染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

面倒がってはダメ スニーカーを買うときも


スポンサーリンク

新しいスニーカーを買いました。春なので。

というわけではなくて、単に前のスニーカーが古くなってつま先に穴が開いたからです。

 

買ったのはアディダス

幅広なので、踏みしめてつま先が広がった時でも窮屈ではなく、クッション性もよくてとても履き心地がいいスニーカーです。

このまま、どこまででも歩いて行けそう!

……だったらよかったんだけど、ちょっと困った点が一つ。

 

右だけの違和感

 

歩いたときに右だけに違和感があるのです。

左右をよく見比べてみました。

紐を通す部分にはゴムが縫い付けてあります。

それが左右で微妙に位置が違うのです。右のほうが位置が上(足首に近い)になっています。

そのため、歩くとその部分が足に当たるようなのです。

 

そのうち慣れるだろう。足になじんでくるだろうと、最初は思っていました。

痛いわけではなく、こすれて傷がつくわけでもない。

歩き初めにちょっと当たるな~と思うだけ。歩いているうちに慣れては来るのです。

でも次に履いた時にも違和感は残っています。

 

店頭でためし履きしたときには気が付かなかったのですよ。

気が付いたときはもう1~2回履いた後でしたので、取り替えてもらうことをためらってしまいました。

 

いっそ痛ければすぐに店に行っていただろうに、違和感ぐらいだったのがむしろ悪かったのかも。

 

なんでもっと注意して買わなかったんだろうとか、もっと早くに店に行けばよかったのに、ぐずぐずしているうちにもう交換は無理になってしまっただの、いろいろ考えてしまって、正直うっとうしい気分でした。

 

結局、10日ほど毎日履いていたら、ようやく足になじんで歩きやすくなりました。

 

ちゃんと紐を通さなかった

 

買ったのは近所のスーパーです。

専門店なら店員さんがついてくれるのでしょうが、スーパーですからもちろん、サイズも自分で探してためし履きしました。

 

買ったスニーカーは、陳列台の下に積んであった箱の中から出しました。それは途中までしか紐が通っていなかったのです。

いちいちひもを通すのは面倒なので、そのまま履いてみてちょっと歩き、大丈夫だと思って買ってしまったのです。

 

スニーカーだから、そんなに微妙なところまで気にしなくても大丈夫だろう、それにそんなに高価なものじゃないし。

そういう気持ちがあったのは確かです。

 

自分の面倒くさがりの性格のために、危うく自分の足に合わない靴を買ってしまうところでした。

 

足に合わなければ高くつくところでした。

どんなものを買うときでも面倒臭がってはダメですね。