染めない生活

50代で毛染めを止めました。

やっぱり湯シャンがいい

最近はずっと湯シャンです。

前回シャンプーしたのは、脂漏性皮膚炎椿油が効くかどうかを試した後にシャンプーで洗い流したときが最後なので、もう5か月ほど前です。

髪の調子もよく、満足していました。

 
湯シャンを二日に一回にした

ずっと毎晩洗っていたのですが、最近は急にお風呂上りにドライヤーをかけることが面倒になり、二日に一度の洗髪にしていました

今気が付いたのですが、ドライヤーを止めてもよかったですよね。なんで洗う方を止めたんだろう。

 

二日に一回にすると、髪がちょっと脂っぽいような感じになりました。

しっとりと、べたつくの中間ぐらい。

ちょっと気持ち悪いかなと思っていました。

 
衝動的にシャンプー

先日お風呂に入った時、思い立ってシャンプーをしました。

石けんでもよかったのですが、石けんで髪を洗うとキシキシします。

洗ったあと、お酢かクエン酸でリンスすれば指どおりも滑らかになってしっとりするのですが、あいにくお酢もクエン酸も浴室にはありません。

わざわざ取りに行くのも面倒なのでシャンプーを使いました。

使ったのはお風呂に置いてあった普通の(つまり結構洗浄力の強そうな)シャンプーです。

私以外の家族はみんな、シャンプーを使っています。シャンプーの害については一応言っているのですが、誰も耳を貸しません。まあいいですけど。

 

泡立てネットでしっかり泡立て、頭皮はこすらず髪だけにつけて指で梳くようにして洗いました。

 
シャンプーで洗った髪

洗った日はそれほどの変化は感じませんでしたが、次の日になるとやはりいつもの髪とは違うように思いました。

髪がサラサラと風になびくんです。

サラサラの髪は乾燥しているのだと読んだことがあります。

まとまりがなく、毛先が顔にかかってうっとうしいのです。

まるで、静電気を帯びてふわっと広がるような髪に思えました。

コシがないというんでしょうか。

 
シャンプーしたいなら 

やっぱりシャンプーはまずかったかなと、「髪は増える!」(山田佳弘 自由国民社)を読み返してみました。

この本でも湯シャンを勧めていますが、どうしてもシャンプーを使いたいときの洗い方が書かれていました。

ホホバオイルとアルガンオイルを5:1に混ぜ、洗う前の頭皮にできるだけ薄く塗り伸ばして保護します(パッチテストをするようにとのこと)。

10~15分置いて、お湯だけで頭皮を洗い流してから、ごく少量のシャンプー(1円玉大)をよく泡立てて頭皮をこすらないように洗う、とのこと。

面倒くさっ。

久しぶりのシャンプーが意外と気持ちのいいものではなかったこともわかったので、これからも湯シャンでいこうと思います。