読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

染めない生活

50代で毛染めを止めました。

不要のシャンプー、小さくなった石鹸の使い道

50代からの暮らし

買ったもののどうも自分に合わないシャンプーや、試供品をもらったけれど使う気になれないシャンプーがありませんか?

お風呂場に置いておいても、棚に入れても邪魔になります。

私は湯シャンにしたので、以前に使っていたシャンプーがそのまま残っています。

家族はそれぞれ自分専用のものを使っているので、使い切ってほしいと思っても使ってくれません。

捨てるのももったいないし、残しておいても結局使わない、そんなシャンプーやリンスの使い道を調べてみました。

シャンプーは汚れが落とせる

髪の汚れを落とすシャンプーは、他の物もきれいにできます。

・洗濯用の洗剤として使う 皮脂やタンパク質の汚れを落とすため、衣類もきれいにで  きます。

・トイレ掃除に使うと、いい香りが漂います。

・ヘアブラシ、メイク用ブラシを洗う

・メガネやサングラスのレンジ、フレームの汚れ落とし。

・鏡や車の窓などの曇り防止 濡れたタオルにシャンプーを少量つけて拭きます。

リンスの使い道

・柔軟剤代わりとして洗濯ものに使用

・ヘアブラシの静電気予防 お湯にリンスを溶かし、ヘアブラシをしばらくつけておいたのち、しっかりすすぎます。

・同じく拭き掃除の際の静電気予防 バケツにリンスを少量入れ、雑巾を絞ってテレビなどを拭くと、ほこりが付きにくくなります。

 

使わなくなったシャンプー、リンスですが、捨てる前に一仕事してもらいましょう。

小さくなった石鹸

ところで、使って小さくなった石鹸はどうしていますか。

新しい石鹸にくっ付けて使い切れればいいのですが、使うたびに取れることがあります。

我が家ではお風呂場の石鹸はしっかりくっつくのですが、洗面所や台所で使っている石鹸はすぐに取れます。

付けるのを諦めて捨ててしまうことが多いのです。

そこで、小さくなった石鹸を集めておいて、新しい石鹸を作っています。

 

1.石鹸は牛乳パックにためておきます。パックは上部を切り取り、背の低い箱にしておくと邪魔になりません。

2.ある程度たまったら(全部まとめれば一つの石鹸になるくらいの量)、少し水を入れ、電子レンジにかけます。水が多いとやわらかくなり過ぎます。

3.あっというまに沸騰して吹きこぼれてしまいますので、そばで見ていてそうなる前に止めるようにしてください。

4.後はそのまま冷ましておき、パックを破って石鹸を取り出せば新しい石鹸の出来上がり。

 

若干柔らかいかなという感じもしますが、汚れの落ち方などは本来の石鹸と変わりありません。

よかったらお試しください。