染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

絶対に買わないだろうけど欲しいもの


スポンサーリンク

一生買うことはないだろうけれど、一度は手元に置きたいと思うものがあります。

それはドールハウス

小さなものが好きなので、精巧に作られたミニチュアのものを見ると引き寄せられてしまいます。

そして童心に帰ります。

お人形遊びの好きだった幼い頃に戻って夢中になりそう。

 

ですが、立派なドールハウスを実際に目にしたことはありません。

見たことがあるのはシオラマや手作りキットの完成形や、単なるミニチュアの展示物(ジブリの美術展で見ました)など。

 

ジブリアニメ「アリエッティ」にもドールハウスが出てきました。

f:id:oliolio:20180730131139j:plain

小人たちにプレゼントしたいと考えていたというおばさんは、ついに小人の姿を見ることはありませんでした。

アリエッティたち小人の家族はずっとその家に住んでいたのですが。

 

このドールハウスで一番すてきなのは、やっぱり台所。

f:id:oliolio:20180730131249j:plain

いいですねえ。

 
ドールハウスを買わない理由

 

私がドールハウスを欲しいのに買わないと決めている理由はいくつかあります。

 

1.場所を取る。

ドールハウスって思ったよりも大きそう。娘が小さい時、シルバニアの家でさえ買わなかった私です。

普段はすっぽり収納できる場所でもあれば別ですが、出しっぱなしになるのは嫌なのです。

 

2.きれいを維持できない

ズボラでオッチョコチョイなので、ドールハウスを埃まみれにするか、掃除しようとしてどこかを壊してしまいそう。

 

3.飽きる

一番恐れるのがこれ、飽きること。

好きなのに飽きるのかと思われるかもしれませんが、私はいくら好きなことでも飽きる時は飽きるのです。

飽きてしまうと心底関心なくなってしまいますので、結局処分することになりかねません。

しかし、おそらく高価なドールハウス、人にあげる、売る、捨てる、どれをとっても面倒くさがりの私にはハードル高いのです。

 

ミニチュアのティーセット

 

ドールハウスは持っていませんが、唯一、ミニチュアのティーセットを持っています。

15年ほど前、遊びに行った京都で買ったと記憶しています。

小学生だった娘に「欲しい?」と聞いて買ったのですが、自分が欲しかっただけです。

壊すかも、なくすかもと言って娘には渡さず、ずっと私が持ってきましたので。

 

f:id:oliolio:20180806123606j:plain

このセットを見ていると、他のものも欲しくなります。

カップボードなんかを買って並べるといいだろうな。

 

ミニチュアの家具や台所など、通販にはいろいろあって見始めると止まりません。

一つ一つの値段がそれほど高くないのも手を出しやすいですね。

実際の家のインテリアを変えるとなったらおおごとですが、ミニチュアなら簡単に集められてしまうのが魅力的。

 

こんなのが家にあったら一日中、遊んでしまいそう。

……いやいや、集めませんけどね。