染めない生活

50代で毛染めを止めました。

クリエイティブ・ヴィジュアライゼーションとは


スポンサーリンク

人は自分が思うような人生を歩む、と言います。

悲観的で物事の悪い面ばかりを見る人は、望ましくない状況や人をひきつけ、物事を良いように取る人は明るい人生を送るということです。

 

物質はエネルギー

 

なぜこんなことが起きるかというと、物質はエネルギーだからです。人間も、私たちを取り巻くすべてのものがエネルギーで成り立っています。

思想も感情もエネルギーで成り立っていて、それぞれが独自の波動を持ち、同じ波動のエネルギーを引き寄せます。

だから、人はいつも考えていること、心から信じていること、ありありとイメージしていることを引き寄せるのです。

 

クリエイティブ・ヴィジュアライゼーションとは

 

クリエイティブ・ヴィジュアライゼーションとは、イメージを使って夢を実現させるテクニックのことです。

「理想の自分になれる法」(シャクティ・ガワイン 宮崎伸治訳 廣済堂)には、クリエイティブ・ヴィジュアライゼーション(CV)を使って、望みのものを手に入れる方法が書かれています。

 
CVの基本の行い方

 

1.まずは目標を設定する。最初はすぐに実現できそうな目標にします。

2.ありありと思い浮かべる。既に実現しているものとして思い浮かべます。

3.何度も思い浮かべる。イメージ化しようとするときだけでなく、ふとした時にも思い浮かべる。

4.理想のイメージに肯定的なエネルギーを送る。肯定的な言葉(宣言と言います)で自分に言い聞かせます。

 
直観を磨くには

 

心の中にサンクチュアリ(安息の場)を作ります。

牧場でも山頂でも、森のなかでも海辺でも、ほかの惑星でも、快適で落ち着けるところならどこでもいいのです。

そのサンクチュアリで、遠くまで続く道に建ってるところを想像し、ある人が近づいてくることを想像します。それが「ガイド(導き手)」です。

ガイドにアドバイスを聞いてみたり、具体的に質問したりしましょう。すぐに答えが返ってこなくても、いずれ返ってきます。

 

実践した人の話

 

ここまでならよくある内容です。

この本がちょっと違うのは、あとがきにこの本を実践して効果を上げた人の話が載っていることです。

それは、この本の訳者、宮崎さんです。

彼はこの本に出会った当時、イギリスの大学院生でした。

作家になりたいという夢を持っていた宮崎さんは、この本に書かれている通りに毎日、CVを行うようになりました。

願った夢がすべて実現したわけではないものの、5年の間に15冊の本を出版し、印税生活を送るようになったのです。

彼によると、一番効果があったのは、目標を紙に書き出すことだったそうです。書くことで実現の可能性が10倍にも20倍にも高まったとか。

「1日5分でかまいません。毎日続けてください。それを5年続ければ。奇跡が起こるはずです」

と結んでいます。