染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

毛染めを止めて期待はずれだったこと


スポンサーリンク

毛染めを止めてから1年9か月がたちました。

髪の状態はよく、このまま染めない生活を続けていくつもりでいます。

 

ただ一つだけ、ちょっと期待はずれだったことがあります。

それは、思ったほど髪が戻らなかったこと。

 

もともとの髪は

 

私の髪は太く、くせ毛のためまとまりにくく、いつもショートにしていました。

それでも伸びてきたり雨が降ると、ぼわっと膨れる髪でした。

寝癖もよくついたものです。

 

それが30歳前に白髪を染め始めてから、いつとはなしに髪は大人しくなり、くせもあまり強くなくなりました。

扱いやすくなった、と喜んだのは束の間で、すぐに髪が細くなったことを心配するようになりました。

 

毛染めを止めた理由

 

毛染めを止めたのは脂漏性皮膚炎になったのが直接の原因です。

が、その前から髪が細く、ボリュームがなくなり、つむじから分け目ができるようになっていました。

20年にわたる毛染めが原因だと思ったので、毛染めはもうしないことに決めたのです。

 

時間はかかりましたが(8か月くらい)、つむじからの分け目は治りました。

 

現在の状態

 

髪は特に少なくもありませんが、多くもない髪です。

髪質も硬くもなく柔らかくもなく、といったところ。

髪が太くなったりはしていませんが、薄毛を気にしたりという心配は今のところありません。

なのにどうして期待はずれだったかというと、若い頃の髪とのギャップが大きすぎるからなのです。

 

でも考えてみれば、私の髪のボリュームがあったのは10代、20代のころです。

今はもう50代。

30年も前の状態を望んだって、そりゃ無理な話ですね。

どんな化粧品だって、30年前の肌に戻します、なんて言ってるのを聞いたことはありません。

せいぜい「マイナス5歳」くらい?

身体のあちこちに衰えがくる年齢なのですから、髪も細くなって当然。

 

わかっているけど、でもなんか残念。

 

年を取ると

 

私と同じく毛染めを止めた80代母ですが、染めなくなって1年以上になるのに、まだ染めていた髪がかなり残っているのです。

どうやら、年を取ると髪の伸びも悪くなるようです。

と、80代の母と比べると、私もまだ若いなんて思えるのですが。

 

期待し過ぎだった

 

毛染めを止めた結果に期待しすぎていたのかなとも思います。

私はその前にシャンプーも止めています。

どちらも止めたことを後悔はしていません。

止めてよかったとは思っていますが、もっとイイコトがあってもよかったのに、という気分。

薄毛の心配がなくなっただけでも充分のはずなのに、欲張りなんですかね。