読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

染めない生活

50代で毛染めを止めました。

「血流がすべて解決する」③

血流改善

血流を改善するために「血流がすべてを解決する」(堀江昭佳 サンマーク出版)を実践しています。

胃腸を元気にして、血が作れるようにするという夕食断食をやってみました。

その次には血を増やすためのステップがあります。

血を増やすためにするべきこと

 夜23時までに眠ることが大事です。

漢方では午前0時を挟んだ前後2時間を、体の陰と陽が入れ替わる時間と見て、この時間に眠っていることが非常に大事とされているそうです。

陰と陽がちゃんと入れ替わるように23時以降は眠ることで、1~3時には血が作られます。

 

また、睡眠中、休んでいる脳は細胞からの老廃物を排出する大掃除をしているそうです。

回収された老廃物が血流によって脳の外へと運び出されることで、脳は元気に活動できるのです。

血が足りているかは、夢をみるかどうかで判断できます。

熟睡できずに眠りが浅くなると、夢を多く見るようです。

 

不眠を解消するための方法

・遮光カーテンを止めて、次第に明るくなっていく変化を体で感じること。

・起きた後に太陽の光を5分ほど浴びる。

・寝る1時間前には照明を暗くする(スマホの光にも注意)。

・起きる時間を固定する(毎日起きる時間が違うと体内時計が狂いやすい)。

 

23時までの就寝は難しく、実行できていません。

私自身は宵っ張りではないのでこの時間で大丈夫なのですが、夫やバイト帰りの子どもの帰宅が遅かったりで、毎晩この時間に寝るのは至難の業です。

でも努力して夢を見ることが減るようにしたいです。

血を流す

3段階目は静脈の血流をよくします。

 

・もも上げウォーク 太ももを高く上げて、踵を蹴りだすようにして歩く。

・踵上げ下げ運動 かかと上げ下げを1セット30回、朝晩2セット。

丹田呼吸法 横隔膜のところから上体を少し前に倒し息を吐く。上体を越して息を吸う。呼吸は鼻で10回行う。

・足握手ストレッチ 左足の指に右手の指を交差させ、左手で足首をつかんでぐるぐる回す。反対側も同様に。

・三陰交、血海など足のツボを押す。

作る・増やす・流す

最初の「血を作る」と合わせて順番に行うことで血流が改善します。

ただし4ヶ月かかるそうです。

 

私はやみくもにウォーキングだけやっていましたが、まず血を作れる体にすることが先決だったのですね。

今恐れているのは、もうすぐお正月がやってくることです。

せっかく夕食断食をして、自分が今まで食べ過ぎていたことを実感したところなのに、食べ過ぎ・運動不足の元の木阿弥になりそうで心配です。