染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

身に着けるものを買うと気分が上がる


スポンサーリンク

先日、買い物に行ってきました。

半袖のシャツというかブラウスというか、とにかく夏のトップスが欲しかったのです。

 

服売り場で

 

8月に入ったばかりだというのに、売り場には半袖はほとんどなく。

大半が七分袖と長袖に変わっていました。

 

おしゃれ度の低い私でも、早々に夏服が姿を消すことは知っています。

でも毎年エンジンがかからないのです。

暑いし、別にどこにも出かけないし、服買うのは面倒だし。

おかげでここ何年も近所のスーパー以外で夏服を買ったことがない……。

 

今年も買わないまま夏は去っていくと思っていました。

ところが、家族で一泊旅行に行くことに。

着ていく服がない!ということで買い物に出かけたのですが。

「だから早めに買っておかないと慌てるよって言ったのに」と娘。

確かに二度三度、言われた記憶があります。

別にいらないし、と思っていたのですが、そのときに在庫を思い浮かべるべきでした。

 

お尻に火が付いた状態で半袖一枚買いました。

家に帰ってきてみると(試着もしなかった)、ちょっと微妙に思っていたのとは違うような。

でも仕方ないので着ます。

 

来年の夏はもっと早く行動しようそうしよう。

 

雑貨屋さんで

 

その代りと言ってはないですが、こんなものを買いました。

指輪です。

f:id:oliolio:20180810132314j:plain

マントラが描かれているとか何とか、商品説明のポップに書かれていましたがよく覚えていません。

写真では青ですが、体温に反応するらしく指にはめると色が変わるのですよ、緑とか紫とかに。

それが面白くて買いました。

 

アクセサリーを買うなんて何年ぶりでしょう。

私は普段、アクセサリーを全くつけません。

結婚指輪でさえ、水を使うと指輪をしている部分が濡れるのが嫌で早々に外したくらいです。

それなのに、なんで買ったんでしょうね。

432円だったからかもしれません。

 

ただ、小指では大きすぎ、薬指や中指ではきつすぎるので、果たして実際に使うかどうか。

それでも嬉しくて家に帰ってからも何度も指にはめています。

 

一番長くいるのは

 

何を買いに出かけても、結局本屋に一番長くいることになります。

服を探している時でも、「これを買ってしまえば本屋に行ける」と思っているふしがあります。

 

気に入った本を買ったときと同じくらい、432円の指輪で気分がよくなるとは意外でした。

 

高島屋で服を、なんばパークスで昼食、なんばシティで指輪と本、もう一度高島屋に戻って地下でお惣菜を買う、という狭い範囲での買い物でした。