染めない生活

52歳で毛染めを止めました。

キッチンの天井の油汚れにはセスキが効く


スポンサーリンク

キッチンの天井、換気扇近くに油汚れがあります。

天井は白なので、茶色の油汚れはなかなか見苦しい。

何年か前、劇落ちくんで汚れをこすって見たところ、油染みが広がってしまいました(泣)。

それ以来、見て見ぬふりをして放置してきましたが、換気扇と同じくセスキで落とせるのでは、と思いついたのでやってみました。

 

セスキ炭酸ソーダは水に溶かしてスプレーボトルで常備しておくと掃除(特に油汚れ)に重宝します(水500mlにつきセスキ小さじ1)。

以前はシロッコファンなどの台所の掃除にはマジックリンを使っていましたが、今ではセスキ水だけになりました。

百均にも売っています。

 

長年放置していたシロッコファンをセスキで掃除した話はこちら。

 

 

somenai.hatenablog.com

 

天井の掃除

 

天井なのでスプレーで吹き付けることはできないため(速攻落ちてくる)、

・キッチンペーパーにセスキ水をしみこませ、四方をマスキングテープなどで天井に貼りつけ汚れを浮き上がらせる。

・ウェスにセスキ水を吹き付け、汚れをこする。

この2つの方法でやって見ました。

 

さすが油汚れに強いセスキだけあって、かなりきれいに掃除することができました。

が、一番効率よく汚れを落とせるのはセスキを入れたお湯の中に付け込む方法なのですが、天井はそんなことできないのでやはり気温の高い夏場のほうが汚れはよく落ちるかもしれません。

 

首が痛い

 

盲点だったのが、脚立の上でほぼ真上を向いて作業するため、首が痛くて長い時間できないことです。

プロレスラー並みに首の筋肉が強ければ平気なのでしょうが、私は首に限らず筋力が弱いため、上を向いて少しこすっては項垂れて休憩、また上を向いてこする、の繰り返しで疲れました。

 

もっと長時間掃除すればいいのはわかっているものの、ある程度のところで諦めました。

後はシロッコファンの掃除をするたびに(2か月に1度)、天井もするようにします。

気長にやっていると少しづつ落ちてくる(はず)と思うので。