読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

染めない生活

50代で毛染めを止めました。

エビオスでフケ・かさつきにようやく効果が出る

脂漏性皮膚炎のフケ・かさつき対策にエビオスを飲み始めて1か月が過ぎました。

1回10錠は多すぎる(下痢する)ため、5錠を1日3回飲んでいます。

飲んで1か月になったころから、次第に腸の具合もよくなってきました。

以前のように下る回数が減ってきたように思います。

フケ・かさつきにもゆっくり効いてきたようで、額のかさつきは消えました。

フケについても、ほぼ治まったと言っていいと思います。

なぜ「ほぼ」と言う言葉をつけているかというと、頭をガシガシかくとフケの落ちるときもあるからです(落ちない時もある)。

でも、顔や体の皮膚でも、年中つるつるのすべすべなときばかりではありません。

ざらついたり吹き出物ができることもありますが、すぐに治まるなら病気とはとらえないものです。

私のフケも、そんな状態なのではと思っています。

フケが出ても程度はひどくない、普段は忘れていられる、というレベルまでいけたのではないでしょうか。

体調(腸の状態)によって多少の変化はあって普通だととらえています。

頭皮の赤みは変わらず

不快な症状は治まってきましたが、脂漏性皮膚炎が完治したと言えない理由があります。

それは頭皮の赤みです。

これは脂漏性皮膚炎になったころからずっと、改善されないままです。

チョコラを飲んでもエビオスを飲んでもビタミンCを飲んでもキンピラゴボウを食べても、えーと他に何をやりましたっけ?

とにかく、何をしても赤いままなのです。

髪のせいで見にくいのですが、頭全体が赤いのではなく、赤みをおびているところと、肌色に見えるところがあります。

つむじは髪をかき分けなくても見えるので毎日のように鏡でチェックしているのですが、日によって微妙に色合いも変わっているようです。

比較的マシな時は肌色(顔と同じような色)をしています。

でも家族の頭皮と比べると、やはり赤みを帯びています。健康的な頭皮は白いですよね。

髪が白いので余計に赤みが目立つのかと思いますが、やっぱり赤いんですよ。

若いころから赤い?

昔、まだ20代だった頃、友人に「頭皮赤いよ」と言われたことがあります。

そのときは、「あ、そう?」で済ませました。頭皮が赤くても痛くもかゆくもなかったため、まったく関心がなかったのです。

まさか、その時からずっと赤い?

 

脂漏性皮膚炎のかゆみもフケも治ってきているのに、なんで赤いままなんでしょうね。

赤みが治まれば、「私はこうして脂漏性皮膚炎を克服した!」なんて記事でも書こうと思っているのですが、この調子だといつになることやら。