読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

染めない生活

50代で毛染めを止めました。

ソフィとみくるに見る、呪いの解き方

ジブリの映画「ハウルの動く城」の主人公ソフィは魔女から呪いをかけられ、おばあさんになってしまいます。

彼女はどうやって呪いを解いたのでしょうか。

ソフィの場合

ソフィは「長女だから」という理由で帽子屋を継ぎ、仕事終わりに遊びに行くわけでもない単調な毎日を送っています。

ある日、荒地の魔女に呪いをかけられ、おばあさんにされてしまいます。

おばあさんになったソフィは仕方なく家を出、ハウルの城に入り込んで掃除婦として働きます。

散らかり放題だった城をきれいにし、マルクル少年や火の悪魔カルシファーとうまくやっていくにつれて、次第に若返っていくのです。

でもそれは表面だけのこと。

ハウルへの恋心を他人に指摘されただけでおばあさんに戻り、花屋をやったらとハウルに勧められただけで老けてしまいます。

「私なんか美しかったことなんて一度もないわ!」と感情を露わにすることでもわかるように、容姿への強いコンプレックスがあることがわかります。

そのため、たとえハウルが「ソフィはきれいだよ」と言っても、心に届かないのです。

 

そんなソフィが、ハウルへの気持ちを自覚し、たとえ彼が化け物であったとしても愛するのだと覚悟を決めることで、次第に強さを持っていくのです。

ハウルのために過去をさかのぼり、悪魔との契約の秘密を見つけ出して彼を助けます。

 

ソフィのかけられた呪いは自分が何をやりたいかわからないことや、容姿へのコンプレックスから来る自信のなさでした。

呪いを解くためには自ら城に入るという行動が必要でした。

みくるの場合

ソフィと同じく呪いにかかっていた主人公がいます。

昨年のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のみくるは、大学院を出て、物事を分析したり解決法を考えるのが好きな女性です。

しかし、昔つきあっていた彼に「小賢しい女」と言われたことが忘れられず、人間関係につまずくたびに思い出します。

仕事をする上で分析好きの性格は大きな武器となるはずですが、それを長所と思えず、「小賢しい女だから嫌われるのだ」とさえ思ってしまいます。

結局、みくりの呪いを解くのは、恋人である平匡の「小賢しいなんて思ったことない」という言葉でした。

恋人に言われたから呪いが解けるなんて、おとぎ話じゃあるまいし簡単すぎると感じる向きもあるかもしれません。

でも、こうなるまでに苦労して苦労して、やっと恋人になれたという経緯があってこそ、この言葉が効力を発揮するのだと思います。

 

この二作品は、呪いを解く鍵は自ら行動すること、そして他者と深いつながりを持つことにあると教えてくれています。