読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

染めない生活

50代で毛染めを止めました。

白髪が伸びてきたときの周りの反応

毛染めを止める

 

毛染めを止めようと思うと家族に言ったとき、夫と娘は、

「別にいいんじゃない。白い髪もいいと思うよ」

と、こちらが拍子抜けするほどあっさりと賛成してくれました。

唯一、反対したのが息子です。

「やめといたほうがいいって。すごく老けると思う。染めたほうがいいよ」

と、かなり強硬に反対していました。

 

もう染めないと決心していましたので、結果として息子の意見は無視した形になりますが、家族中から反対されたのだったら、すんなり止められたかどうかわかりません。

身近な人に反対されるとためらってしまいますよね。

 

白髪が目立つようになってからも、夫と娘は全く気にならないようです。

一緒にでかけるときに私がマダラになった頭を気にして帽子をかぶったほうがいいか聞くと、どっちでもいいよと全く頓着していません。

これはとてもありがたかったです。

ご近所さんは驚きを顔に出さない

私はマンション住まいですが、何度か話したことのあるような人(女性)は、私の髪を見てもまったく顔に出すこともなく、いつも通りの態度で挨拶や世間話をしてくれます。

急に白くなった頭を見て、内心驚いたり、訝しがったりしていると思うのですが、そこはみなさん大人の対応で、態度には出されません。

私を見るなり驚いたような素振りを見せた人は、男性に多かったように思います。

 

でも不躾にじーっと見たり、「どうしたの、その頭」なんてことを聞いてくる人は一人もいませんでした。

急に変化すると、病気を疑われる?

ご近所さんに、かなりメタボ体型だったのが、急に痩せた男性がいます。

お会いした時に「ライザップですか?」なんて聞こうかとも思ったのですが、ご本人の定年退職後数年という年齢からして、もし病気の影響か何かだったら非常に気まずいことになると考え、結局なにも言いませんでした。

 

 私の場合も、年恰好から病気など体の不調が原因で毛染め出来なくなったのかと考え、あからさまに聞けなかったのかもしれません。

知らない人はじーっと見る、特に男性

街中ですれ違う人は、ときどきじいーっと見てくる人がいます。

世にもケッタイなものを見た、という感じの表情をして。

不思議なことにそういう人は中年以降の男性が多いように思います。

女性はいくつになっても髪をきれいに染めるもの、という思い込みでもあるのでしょうか?

 

今までのところ、毛染めを止めたことで不快な思いをしたことはありません。

考えてみれば、他人にとってはどうでもいいことですものね。