染めない生活

50代で毛染めを止めました。

染めない生活9か月目

毛染めを止めて、そろそろ9か月がたとうとしています。

今の髪の状態を記します。

つむじからの分け目

毛染めを止めるまで一番大きな悩みだったのが、つむじから後頭部にかけてできる分け目でした。

毛染めを止めて髪のコシが戻って、これで大丈夫と思ってからもしつこく再発し、長い間悩まされてきました。

ところが毛染めを止めて8か月が過ぎたころから、分け目ができなくなりました。

髪は日によって、なんだかべたつくように感じるときもあるし、帽子をかぶったあとペッタンコになる日もあります。

べたつくように感じても、ぬるま湯で洗えばすっきりします(毎日か一日おきの湯シャンです)。

帽子でペッタンコになったと言っても、毛染めを止める前の、頭皮に張り付いたように見えるほどではありません。それに、指を髪の中に入れて梳くようにすれば、ふんわりしてきます。

そして、髪がそんな状態でも、不思議と分け目はできないのです。

分け目ができる、できないの境目がどこにあったか、よくわかりません。

自分で感じる髪の変化は特にないのです。

こう書きながらも、ほんの少し疑う気持ちは残っています。ある日また、分け目ができてしまうのでは、と。

しかし、とりあえずのところ、毛染めを止めて9か月で、薄毛になると怯えていた悩み事が解決したと言えると思います。

脂漏性皮膚炎

かゆみは治まったものの、フケや皮剥け、頭皮の赤みには苦戦しています。

今のところは遠回りのように感じても、まずは血流や腸内環境をよくすることを意識したいと考えています。

白髪

お正月に久しぶりに親戚の人に会いました。

久しぶりに会ったので、私の白髪頭は初めて見るわけです。

毛染めを止めたことを知らない人ばかりなので、反応が怖い反面、なんて言われるだろうかと興味もありました。

 

「貫禄ができたね」

嬉しくはないけれど、おそらく褒めようとしてくれたんだと好意的に受け止めようと思います。

 

「外国の人かと思った」

親戚なので私に外国の血が入っていないことは承知していますが、黒い頭の中での白髪頭は、やはり妙に目立ったのでしょうね。

ちなみに私の顔立ちはまったくの日本人で、外国を連想させる部分はありません。

 

「かつらかと思った」

後頭部にはまだ染めていた部分や黒い髪が残っているのですが、前髪は真っ白なので、どことなくかつらめいて見えたのかも?

 

意外だったのは、まったく言及しなかった人が何人もいたこと。

度肝を抜かれて何も言えなかったのか、よほどの理由があるのだろうと遠慮されたのか。

自分から言えばよかったのかなとちょっと反省しています。

 

 

広告を非表示にする