。

 

睡眠時間も変わらず。6時間程度は寝ています。

 

新たにストレスになるようなこともありませんでした。

 

シャンプーは3日前にコラージュフルフルを使い、その後は湯シャン。

 

 睡眠中、あまり寝返りを打たなかったため、枕に押し付けらてペッタンコに?とも考えましたが、それが数日も続くとは思えません。

 

湿度はどうでしょう。

くせ毛のため湿度が高い方が膨れます。

ここ数日は晴天続きで、湿度は高くなさそうです。

かといって乾燥しているようでもありません。

 

唯一、これが原因かなと思ったのが、運動です。

ウォーキングは10日以上、やっていませんでしたし、スクワットも5日前にやっただけ。

片道10分程度の買い物に行くだけでは運動不足だったことは間違いありません。

やっぱり体を動かすことは大事

ペッタンコになってから、1日おきに2日、45分のウォーキングを行いました。

2日目のウォーキングから帰ったとき、帽子を脱いだ時は髪はペッタンコになっていましたが、そのうちふわっとしてきました。

 

【結論】 運動不足が髪をペッタンコにする

 

ほんまかいな、と言いたくなりますが、私の場合は動かないと髪も元気がなくなるようです。

髪がペッタンコになる理由は運動不足だけではないでしょうが、体を動かして血流がよくなると、髪の立ち上がりにいい影響を与えるのは確かなようです。

 

脂漏性皮膚炎のかゆみも運動すると治まりますので、やはり体を動かすことが大事ですね。

体を動かすことが好きでない私にとってはなかなか難しいですが、なんとか習慣にしたいです。

 

 

 

広告を非表示にする