染めない生活

50代で毛染めを止めました。

毛染めを止めて1年あまり 今の状態


スポンサーリンク

前回美容院に行って、まだ2か月たっていません。

それなのに髪がもう、もさもさ。

くせ毛なので、伸びた毛先が首や頬にかかってかゆい。うっとうしい。

そう思って、ふと気が付きました。

今まで、切って2か月も経たないのにこんなにうっとうしくなることはなかったと。

 

染めていた時のカット回数

 

染めていた頃は一か月半に一回、美容院に行ってカットとマニキュアをしてもらっていました。

それほど頻繁に美容院に行くのは白髪が目立つから。髪の長さの方はそれほど気にならなかったのです。

襟足付近は伸びるとボリュームが出ますが、前や横はそれほどでもありませんでした。

 

頭を押さえてみると

 

今、頭を押さえてみると髪に厚みが出たように思います。

毛染めを止めようかと思い始めたころは、手で押さえると、まるで頭蓋骨を直で触っているかのような手触りで(要は髪が薄い)、ショックを受けたものです。

私は若い頃に髪が多かったので余計に少なくなったように感じたのかもしれません。

でも、毛染めを止める直前は髪は細く、ボリュームが減っていたのは事実です。

つむじから後ろにかけて分け目ができることが悩みの種でもありました。

そのころに比べ、髪は多少厚くなったように思います。

毛染めを止めて1年2か月足らず。

もうそんなに日数がたったのかと思うけれど、髪の回復はそれほど早くはないというのが実感です。

 

髪の悩みは解消したか

 

毛染めを止めたとき、私の髪の悩みは大きく2つありました。

一つは脂漏性皮膚炎

これは、ほぼ治まっています。ほぼ、というのは頭皮が赤いままだからです。

かゆみやフケはありませんので、これでよしとしようかと思っています。

できれば赤みも治したいのですが、今のところいい方法がみつかっていません。

髪が白いので、赤い頭皮だと目立つんですけどね。

 

もう一つが先にも書いた、つむじからの分け目でした。

ドライヤーでスタイリングしても1時間もしないうちに、またぱっくりと髪が分かれてしまってました。

長時間の外出のときはスプレーで固めるしかありませんでした。脂漏性皮膚炎なのでスプレーの使用もためらわれ、そのときは砂糖水で代用していたときもあります。

 

この分け目は、いまだに現れるときがあります。

ももうスプレーなどは必要なく、最近はブラシで梳かすだけで何とかなる程度です。

 

2日に1度の湯シャン

 

脂漏性皮膚炎に症状が落ち着いていなかったころは、毎日湯シャンしていました。

かゆみもフケもおさまってきたので、最近は2日に1度です。

この方が調子はいいようです。

 

1年あまりかかって、髪はゆっくりといい方向へ向いている感じがします。