染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

早くも崩れかける老後の楽しみ


スポンサーリンク

老後になったらやってみたいことの1つとして、セレッソ応援をあげました。

8/1、試合(ヴィッセル戦)を見に行ってきたのです。

 

いえ、実は見たかったのはイニエスタでした(ヴィッセル神戸に入りました)。

イニエスタとは、スペインのサッカー選手です。

人の好い職人さんのような風貌をして体格も大きくないのに、すごい選手らしい。

そんなにすごい選手が来たのなら見に行こう!ということで、チケットを取ったのです。

 

ところが、まさかのイニエスタ帰国。

理由はネットによると、家族の引越しに伴う準備のためとか何とか。

 

イニエスタを見るためにチケットを買ったのに(夫が)。

イニエスタを見られると思って、すごく楽しみにしていたのに(夫が)。

 

残念でしたが、チケットを無駄にするのはもっと気分が悪いので、行ってきました。

 

暑いですからね

 

みんなイニエスタ目当てなんじゃないのというくらい観客は多かったです。

でも暑い。

7時キックオフでしたが、ときおり風が吹く時以外は、近くにいる人の熱気が押し寄せてきそう。

セレッソの選手も前半は動きが悪かったですね。

すぐにボールとられて、なにしてんの、という感じ。

開始15分で早く家に帰ってお風呂に入りたい、なんて考えてしまいました。

 

試合は1-1でドロー(後で確かめると、どちらもオウンゴールだったらしい。なんじゃそら)

 

ハーフタイムのときに夫がチューハイを買って二人して飲みました(ぬるかった……)。

アルコールが入ったおかげで、細かいことはどうでもよくなったのですが、まああんまりおもしろい試合ではなかったです。

家でテレビ見て、冷えたチューハイ飲んでいる方が楽しかったかも。

こんなこと思うようじゃ、また試合に行こうとは思えないですよ。

ましてアウェイなんて。

 

老後は旅行がてらセレッソの試合を見ようと話していましたが、どうでしょう。

 

そうそう思い通りにはならない

 

気合の入った、見ごたえのある試合ばかりならいいのですが、そう思い通りにはなりません。

どんな成績であってもどんな試合であっても応援する!と熱く言えたらいいのですが。

 

熱狂的なサポーターの人はすごいなあ。

どうしたらそうなれるんだろう。

試合を見に行くときは熱中できる材料を探しに行っているようなものなのです。

「ハマりたい」わけなのですよ。

 

でも熱中できる性格ではないですし、そこはなにも無理する必要はないのかもしれません。

 

今度チケットホルダーでも買おうかな(モノで自分の気持ちを釣る)。

首からぶら下げたら、ちゃんとしたサポーターのように見えるかも。