染めない生活

50代で毛染めを止めました。

コンプレックスはビジネスになるらしい

4月26日の毎日放送ちちんぷいぷい」で、コンプレックスはビジネスになるという特集をしていました。

例として挙げられていたのは、ぽっちゃり女性を対象にした雑誌。表紙は渡辺直美さんでした。

部数は覚えていないのですが、雑誌の売れない今の時代に「上出来」と言われていたので、そこそこ売れているのでしょう。

 

そしてもう一つが、薄毛男性へのパーソナルプロデュースサービスを行う「カルヴォ」という会社でした。

 

カルヴォとは

 

カルヴォというのはイタリア語で「ハゲ」のことだそうです。

社長さんも当然薄毛男性です。

髪が気になりだしてからは育毛剤を使っていましたが、先が見えないことに疲れて全部剃ってしまったようです。そのとき、これはビジネスになるのではとひらめいたとか。

カルヴォではハゲの人対象に、カウンセリングやカリスマ店員による服選び、プロのカメラマンによる写真撮影などをして、お値段19,800円。

 

番組では薄毛男性がカリスマ店員と言われる人の「頭に視線を集めたくなければ、ネクタイの色を工夫すればいい」というアドバイスで、落ち着いたオレンジのネクタイを締めていました。

なるほど言われるとおり、頭が全然気になりませんでした。

それどころか明るい雰囲気になって、かっこよく見えたのは驚きでした。着るものって大事ですね。

 

追及するのも受け入れるのもビジネスになる

 

ぽっちゃり女性の雑誌にしてもカルヴォにしても、コンプレックスを矯正するのではなく、それを受け入れて魅力的に見せようとする方向でビジネスをしています。

女性は細くなくては、髪はふさふさしていなければ、という思い込みから解放されることで楽になる人もいるでしょうから、こうした動きは望ましいことだと感じます。

それにしても、理想像を追及する人相手にもビジネスをし、受け入れたい人相手にもビジネスをする。

何でもお金儲けにつながるのだなと感心半分、呆れる気持ち半分でした。

 
自分のコンプレックスは 

 

今の自分なら、どんなコンプレックスを持っているか考えてみました。

まずは白髪ですかね。ほとんど白い頭を普段は気にしていませんが、時には人目が気になることもあります。

しかし、仮に白髪専門のパーソナルプロデュースをしてくれるところがあっても、私はたぶん行かないでしょう。

なぜならお金がもったいないから。

人前に出るような仕事をしていれば別ですが、今の生活では白髪でも支障がないので。

ただ、毛染めを止めて日が浅い時、自分の頭を見ては落ち込んでいたような時にこんなビジネスがあると知ったら、もしかしたら行ったかもしれません。