読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

染めない生活

50代で毛染めを止めました。

脂漏性皮膚炎対策のチョコラをやめたらどうなったか

脂漏性皮膚炎

最近チョコラを飲んでいません。

3か月半ほど続けてかゆみは治まりました。

しかしフケやかさつき、頭皮の赤みには変化がなかったため、一旦やめました。

私は冷え性で血流が悪いためチョコラの効果が十分表れないのではないかと思い、まず血流改善を行うことにしたのです。

(「血流がすべて解決する」をもとに実践中。いずれ記事にしたいと思います。)

止めてからの変化

当初はかゆみは起こりませんでしたが、止めたから20日ほどたつと時々かゆくなることがあります。そんなときは1錠飲むと治まります。

止めて1か月たちますが、1か月の間にチョコラを飲んだのは4回(いずれも1錠)。

完璧ではないものの、ほぼかゆみは治まったと言えると思います。

が、チョコラを止めるとかゆくなるというのは、ビタミンB2やB6が足りていない証拠ですね。

これらのビタミンは自分の腸内で合成できるそうですので、腸内環境を整える必要があるのです。

血流を改善してからチョコラを飲む、というのもいいのですが、それより自前のビタミンんB2、B6を作れるようにした方が早いですね。

ここを放っておくと、いずれまたかゆみに悩まされることになるのではと思います。

腸内環境改善のためにしていること

・ヨーグルト

腸内細菌と言えばヨーグルトです。

生きていても死んでいても、乳酸菌は善玉菌のエサになるそうですので、食べた方がいいようです。

ただ私は以前に18日ほど食べ、何の変化もなかったことから食べるのをやめてしまった経験があります。

もともとそれほど好物ではないせいもあって、いろんな種類を試そうという気も起きません。

そのためヨーグルト以外で腸内環境を整えられないかと思っています。

 

・ゴボウ

かさつき対策に食物繊維の豊富なキンピラゴボウを毎日食べています。

今で20日ほどですが、かさつきには効果はあるものの、腸内環境(つまり便の状態ですね)にそれほどの変化はないようです。

食物繊維にも合う合わないがあるとか聞きました(いろいろ難しいですね、ほんと)。

ゴボウは続けるとして、食物繊維の多い食材で食べやすいものはないかと考え中です。

 

・発酵食品

冬の今はぬか漬けをお休み中です。

そのため、納豆を食べるようにしています。

みそ汁もほぼ毎日、食卓に上ります。

 

かさつき対策にキンピラゴボウを食べ始めて実感したことですが、効果が表れるのには時間がかかります。

腸内環境の改善も、焦らず、じっくり腰を落ち着けて続けるしかありませんね。