染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

夢判断は当たるのか?当たって欲しい


スポンサーリンク

ちょっと変わった夢を見たとき、それがどんな意味を持つのか気になることがありますね。

そして、金運がよくなるとか、大きなお金が入ってくることを表す夢だったりしたら、思わず嬉しくなったりします。

 

そんな夢を見たのは夫です。

金色の龍が空に登っていく夢をみたと言います。

 

龍の夢

 

元気な龍が夢に出てきたときは縁起がいいそうです。

願いがかなう、出世する、名誉を授かるなどの意味があるとか。

しかも夢の龍は金色。

金運が上昇する、あるいは大金を得ることを指すそうです。

 

しかし夫はサラリーマン。

給与もボーナスも決まった日にしかもらえませんし、金額もいつもほとんど変わりません。

いったいどこから大金(決めつけ)が転がり込むのでしょう。

 

「大金が転がり込むルート」を考えてみた

 

夫にどこからお金が入るんだろうかと聞くと、

「それは、ばあちゃん(夫の母)……」

え、おばあちゃんが死んで遺産が入ることを期待してるの?

なんて不謹慎な。

すると夫は、

「ばあちゃんの家の庭から石油が出るかも」

ですって。

宅地造成してできた土地に建っている家ですから、石油なんか出やしません。

ついでに埋蔵金の類も出てきません。

 

ウチは宝くじを買う習慣もないし、「お宝鑑定団」に出せるような骨董品もありません。

 

後は「音信不通だった遠い親戚が急死して莫大な遺産を相続する」というパターンでしょうか。

絶対ないとは言い切れないでしょうが、可能性は限りなくゼロに近いです。

 

一番可能性がありそうなのが、「万馬券」(夫は競馬好き)。

しかし普段は外しまくっていますからねえ。どうでしょうか。

 

正夢ってある?

 

夫は正夢を見たことがあると言い張ります。

それは数年前、息子の大学受験の結果が出る前に見た夢だそうです。

ある地域を歩いている自分の姿を夢で見たそうなのですが、その先には息子が入学する大学があったのです。

 

その時点で息子がどの大学に入学するかは決まっていませんでしたし、第一志望は別の大学でしたので口にしなかったそうです。

息子が入る大学が決まったとき、「やっぱり」と思ったと言うのです。

 

夢に出ていたのは息子でなくて夫だったことや、息子の入学した学部は別の場所に建っていることなど突っ込みどころはあるのですが、正夢に近いとは言えるかも。

 

こういう人が見た、龍の夢。

夢判断は当たるかどうか。当たって欲しい。お金が欲しい(切実)。

宝くじ買うように言ってみようかな……。