染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

食も修行のひとつという考え方「典座教訓」


スポンサーリンク

NHKEテレで「やまと尼寺」を見て以来、精進料理に興味を持つようになりました。

そこで道元というお坊さんの書かれた「典座教訓(てんぞきょうくん」」という本を読んでみました。

古文はまったくだめなので、もちろんのこと訳で読んだわけです(全訳中 中村璋八、石川力山、中村信幸 講談社学術文庫)。

典座の心得

典座とは禅の修行道場で食事をつかさどる人のことです。

典座の職は単に食事を担当するだけではなく、仏道修行そのものであると言っています。

ですから仕事の隅々に至るまで細心の注意を払って行わなくてはいけません。

 

お米をといだり、おかずを調えたりすることは、典座が自身で手を下し、よくよく注意し細かな点まで気を配り、心をこめて行い、一瞬といえども、おろそかにしたり、なげやりにして、一つのことはよく注意し気を付けるが、他の一つのことは注意をおこたったりするということがあってはならない。

 

まあ私も主婦という家庭における典座みたいなものだから、なんていう考えは吹き飛びました。

普段の食事の用意は、ここに書かれていることの真逆と言ってもいいくらいのいいかげんなものですから。

 

教えはまだまだ続きます。

道具や食器類も真心を込めてきれいに洗い、大事に扱わなくてはいけません

食材が貧しかろうが贅沢なものであろうが、それをあげつらったりせず、ひたすら誠意を尽くして調理します。

仏の身体に一本の野菜となって出現してもらい、供養する食事を作らせてもらうという考えは、食事の用意は信仰でもあり修行でもあるということがわかります。

お粥は体にいい?

禅院では朝食と夕食は粥を食べる「二粥一斎(にしゅくいっさい)」、三食とも粥の「三度粥」をとることもあったそうです。

粥には十の功徳があり、修行者に利益をもたらすとされていたそうです。

一に血色をよくする、二に力を得る、三に寿命を伸ばす、四に苦痛がない、五に言葉がはっきりする、六に胸のつかえがなおり、七に風邪が治り、八に空腹が癒え、九に喉の渇きが消え、十に大乗便の通じがよくなる、のだそう。

 

胃腸の弱った時に食べるもの、というイメージしかないので、お粥ってそんなにいいものなの、という感じがしますが。

 

ところで醍醐味という言葉は、「その物事を深く経験して得られるよさで、他の何物にも代えることのできないもの」(新明解国語辞典)という意味でつかわれることが多いですね。

醍醐とは元は牛乳を精製して得られる最上の味の製品のことだそうです。

精製の過程で乳(にゅう)・酪(らく)・生酥(しょうそ)・熟酥(じゅくそ)・醍醐(だいご)の順で上等になったとか。

醍醐は今でいう何に当たるのでしょうね。