染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

口ぐせで人生を変える


スポンサーリンク

悪い口ぐせを改め、よい口ぐせを習慣化することで人生を好転させることができると、「自分を変える魔法の「口ぐせ」」(佐藤富雄 かんき出版)には書かれています。

口ぐせ一つで? 

にわかには信じがたい話ですが、科学的な裏付けがあるそうです。

 

古い脳と新しい脳 

 

人の身体はものを食べたら消化吸収し、取り込んだ酸素とで燃焼という反応を起こすなど化学反応を起こします。

こうした化学反応の調整機能を司っているのが自律神経で、その中枢は大脳辺縁系という、「古い脳」とも「動物脳」とも言われるところです。

脳の一番外側にある大脳新皮質は、思考・判断・記憶などを司り、「新しい脳」と言われています。

この二つの脳を結びつけるのは、新しい脳による想像の力です。

梅干しを想像しただけで唾液が出てくるというように、想像上のことでも体は反応します。

 

そして、自律神経系は、特に言葉に対して最も強く反応します。

否定的な言葉で不安や心配を語っていると、ストレスがたまって望ましくない現実を招きます。

反対に、常に肯定的な言葉を使っていると、自律神経を活性化し、心身ともに快調を保てるようになります。

今の私たちの生活は過去の口ぐせの産物であるということです。

 

新しい自己像の確立

 

自分はこんな人間であるという思い込みが、今の自分を作っています。

金銭観、仕事観、異性観、恋愛・結婚観など、それらすべては思い描いた通りに現実化します。

その人が考えた通りのレベルでしか到達しないのです。

それを超えたいと思うなら、大きな望みを抱き、よりすばらしい自己像を思い描くことです。

 
想像体験

 

こうありたいと思う自分の姿、やってみたいこと、欲しいもの、達成したい目標など、本気で望み、かなえたい願望は想像体験します。

想像体験とは、まるで映画の1シーンのようにリアルに思い描くことです。

ただ想像するだけでなく、言葉にして言ったり、書いたりした方が効果があります。

その想像が「快」であればあるほど、快楽ホルモンが多量に分泌され、いい気分とやる気を高めます。

想像の内容が明確な目的・目標のメッセージとして大脳に伝わると、脳に組み込まれている脳神経システムが、その望みを実現させるために稼働し始めるのです。

 

目的・目標を文章にする

 

理想の自己像、将来の目標、欲しいものなどをすべて書き出し、文章にしましょう。

自分なりの成功キーワード(お金に縁がある、運がいい、人生はよくなる一方だ、など)をつなげて文章化します。

そして声に出して読むことで、一層効果が高くなります。