染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

めまいにハトムギ茶


スポンサーリンク

最近また、めまいがするようになってきました。

以前、「ためしてガッテン」でやっていた、枕を高くしてめまいを防ぐという方法を取っていて効果があったのですが、まためまい。

そうひどいものではなく、しばらくじっとしていると治まります。

夜ふとんに入ったときと、朝起き上がるときにに周りがぐるぐる回ったようになるくらいなので、日常生活に支障があるほどではなりません。

でも、できるなら起こらないでほしいです。

 
めまいには3タイプある

 

漢方の本(「女性のための漢方生活レッスン」主婦の友社)を読んでいると、めまいには3タイプあると書かれていました。

これは脳梗塞など緊急の治療が必要なもの以外の、しばらく休めば落ち着く一時的なめまいに関してです。

 

1、ストレスタイプ

  ストレスによって一時的に血圧が上がり、「気」が熱をもって

  頭に上がっている状態。

  更年期のめまいも、これに当てはまります。

  熱を冷ます働きのある緑茶やミントティーがおすすめです。

 

2、虚弱タイプ

  エネルギーとなる「気」「血」が不足していて、胃腸の機能も

  低下しています。

  気や血を補う山芋やもち米、豆腐などを摂りましょう。

 

3、水たまりタイプ

  お酒の飲み過ぎや、甘いものの摂り過ぎ、冷えなどで体に「水」

  が溜まり、たまった水が揺れ動いてめまいを感じます。

  小豆や緑豆、海藻類などで水分代謝をよくします。ハトムギ茶も

  おすすめ。

 

ハトムギ茶は、吹き出物やしみ、イボ、むくみなど、肌トラブルに効果があります。

「気」を補い、「水」のめぐりをよくして、胃腸の働きを高めて肌をなめらかにしてくれます。

 

私のめまいは年齢からして更年期のめまいではないかと思います。

女性ホルモンが減ると視床下部のバランスが崩れ、同じく視床下部が司っている自律神経も乱れて血圧が不安定になるそうなのです。

 

ただ、3の水たまりタイプの説明を読んだ時に、「もしかしてお酒かも?」と思い当たりました。

最近、缶チューハイ1本程度ですが、毎晩飲んでいたからです。

でも今までアルコールを摂ったからといって、めまいなんか起こしたことはありません。

 

半信半疑ながら、ハトムギ茶を試してみることにしました。

買ってきたハトムギ茶はティーバッグなので手軽に入れられます。

普通の麦茶よりも香ばしい感じ。おいしいです。

食事のたびに湯のみ一杯ほど飲みました。

そしてその夜はアルコールは飲まず、布団に入ろうとしたら、めまいが起こりませんでした。

 

あまりにあっけなくて拍子抜け。

治ったと思ってハトムギ茶を止めお酒を飲んだら、めまい。

アルコールは控え、ハトムギ茶を続けることが必要なようです。