染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

ただ今ウォーキング強化中


スポンサーリンク

最近、ウォーキング量を増やしています。

というより、単に外出回数を1日1回から2回に増やしただけですが。

最初万歩計をつけて歩いてみると、2回の外出で合計1万歩を超えることがわかりました。

でも歩数にはこだわらないので、今は万歩計はつけていません。

 

なぜそんなことを考えたかというと、歩くにはもってこいの気候だというのが一つ。

もう一つが、遅ればせながら座りっぱなしの危険性に気が付いたこと。

三つ目は、どうも体調がイマイチだからです。

 

今の体調

 

どこの具合が悪いのかというと、

脂漏性皮膚炎のフケが治まらない。

・朝、手がこわばる。右手の指はしびれもある。親指は曲げると痛い。

坐骨神経痛がある(太ももの裏)。座っている時、歩いている時に痛いこともある。

 

不調と言ってもこの程度ですが。

でも多少の不便さはありますし、常に軽い不快感があります。

病院に行って薬をもらうほどではない、でも治せるものなら治したい、しかし治し方がわからない。

で、歩いてみるかとなったのです。

 

不調の原因はわかりません。

更年期、加齢、運動不足のあたりではないかと見当をつけていますが、どうでしょう。

 

ウォーキングの利点

 

スポーツ経験がなくても、筋力がなくても、運動神経が悪くても、すぐに始められるのがウォーキングです。

家の中でやる筋トレなどが続かない人でも、まったく外出しない人はそれほどいないでしょう。

出かける用事とうまく組み合わせれば、あまり敷居を高く感じることなく始められます。

お金もいらず、歩きやすい靴さえあれば今すぐ始められます。

 

歩いて2週間

 

この程度で何も変わるわけはないとはわかっていますが、実際何も変化はありません。

お尻周りに軽い筋肉痛があるだけ。

それと、1日2回歩くので自分の自由な時間がぐっと減りました。当たり前ですが。

 

一つだけ感じることがあるのは、足がポカポカしていることです。

今までは午前中に出かけた後はずっと家にいました。

しかも掃除など体を使う家事は午前中に済ませますので、昼からは本当にじっと座ってばかりです。

冬になると足が冷えてたまらなかったのです。

まだ本格的な寒さは始まっていないので余計温かく感じるのだと思いますが、歩くことがいかに足を温めるかを実感しています。

 

温かいということは血流がよくなっているということですよね。

血の巡りがよくなれば、フケやこわばり、坐骨神経などにも良い効果がありそうに思うのです。

 

しばらく続けるつもりですが、年末になると何かと忙しくて歩かなくなりそうです。

それまでに何かいい変化があればいいのですが。