染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

頭皮はまだ回復していない


スポンサーリンク

先日美容院に行ってカットをしてもらいました。

前回行ったとき、頭が皮膚炎であることを言い、シャンプーのときは刺激の少ないもので強くこすらないようにお願いしました。

おかげで後になってもかゆみも乾燥も感じることはありませんでした。

なので、ちょっと油断していたのですね、また同じことをお願いしなくてもいいだろうと。

 

二度洗いされた

 

カットしてくれた美容師さんとは別の、若い男性がシャンプーしてくれました。

強くこすらないことと、お湯の温度は低めでということだけお願いしました。

強くないとは言っても男性の力なので、もっと弱くと言ったほうがいいかなと迷っているうちに、二回目のシャンプーが髪に付けられていました。

あ、と思いましたが、もう髪は泡だらけ。今さら一回だけでいいのにと言ったところで、もう遅いです。

あとはひたすら終わるのを待つのみ。

こういうとき思うのですが、私はあまり口数多くお願いするのが得意ではありません。どちらかと言えば我慢するタチです。

このときもそうでした。

脂漏性皮膚炎が再発したと言ってもかゆみだけだし、チョコラも飲んでいるし、2回シャンプーされたくらいで何も起こらないだろうと思ったのです。

 

頭皮が突っ張る

 

ところが、家に帰ってから頭皮が乾燥して突っ張り始めました。

昔はシャンプーを2回されたくらい、なんともなかったのです。

50歳くらいから、美容院で毛染めをしてもらったあと、丁寧に2回シャンプーをしてもらうと、後で突っ張るようになりました。

化粧水とかワセリンとか、何かつけると少しマシになるのですが、脂漏性皮膚炎が気になり、結局なにも付けず。

それでも夜、お風呂に入って湯シャンしてからは突っ張りはなくなりました。

 

髪はパサパサ

 

2回シャンプーされた髪はパサパサでした。

いや、世間ではこれをサラサラと言うのかもしれません。

湯シャンしたときの、しっとりした、まとまりやすい髪に慣れた私にとっては、静電気を帯びているかのような乾燥した髪に思えました。

美容院に行って今日で10日目。

ようやく髪のパサつきがおさまってきました。

 

頭皮が乾燥したのも髪がパサパサになったのも、私の皮脂の分泌が少ないせいではないかと思います。

50歳くらいからこうなったので、たぶん更年期、あるいは単なる加齢でしょうか。

どちらにしても、シャンプーには要注意であることがわかりました。

シャンプーも毛染めも止めて、ずいぶん髪は健康になったと思い込んでいましたが、見えない所ではまだ回復していないようです。

 

言うべきことは言わないとだめ

 

美容院では前回言ったから、というのは通用しないんですね。

病院みたいにカルテにしてくれればこんなこともなかったのにとも思いますが、これは言わなかった私が悪いですね。

次からはちゃんと言うようにします。