染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

これで首のかゆみが治まった


スポンサーリンク

夏になると首(喉のあたり)がかゆくなります。

かくのはよくないとわかっていますが、かゆみが強く、ついかきむしってしまいます。

秋冬にはまったくかゆくなりませんので、たぶん汗にかぶれているとか、そんな感じでしょうか。

皮膚科でもらった薬(ステロイド)を塗ると効きますが、それでも数日たてばまたかゆくなり、秋になって涼しくなるまで完全に治まることはありません。

 

数年前までは7月の梅雨明けころからかゆくなっていたのが、段々かゆくなる時期が早くなっているようです。

この調子だと一年中かゆみに悩まされるようになるんじゃないかと心配になってきたところでした。

 

ドライブラッシング

 

そんなとき、ドライブラッシングのことを知りました。

ドライブラッシングとは、ボディブラシで体をこすることです。

身体もブラシも乾いた状態でこするので、ドライブラッシングと呼ぶようです。

リンパの流れがよくなって老廃物が排出される、角質の除去、血行を良くするなどのメリットがあるようです。

 

ふと、これをやってみようかと思い付きました。

ただ、そのときすでに首はかゆく、赤くなっています。

ただでさえ皮膚の薄そうな首をブラシでこする勇気はなく、乾いたタオルでこすってみることにしました。

 

手触りの柔らかいタオルで上から下へ優しくこすりました。30回くらい。

上から下か、下から上か、どちらが正しいのかわかりませんでしたが、リンパを流すときは耳の下から鎖骨に撫で下ろしたりしますので、上から下でいいのかな、と。

 

入浴前にこすって、後はそのままお風呂へ。

驚いたことに、かゆみがピタッと止まりました。

それまでに数日オイラックス塗ったりしてもなかなかかゆみが治まらなかったのに。

次の日、ウォーキングに出かけて少し汗をかいた後はかゆみが出ましたが、何もしなくてもそのうち治まりました。

 

タオルでこするのは乾布摩擦みたいなものだと思って調べてみると、かゆみや湿疹があったり、アトピーの人は状態を悪化させるので肌をこするのは止めた方がいいとありました。

かゆみが強くなるそうです。

 

ドライブラッシングも乾布摩擦も、肌が強くて健康な人向きの健康法なのでしょうね。

人にはお勧めできない方法ですが、私の首にはある程度効いているようです。

 

ただ、数日~1週間ほどたつとまたかゆくなるのは薬を使ったときと同じで、そのたびにタオルを使っています。 

皮膚に悪いかもと思いつつ、かゆみが治まるので、つい。

ただ、色素沈着や皮膚がたるむなどのデメリットがなければいいなあと、少々不安ではありますが。