読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

染めない生活

50代で毛染めを止めました。

めまいは治せるらしい

昨年暮れごろから、ときどきめまいを起こしています。

夜寝ていて、寝返りを打った拍子に脳みそが揺れたような感じになります。

このときは数秒で治まるので、たいしたことはないようです。

困るのはウォーキングしているときにもふらっとすることです。

歩いていても気分はさえないし、けつまずいて倒れないかと思うと心配です。

このめまいは「良性発作頭位めまい症(BPPV)」というのだそうです。

起こる原因

カルシウムでできた耳石の粒が三半規管に入り込み、体のバランスを感知するセンサーを誤作動させるために起こります。

通常、古くなった耳石は自然に吸収されるのですが、運動不足の人はその働きが弱いため発症しやすくなるのだとか。

 

解決方法を探していると、「ためしてガッテン!」のホームページに行き着きました。

2013年に「めまいは自宅で解決!新発想の劇的改善ワザ」というのを放映していたようです。

それによると、「運動不足」「パソコンをよく使う」「寝相がよい」のうち、どれか一つでも当てはまる人はめまいを起こす可能性が高いのだそうです。

私は寝相以外の二つに当てはまります。

自宅でめまいを治す方法も紹介されていました。

めまいの治し方①

耳石は毎日粉のように剥がれ落ちるものですので、三半規管に入ってしまいます。

でも耳石が小さいと三半規管は反応しないのです。

めまいは、耳石が大きな塊になっているときに起こります。

長時間動かない時や、寝ているときに塊になりやすいのです。

塊になった耳石を細かく分散させればめまいは治ります。

 

・寝転がった状態で上を向いて10秒。

・右を向いて10秒。

・上を向いて10秒。

・左を向いて10秒。

 

これを朝晩それぞれ10セット行います。

めまいの治し方②

枕を高くします。

低い枕だと耳石が三半規管に入りやすいためです。

早速やってみた

枕を高くして寝ました。

いつも使っているのはパイプ枕なのですが、側面を下にして立てると少し高くなります。

やったのはそれだけですが、起きるときに寝返りをうってもめまいがしませんでした。

次の日のウォーキングでも、ほぼめまいは感じませんでした。

治ったのかどうかはわかりませんが、しばらく枕を高くし、寝転がって左右に向く方法も試してみようと思います。

 

自宅で直せるめまいはBPPVと呼ばれるものです。

ためしてガッテン!」のホームページでは、自分のめまいがBPPVかどうかを見分けるには、めまいが起きたとき頭を安静に保ち、めまいが1分未満で治まるならBPPV、1分以上なら病院に行くべきという見極め方を載せています。

ただ1分未満でも手足のしびれやろれつが回らないなどの症状があるときは、すぐに病院に行く必要があるようです。