染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

料理研究家の暮らしのヒント


スポンサーリンク

料理研究家ワタナベマキさんの、家しごとを楽しむ「毎日、こまめに、少しずつ」(知的生きかた文庫)を読みました。

おうちが仕事場のため、料理だけでなくほかの家事についてもすっきり暮らす工夫をされています。

 

ストックづくりのコツや、出汁をとるかとらないかは習慣の差であること、メインの献立は肉と魚を交互に、など。

ワタナベさんの息子さんは食が細いらしく、同じような経験をした私は親近感がわきました。

息子は偏食、娘は食が細かったので、私の料理が悪いのかと落ち込んだときもあったのですが、料理研究家の子どもさんが食が細いのであれば、それは持って生まれた個性なんでしょう、とちょっとホッ。

 

これは真似てはいけない

 

調味料やスパイスなどをそれぞれに統一した容器に入れ替えています。

醤油、みりん、酒、米酢などはタッパーウェアの1.1ℓサイズのSライン。

スパイス類や粉ものの袋に入っていたものはアルク社のリュミナルク ジャムポットに移し替え。

ひじき、わかめ、干しシイタケ、高野豆腐などの乾物類はタッパーウェアのММ楕円。

 

整然としたキッチンはうっとりするほど美しいです。

でもこれは私は真似してはいけないのです。

 

多種多様の料理を日々作るであろう料理研究家と違い、マンネリ料理に陥りがちな我が家のキッチンでは、買ったものの数回しか使わなかったスパイスや調味料があります。

容器を入れ替えると賞味期限が分からなくなるので、絶対に入れ替えないようにしています。

 

賞味期限にしても封を開けない状態での期限ですから、それを守ればいいわけではありませんが、目安にはなります。

 

やっぱり掃除は毎日

 

ワタナベさんは掃除は毎日するそうです。

やっぱり。そうですよね。しっかり家事する人は毎日しますよね(私はできません)。

 

ワタナベさんの掃除はこんなふう。

リビングから続きの和室にかけてハタキをかけ、掃除機をかけ、水拭きをする。

廊下から玄関、洗面所を同じ手順ですませ、最後にトイレを仕上げる。

トータルで30~40分。

毎日するので汚れはたまらないそう。

 

ワタナベさんが毎日掃除するのは、自宅で撮影のときはスタッフが大勢家に来て家具やの移動の荷物も多く、食べ物を扱う仕事なので清潔が基本中の基本、という考え方なのだそうです。

 

掃除の頻度はそれぞれの家庭の都合で決めればいいことだけど、汚れがたまる前に掃除すれば、きれいにするための労力は半分以下になることを意識してほしいと言っています。

それができればいいんですが……。

 

季節の台所カレンダー

 

季節ごとの台所仕事が最後にあります。

こういうのを見ていると、自分でも作ってみようかなという気になります。