染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

くっきーの顔マネが衝撃的


スポンサーリンク

始めて「くっきー」という芸人を見たのは、くりーむしちゅーの有田がやっている「全力!脱力タイムズ」という番組でした。

なかなかインパクトのある顔だったのです。

 

白塗りの顔マネ

 

顔全体を白塗りにして、黒い線でシワやら表情線を描き込んだ顔マネ?が非常に衝撃的でした。

白い顔は、ハッカー集団アノニマスの仮面を思い出させるようでもあり、黒い線が子どものヘタクソな落書きのようにも見え、「なにこれ」という感じでしたね。

 

私が見たのは有田、柴田理恵、小池東京都知事の顔マネでしたが、小池さん以外はそこそこ似ているように感じたのが、また不思議。

マネされる方は、特に女性はたまったもんじゃないだろうと思います。ちょっと破壊的にすぎますので。

でも、おもしろいか、おもしろくないかと聞かれれば、おもしろいかも。

 

ただ、顔の線が少々汚らしく感じるので、どうなんでしょう。

あんまり全世代にはウケないかも。

 

めちゃイケにも出ていた
 

来春に終わる予定の「めちゃイケ」で、久しぶりの数取団(バイクにまたがって、お題に合せた単位を言いながら数字を加えていく)をしていました。

娘が録画したものを見たので一部しか見ていませんが、そこに知らない芸人さんが出ていて、くっきーと呼ばれていました。

この芸人さんが、あの白塗り顔の人だとは娘に指摘されるまでわかりませんでした。

 

憧れの番組の数取団に出られてご機嫌なくっきーは、素顔(顔の造形)はまあ普通の人でしたね。

野生爆弾というコンビで活動しているようです。

普段の芸風がどんなものなのかはまったく知らないのですが、しゃべり方を聞いていると、小学校のときにクラスに1人はいた、アホでおもしろい奴な感じでした。

まあ、芸人さんなんか、みんなそうですけれど。

 

芸人の売れたい魂

 

それにしても、くっきーに限らず芸人さんの、「とにかく人と違うことをして目立ちたい」という熱意は感心させられます。

特に若手で、まだそれほど売れていない芸人さんは、テレビのこちら側に座っていても、痛いほど「売れたい」「注目されたい」気持ちが伝わってきますね。

見ている方としては「これはアカンな」「売れへんやろな」なんて無責任に思ったりしているのですが。

 

お笑い業界に詳しくないので、売れればどのくらい稼げるのか知りませんが、普通のサラリーマンとは桁が違うんでしょう。

 

くっきーの現時点での立ち位置はわかりませんが、お笑いに詳しくない私が名前を覚えたくらいなので、そこそこ売れているのかも。

テレビで見かけたときは見守っていきたいと思います。